連載中 長編

小さな壬生浪士

作者からの一言コメント

幕末を駆け回る、幼い新撰組隊士の話し

時は幕末、文久3年。 京都の壬生村で暮らす少年、空汰は日々剣の修行に励んでいた。 そんなある日、空汰は江戸からやってきたという浪士達と出会うーーー。 史実×創作。 新撰組の名で知られる壬生浪士達と、そんな彼らと歩む少年のお話しです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
小さな壬生浪士
作者名
まどろみ
ジャンル
歴史/時代
セルフレイティング
残酷描写あり
初掲載日
2019年6月22日 23時23分
最終投稿日
2019年11月19日 20時00分
文字数
283,273文字
ブックマーク登録
37件
コメント/スタンプ
164件
応援ポイント
38,000pt
ノベラポイント
7,560pt
応援レビュー
0件