現代/その他ファンタジー 長編 連載中

ワールド • フォー • デッド

作者からの一言コメント

投稿再開!

㊗️日間ジャンル別ランキング8位(〜 ̄▽ ̄)〜 ㊗️総合ランキング84位!(((o(*゚▽゚*)o))) そろそろあらすじ書いた方がいいのかなと思い始めました。 そしてメインディッシュをこちらに移動。一旦異世界物はストップさせていただきます! ちょっとグロいかもしれません、ご了承ください。苦手な方は無理しないで下さいね?あと、この作品はゾンビサバイバルがメインです。 «注意事項» →令和2月から小説を書き始めた初心者です。 →文章がかなり下手くそです。 →ホラー系です。 →エロい展開があるかも知れません。 →嫌な展開になるかも知れません。 →グロいかも。 それでも良いよって方はこれからどうぞよろしくお願いします!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ワールド • フォー • デッド
作者名 そーた@USA
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 男主人公 現代日本 シリアス コメディ ギャグ ダーク ゾンビ サバイバル 高校生 バトル 近未来 ハーレム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年4月15日 0時21分
最終投稿日 2020年8月16日 18時14分
完結日 -
文字数 9,425文字
ブックマーク登録 6件
コメント 6件
スタンプ 8件
ビビッと 0件
応援ポイント 9,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    375,901

    7,841


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • ある日、仕事中に眠気に襲われた七緒は気付くと見た事のない洞窟に立っていた。ぼんやりと光る壁は見た事も聞いたこともなく、戸惑っていると金髪の男に声を掛けられ、異界人と呼ばれる。 金髪の男は自らを勇者と名乗り、七緒をパーティーに加える。異界人が持つと呼ばれるユニークスキルに期待するもそれらしきものは発現せず、七緒はその日のうちに追放されてしまった。しかし他のパーティーメンバーの助けにより、新たな職を得る。 七緒が再就職した職業、それは多くの死者が眠る町の『墓守』だった。 職業訓練を受け、順調な滑り出しで仕事を始めた七緒。しかし墓守は深夜に働く夜勤スタイルの激務だった。 過酷な現場。嘆く七緒。襲い来るアンデッド。更に嘆く七緒。 そんな七緒を追い打ちするように発見された地下ダンジョン。そしてやっぱり嘆く七緒。 しかしそれは、こらから始まる物語の序章にすぎなかった。 ※2月以降、この作品は小説家になろう様にて平行して投稿していきます。 ※HJ小説大賞後期2020参加中!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間59分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 短歌探T

    歌を詠み和歌のあやかし鎮めます。

    4,600

    0


    2021年4月11日更新

    和歌が大好きな国語教師の短伽譚人(たんかたんと)は、ひょんなことから和歌の神様である衣通姫(そとおりひめ)と出会う。 しかし、衣通姫が狼石(おいぬいし)から出られなくなり、和歌のあやかしである変化(へんげ)がこの世に現れてしまう。 変化を鎮めるためには、その正体である和歌を探り出し、短歌を詠んで感動させるしかない? ところが、譚人の記憶から膨大な和歌の知識が失われてしまい……。 狼石から追い出されたオオカミの神様・真神(まがみ)と協力しながら、譚人の短歌探しの日々が今始まる! ※「狼石」は実在する史跡ですが、この物語はフィクションです。実在の史跡・寺社・施設等とは関係ありません。 更新予定は不定期(土日?)です。 同時掲載:エブリスタ

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • sin・sense ~罪人共による異能力の闘争~

    気に入って頂けたのであれば幸いです!

    5,000

    100


    2021年4月11日更新

    舞台は罪名に沿った異能力を持つ、通称『罪人』が蔓延る世界。 異能力というものは入手したいという人が多数を占めるだろう。さらにこの異能力は、誰もが手に入れるチャンスはある。 しかし実際、罪人は世界から忌み嫌われる対象だ。言い換えると、この異能力は手に入れると大抵、罵詈雑言が浴びせられるだろう。 なぜなら、罪人になる条件は『人を殺したという罪悪感を強く持つこと』だからだ。 親友の死によって、『暴行罪』の能力を持つ罪人になってしまった主人公、上浦優貴は何を思って生きていくことになるのか……。 罪人同士による超能力バトル。制するのは正義か、悪か、はたまたその他か。 毎週木曜、日曜の18時投稿予定。(まだ改稿の余地あり。改稿のお知らせもあり。)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:6時間54分

    この作品を読む