愉快な5人の超絶イケメン戦記

読了目安時間:2分

エピソード:18 / 27

3-2

 「アウトオブコントロールさん、 外敵に狙われる可能性があるから、 一度に大量捕獲をしているのですか」  「いや、理由はむしろ、  タコ壺に篭る時間を増やすためです」  「何故、タコ壺に篭る時間を増やしたいのですか」  「孤独を愛しているからです」  「その気持ちは、私にもわかります。 煩わしいことは、極力減らしたい」  「わかっていただけますか」  「ん?なんかザワザワしてるぞ」  Gがヒカリモノの集団の会話の様子を ホログラムスクリーンとスピーカーで 視聴できるようにした。  「タコのおじちゃんが、また網を作って 僕たちを食べようとしてるよ」  「そうね、あの網には近寄っちゃいけないよ」  「あの化けダコ、はやくくたばっちまえばいいのに!」  「この前、お兄ちゃんが、引っかかって・・・」  サバの女の子が泣き出した。  アウトオブコントロールは、下を向いた。  「私は、彼らにとっては、悪者なのですね」  「・・・」  「俺たち人間だって、牛や豚や鶏を殺して食べている。 それは食物連鎖だから、仕方ないんだよ」  「閉じこもっていると、立場の違う者たちの気持ちが わからなくなるものなんだな」  「アウトオブコントロールさん・・・」    「manifest(マニフェスト)!」  W&Bが必殺技を出した。  この必殺技は、本当は何がしたいのか、 自分の言葉で自分の口から宣言させ、 自己覚醒させ、自己実現に向かわせる電磁波だ。  「私は、頭も回るし作業が早い、と自負している。 この能力を活かして、この広い海の『主』のような 存在になりたい、とずっと思っていた。  その為には、海の生き物たちの気持ちに耳を傾け、 海の生き物みんなが、安心して仲良く暮らせる 環境を作り出さねばならない。  いつしか保守的になり過ぎて、 タコ壺に篭る時間を増やそうとしてしまっていた。  しかしこれからは、海のみんなと共存していることを 常に念頭に置き、彼らにとっても生息しやすい環境を 整える活動をしていくことを誓います」  アウトオブコントロールは、 植物性プランクトンが生息しやすいよう、 サバやイワシやアジの家族たちが住む 集落付近の海底のバクテリアを増やしてもらうよう、 Bに頼んだ。  Bはアウトオブコントロールに案内してもらい、 ヒカリモノ家族たちが住む集落に辿り着くと、 ホログラムのバクテリアを現出し、 海底の土壌に大量に埋め込んだ。  「植物性プランクトンが発生すれば、 動物性プランクトンも増えて、 ヒカリモノの幼魚たちのエサが増えることになる。  たくさん食べることのできる、 幸せな幼魚時代を過ごして欲しい」  そう言うと、アウトオブコントロールは、 青色の粒子となって、消えた。      ◇ ◇ ◇  「アウトオブコントロールとの戦いは、 W&Bの必殺技しか使いませんでしたね」  「いや、ほとんどBのお陰だよ。 俺は、あんな頭いい奴を説得することなんてできない」  「説得というより、むしろ『共感』したのだよ」  「孤独を愛する、とか言って、 結局、寂しかっただけじゃねーか」  「美味しいものをたくさん食べたい気持ちは わかったけどなぁ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 妖怪奇譚/異端むかしばなし【一話完結短編集】

    妖怪や昔話をモチーフに

    900

    0


    2022年11月28日更新

    妖怪や昔話をモチーフにした怪談・奇譚集となります。 怖がらせるための物語というよりは、怪異も含めた人間模様を描きたかったので「ホラー」ジャンルは選んでいません。 ※妖怪分のストックを全て掲載してから、昔話分をアップし、以降は書けた順に追記してゆく感じになります。

    読了目安時間:2時間58分

    この作品を読む

  • 魔法のある世界にようこそ

    ※これは現代のハロウィンのお話です

    0

    0


    2022年11月28日更新

    ハロウィンが三か月後に迫る中、暇つぶしにテレビを見ていたブリジット・ベネットは、番組が行っていた『非日常』を体験させるところから着想を得る。 それから直ぐに準備へと取り掛かり、極薄コンタクト型デバイス『月の眼』を完成させ、友人である黎羽を魔法のある世界へと招待する……。 気楽に書きました。 ネタに走り過ぎたのは反省はしている。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 病印 忘却の花嫁

    怪異と戦う一人の少年の物語

    261,800

    79,530


    2022年11月26日更新

    第零部 ある日、霧崎=悠は夢を見た長い黒髪の幼き少女が悠に「遊ぼ」と声をかける。すると手の甲に時が刻まれ、それが零になると悠は「死」ぬと少女が言う。 その遊びの内容は怪異と戦うことだった… 霧崎悠は異能力「黒レコード」を使って怪異の謎を探り推理して怪異となった犯人の正体をみつけて戦う。 第一部

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:11時間43分

    この作品を読む

  •         【 R·O·S·E 】

          ◆学園ダークファンタジー◆

    155,655

    470


    2022年5月1日更新

    ▼ 女主人公のダークファンタジー ▼ ▼ 学園が舞台で設定も細かく丁寧 ▼ ▼ 壮大かつ無慈悲な世界をお楽しみください ▼ ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── 異物の異郷【ミスティルテイン】剣聖学園。 毎年、何百人もの入学生を迎える世界の中心にある剣の学園へ入学した女性【リディア・ローズ】は異郷での六年間を開幕させる。 不安定な安寧、不特定な混沌が蠢く世界の中心で、墓標に朽ちた【極剣】と新たな【極剣】を携え、復讐の華を咲かせる。 許しなど必要ない。自分にも誰にも、世界にも。 最低な選択でもいい。それで未来を一滴たりとも残さず奪えるのなら。 九年前に平凡な未来を奪われた少女が今度は未来を奪う、なんて事ない平凡を失った、少女達の復讐劇。 ───◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆─── ★ジャンル日間一位★ ★総合日間六位★ 一章【ローゼングレイヴ】だけでも是非一度!! ※最新話の約、3ヶ月から5ヶ月後 に章規模で更新※ ※ひとつの章、8万から10万文字程度※ 【R·O·S·E】の特設ページなるものを設置しました! R·O·S·E本編をより深く楽しめるようにタイミングを見て随時追加していこうと思っています。 活動報告なども設置しましたので、よかったら覗いて見てください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:14時間44分

    この作品を読む