歴史/時代 長編 連載中

大杉の誓い~外交官・安達峰一郎青春譜~

作者からの一言コメント

ある外交官の若き日を描いた青春小説です。

読了目安時間:4時間58分

幕末維新の激動最中の明治2年、出羽国にひとりの男の子が誕生しました。少年は賊軍の地に生を受けながらも、教育熱心な家族の愛情の中で成長していきます。彼こそ、後にポーツマス日露講話条約の随行員として堪能なフランス語を駆使して講話締結に尽力し、第一次世界大戦後に成立した国際連盟の日本全権として活躍、その人格的高潔さは世界的にも称賛されて、アジア人として初の国際司法裁判所長官に満場一致で選出された法学博士安達峰一郎です。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 大杉の誓い~外交官・安達峰一郎青春譜~
作者名 清十郎
ジャンル 歴史/時代
タグ HJ大賞2020後期 青春 明治 文明開化 殖産興業 自由民権 生い立ち 官憲の弾圧 山形 安達峰一郎 三島通庸
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月12日 15時15分
最終投稿日 2021年5月7日 18時27分
完結日 -
文字数 148,998文字
読了目安時間 4時間58分
ブックマーク登録 61件
コメント 143件
スタンプ 246件
ビビッと 38件
応援ポイント 186,950pt
ノベラポイント 1,067pt
応援レビュー 1件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • チートで護る現実《この》世界 ー乙女達は今日も異能者を捕縛する―

    腐敗の夏、乙女達は命で駆ける

    255,374

    39,382


    2021年4月18日更新

    『この現実は君の青春で綴られている』 第二次世界大戦の狼煙が見え始めた大正初期。 日本で深刻な問題が起きていた。 『神宿し事件』 日本の、とある街、とある学園内でのみ発生する特異的神隠し事件の名称だ。 元来の神隠しと大きく違うのは、突如として学生が消えるだけではなく、 異能の力、神力を宿し自力で戻ってくることにあった。 曰く、神の国、異世界なる場所にて世界を救って戻ってきたのだと言う。 絶大な神力を宿した少年少女達、時の政府は彼らの保護、管理、そして捕縛を余儀なくされた。 そんな最初の神宿し事件から、100年後、現代日本。 日本政府の要請により神宿し事件の舞台となっている学園内にて結成された 「異世界対策特殊委員会」 通称『御影学園生徒会』は異世界へと消えた生徒達の救出、保護、管理に追われていた。 中でも異世界へと直接向かい、救出活動を行う実行部隊、『図書委員』に所属する、三人の少女達。 過去に二つの異世界を救った 『綴喜芽繰《つづきめくる》』 獣神の英雄、金髪巨乳で男勝り 『皇之火色《きみのひいろ》』 省エネ主義の守銭奴無口PC少女 『ピーシー』 生徒会からの依頼を請負い、異世界へと姿を消した少年少女達を命懸けで救出する日々。 そんな日々の中、ふと、乙女は思った。 『このままでは……まずい』 高校2年、17歳、輝かしい青春が瞬く間に過ぎて行こうとしていた。 焦る乙女は、この夏、ついに一つの決心を胸に走り出す。 今年の夏こそ、この長い長い片思いを終わらせる事。 彼への『告白』を決意した、はずが……。 異世界へと消えた想い人 死者を蘇生する異能者の帰還 蘇る戦国時代の侍、忍者、魑魅魍魎 夏の日差しに死の香り、少し早めのお盆にて、陰る命こそは『腐敗』の頃合。 乙女×能力×捕縛劇 これは誰かの現実を護る旅、『チートで護る現実《この》世界』 なにとぞよろしくお願いいたします。感想、ブクマ、レビュー、ツイート、大変に励みになっております。ありがとうございます。 著作 兎野熊八 表紙イラスト よのね 様 挿絵イラスト Lala hy 様

    読了目安時間:7時間13分

    この作品を読む

  • 江戸に立つ、龍の麺

    令和から江戸時代へ、ラーメンのお話です

    19,700

    110


    2021年5月8日更新

    駿河国滝脇松平家小島藩の年寄本役であった柳橋弾正敬忠。主君の主君松平信義 の逝去に伴い、その役を潔く退き江戸の粗末な家での生活を開始する。しかし彼の本意は別なところにあった―――前世―――令和の時代の記憶を取り戻しこの江戸時代にはない『ラーメン』の味を作り上げようとする野望――― 転生グルメストリーが今幕を開けるーーー

    読了目安時間:13分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • カミッション 歴史捜査ファイル1 ハーメルンの笛吹き男

    歴史上の未解決事件の謎を追う

    1,800

    0


    2021年5月8日更新

    ハーメルンの笛吹き男。おとぎ話ではなく中世ドイツで実際に起こった130人もの子どもたちの失踪事件。その真実を追うため、自他ともに認める凡人、野家邦仁が創造主を自称する少年によって13世紀のドイツに送られた。放浪学生の体を借り、ガイド役の大天使ミカエラと共にその謎に挑む。中世ヨーロッパと聞いてファンタジーの世界を想像していた邦仁だが、あまりの過酷さに帰りたいと泣きわめく。邦仁はハーメルンの笛吹き男の真実にたどり着くことができるのか。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:6時間56分

    この作品を読む

  • 昇龍、扶翼を喪ず――南朝宋武帝 劉裕伝

    劉宋を打ち立てた武人「劉裕」の物語です。

    94,800

    0


    2021年5月8日更新

    三国志の時代から下ること二百年。中原には異民族が割拠し、漢族は呉の地への退去を余儀なくされていた。そのような中を這いあがってきた男がいた。男の名は、寄奴。のちの南朝宋の建国者、劉裕である。 寄奴には、かれを陰に日向に支えてきた一人の男がいた。この物語は、その男――丁旿を介し、語られる。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:12時間1分

    この作品を読む