恋愛/ラブコメ 長編 連載中

彼は誰時の唄(上)

作者からの一言コメント

毎週月木の朝に更新します。

読了目安時間:5時間42分

総エピソード数:22話

彼は誰時の唄(上)の表紙

*「BOYSFAN」BLコミック原作小説コンテスト 「お題フリー」投稿作品です。 明け方を指す「カハタレドキ」ーーそれはやがて、二人にとってかけがえのない時間となっていった。 高校一年生の三学期、寮替えに伴って、2号館寮長の高森と同部屋になった小野田。 小野田は、幼いころ骨折してまで自分のことを救ってくれた日花里を、いつか自分がヒーローとなって守りたいと思っていたが、自分の兄と日花里が結婚し実家で同居を始めるのをきっかけに寮のある鐸明高校へと入学し、いまだに恋愛にも興味を持てずにいた。 そんな小野田は、テニスでインターハイに出るほどの実力があり、早朝のランニングを学校から特別に許可されていた。寮長はランニングする小野田のために毎朝鍵を開け閉めしてくれて、それに感謝した小野田が寒くないようにパーカーを貸したりしているうちに、徐々に二人は親しくなっていく。 しかしある日、高森寮長が同性愛者で、しかも同部屋だった先輩に報われない片思いをしていたらしいという話を同級生に聞かされた小野田は変に意識してしまうようになる。さらにそれが原因で3学期も終わる頃、ちょっとした言い争いをした小野田と高森は思わぬ形で距離をさらに縮めることとなったのだ。 4月、同部屋の一年として入ってきた、問題児の橘に振り回されながらも、二人の関係性はゆっくりとただの先輩後輩以上となっていき、夏には高森寮長の祖父母の家に小野田が泊まりにいって、まるで恋人のような夏の一週間を過ごし、小野田は自分の気持ちをはっきりと自覚する。 そして2学期が始まり、高森寮長が高校のうちにしてみたかったというさまざまな恋愛の真似事をなぞりながら、小野田は気持ちをますます募らせていくが、自分は同性愛者ではないと言い切る高森に、どうしても告白することができないまま一緒の部屋で過ごす最後の一日を迎えてしまうーー。 小野田目線で語られる、高校の寮での日々の物語。

前へ

1-22

次へ

  • パーカー
  • 投稿日2021/10/7 9:16 文字数6,543文字

  • 投稿日2021/10/7 9:20 文字数7,529文字

  • 投稿日2021/10/18 12:19 文字数7,862文字

  • ヒーロー
  • 投稿日2021/11/11 5:19 文字数7,622文字

  • 投稿日2021/11/12 13:34 文字数9,109文字

  • 投稿日2021/11/18 6:42 文字数7,145文字

  • 投稿日2021/11/22 9:59 文字数8,811文字

  • 投稿日2021/11/25 8:20 文字数7,852文字

  • 投稿日2021/11/27 12:16 文字数8,572文字

  • 投稿日2021/11/29 0:30 文字数8,094文字

  • 投稿日2021/12/6 13:28 文字数6,987文字

  • 投稿日2021/12/9 12:14 文字数8,508文字

  • 投稿日2021/12/13 14:08 文字数6,789文字

  • 投稿日2021/12/16 12:06 文字数8,296文字

  • 投稿日2021/12/20 14:51 文字数6,643文字

  • 投稿日2021/12/23 14:52 文字数8,243文字

  • 焦がれ
  • 投稿日2022/1/2 14:12 文字数6,456文字

  • 投稿日2022/1/6 10:35 文字数7,388文字

  • 投稿日2022/1/10 10:06 文字数9,463文字

  • 投稿日2022/1/13 10:04 文字数8,580文字

  • 秋心
  • 投稿日2022/1/17 9:53 文字数8,209文字

  • 投稿日2022/1/20 12:23 文字数6,509文字

前へ

1-22

次へ

作品情報

作品名 彼は誰時の唄(上)
作者名 佐島瑞希
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ BOYSFANコン BL 先輩後輩 寮生活 男子高校生
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年10月7日 9時16分
最終投稿日 2022年1月20日 12時49分
完結日 -
文字数 171,210文字
読了目安時間 5時間42分
総エピソード数 22話
ブックマーク登録 27件
コメント 38件
スタンプ 85件
ビビッと 8件
応援ポイント 214,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 隣のキミと過ごす、本当の恋人までの一年間。

    幼馴染とは曖昧な関係性だ。

    5,200

    50


    2022年1月23日更新

    『この感情は、幼馴染としての感情か。それとも……親友以上の感情だろうか——。』 僕《凪宮晴斗》には、いわゆる『幼馴染』という者が存在する。それが、クラスは愚か学校中からも注目を集める才色兼備の美少女《一之瀬渚》である。 しかし周りには、僕と彼女が『幼馴染』だと知っている者は少ない。 学校での直接的な接触は無く、あってもメッセージのやり取りのみ。せいぜい、誰もいなくなった教室で一緒に勉強するか読書をするぐらいだった。 しかし今年の春休み——僕はそんな幼馴染から……、 「——私、ハル君のことが好きなの!」と、告白をされてしまう。 この告白を機に、僕達の関係性に変化が起き始めることとなる。 他愛のないメッセージのやり取り、部室でのお昼、放課後の教室。そして、お泊まり。今までにも送ってきた『いつもの日常』が、彼女の表情・仕草を受け、少しずつ〝特別〟なものへと変わっていく。 だが幼馴染からの僅かな関係の変化に、僕達は戸惑うばかり……。 更には過去のトラウマが引っかかり、相手には迷惑をかけまいと中々本音を言い出せず、悩みが生まれてしまい——。 親友以上恋人未満。 曖昧な関係性の幼馴染たちによる、青春ラブコメここに開幕! 『ここに語ろう。僕達が本当の恋人となるまでの、長くて短い一年間の始まりを――』

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

  • 高校一年生の三ツ瀬豪(みつせごう)は、入学早々ぼっちになってしまい、昼休みは空き教室で一人寂しく弁当を食べる日々を過ごしていた。 そんなある日、豪の前に目を見張るほどの美人生徒が現れる。彼女は、生徒会長の巴あきら(ともえあきら)。豪のぼっちを察したあきらは、「一緒に昼食を食べよう」と豪を生徒会室へ誘う。 すると、あきらは豪の手作り弁当に強い興味を示し、卵焼きを食べたことで豪の料理にハマってしまう。一方の豪も、自分の料理を絶賛してもらえたことが嬉しくて仕方ない。 それから二人は、毎日生徒会室でお昼ご飯を食べながら、互いのことを語り合い、ゆっくり親交を深めていく。家庭の味に飢えているあきらは、豪の作るおかずを実に幸せそうに食べてくれるのだった。 やがて、あきらの要求はどんどん過激(?)になっていく。「わたしにもお弁当を作って欲しい」「お弁当以外の料理も食べてみたいな」「ゴウくんのおうちに行ってもいい?」 美人生徒会長の頼み、断れるわけがない! でもこの生徒会、ちょっとおかしいような……。 ※登場する料理は、ごく平凡な家庭料理がメインです。 ※R15は性描写ではなく、法令や倫理に反する描写に対するものです。 ※他のサイトにも投稿しています。 イラスト:siroma様

    読了目安時間:2時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • S級最強剣士の怠惰―偽りの英雄譚―

    屁理屈剣士のハートフルコメディ!

    21,400

    5


    2022年1月21日更新

    大陸トライデンのラタトニア領、ラタトニア王都にある冒険者ギルド。そこに唯一S級の称号を持つ最強の剣士が存在する。 暗黒竜が王都を襲った時も、魔物の群れが押し寄せた時も、苦戦していた他の冒険者たちが嘘であったかのように彼は簡単に解決してしまうのだ。 だがしかし、そんな最強の彼にも弱点……いや、汚点が存在する。 「……寝坊した」 「あぁ……どうしていつも起きれないんだ」 そんな自分に嫌気が指しながらも、起き上がろうともしないこの男こそS級冒険者であり最強と謳われる剣士【レディア・ノエストラ】 そんな彼のもとに集まるのは、酒場の気の強い幼なじみに毎回部屋の戸を吹き飛ばす怪力淑女の受付嬢!? しまいに金髪美女は国王の娘!? 投げやり男のレディアを中心に繰り広げられるドタバタバトルハートフルハーレムラブコメディソノタ。 ※少しシリアスもあるよ。 ※メインストーリーから、1話ないし前編後編での閑話を挟む形になります。1話ごとの文字数が5000字を超えますがぷりん食べながらごゆるり見てください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間6分

    この作品を読む

  • サヴァイヴ・アライブ ―殺戮人形の矜持―

    死人に口なし、生き残れ

    324,127

    2,765


    2022年1月1日更新

    現在……過去……そして未来……様々な時間軸を扱ったサバイバル・ストーリーとなります。 ---------------------------------------------------------------------- ・『未来』あらすじ 第二次大革命を引き起こしたとされるテロリスト「キング」は人質と共に高層ビルを占拠。 かつてのキングの仲間の少女とともに出動した英陸軍特殊部隊「SAS」はキングと対峙する。 少女「ミラ・クラーク」を見たキングはあっさりと降伏する。 ミラとキングの間には悔恨と贖罪の記憶があった――。 ・『現在』あらすじ 巨悪にしてカリスマ、と評されたヴィクター・バーンズが未曾有の大暴動「大革命」を決起してから10年余りが経った。 再建した米国「リ・アメリカ」の主要都市の至るところで暴動の余波と疲弊する公安組織があり、国全体が悲鳴を上げているようだった。 バーンズが中東の某国で細菌兵器の取引を行うことをチャッチした軍事情報組織「A.S.F.」はデザイナー・ベイビーの出自を持つ戦闘人形部隊「ドールズ」を現地へ派遣する。 バーンズの打倒が大革命の沈静化につながると睨んだドールズの人形「カイル・カーティス」は仲間の「ジョン・ヒビキ」、「ミラ・クラーク」とともにバーンズと対峙する。 カイルとバーンズの間には浅からぬ因縁があった――。 ・『過去』あらすじ それぞれの人物の動機が明かされる―― 絶体絶命、孤立無援……生き残れ。 キャラクターデザイン(敬称略):ざわ姐、Rida ※「カクヨム」様でも好評連載中。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間29分

    この作品を読む