連載中 長編

国民よ、神子をコロセ!

作者からの一言コメント

令和に始まる『デスゲーム』!

女子高生『彼方ヒナ』は夢の中で神の言伝というものを聞く。 【神子をコロセ!】と。 これは能力者『贄』に選ばれた『彼方ヒナ』達が繰り広げる生き残りをかけた『デスゲーム』だ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 国民よ、神子をコロセ!
作者名 ほしのななか
ジャンル SF
タグ アクション/バトル 女主人公 シリアス 現代日本 異能 日常 デスゲーム
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2019年10月8日 21時56分
最終投稿日 2019年10月29日 21時30分
文字数 8,106文字
ブックマーク登録 24件
コメント/スタンプ 77件
応援ポイント 70,700pt
ノベラポイント 430pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 超能力×学園×バトル!!

    ♡11,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・15話 眠すぎ太郎

    2020年6月6日更新

    超能力は、実在した。 突如としてぼくに目覚めた不思議なチカラ――サイキックは、離れたところにあるものを動かすことができる能力だった。 超能力者はサイキックを扱う者、サイキッカーだけではない。 透視・予知のクリアボヤンサー、瞬間移動のテレポーターなど、様々なチカラと個性が、学院ではひしめいている。 サイキッカーとして、ぼくはそこで着実にチカラを高めていく。 楽しい生活だと、充実した毎日だと思っていた。 だがその矢先、クリアボヤンサーたちがあることを予知した。 それはぼくのいた世界が、一年後に滅ぶということーー。 週1〜2回更新!!

  • ITと宗教が融合した感じの異能バトル。

    ♡4,500

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話 夜半野椿

    2020年6月6日更新

    「神」への信仰や主義思想により異能を行使できる、現実と似ているようで似ていない世界。 極東の島国・湧陽皇国(ゆうようこうこく)は世界屈指の経済大国ながらも、国教の皇国神教がもたらす曲霊化や自縛の法、近隣国家の圧力や技術革新の停滞などに苛まれていた。 かつては「神の使い」として崇められていた「御貴使(みたかのつかい)」という皇国特有の異能行使者達もまた、今となっては帝国主義時代の負の遺産の如く扱われ、護国の盾として十全に機能できなくなってしまっていた。 そんな中、ホホジロザメの直霊(なおい)を生まれ持った黒髪の美少年・数橋艶(かぞえばしひかり)は、再び皇国に維新をもたらすべく、政府公認の御貴使の教育部隊「瑞光」を率いて、仲間の美少年・妃房蜜溜(きぼうみつる)の猛烈な愛を浴びながらも、皇国の平和と財産を脅かす様々な勢力と対峙するのであった。 堅苦しい社会派ネタから美少年同士のホモホモしい展開まで、何でもアリの異能バトルアクションです。メインヒロインも野郎だから要注意だ! あ、ちなみにタイトルは『ひいずるところのひかり』と読みます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ゲーム×青春学園ストーリー、開幕!

    ♡300

    〇0

    SF・連載中・14話 T,2 2nd

    2020年6月7日更新

    2026年春、架空の都市·海ヶ丘(うみがおか)を中心に様々な分野でVR、AR技術が活用されるようになった。 これは、〈もう一つの現実〉に飛び込んだ少年少女の物語

  • ここからは機械的に、人間的に行くわよ。

    ♡56,800

    〇550

    SF・連載中・90話 SAI-X

    2020年6月7日更新

    2020年4月18日、現代ファンタジー部門で日間1位いただいてました! 翌日2020年4月19日では総合部門で日間8位もいただいておりました! その後なんと現代ファンタジー部門で週間7位まで……!?全て皆様のおかげです!ありがとうございます!圧倒的感謝……!! 2020/5/4、SFにジャンル変更後に日間3位……!?どういうことなの…… ※おわび※ 自分でも思うところがあったのでジャンルを現代ファンタジーからSFに変更しました。今まで応援してくださった皆様、大変申し訳ございませんでした。今後とも【アデリーン・ザ・アブソリュートゼロ】をよろしくお願いいたします。 (2020/4/21) 十数年前、某国の研究機関に地球外の知的生命体から友好の証として細胞サンプルがもたらされた。 そのサンプルを用いたDNA改造実験によって1人の女の子が産声を上げた。 彼女は瞬く間に成長し、研究員の1人【浦和紅一郎】やその友人【クラリティアナ】夫婦のもとで【アデリーン】と名付けられ、彼らの娘として深い愛情を受け、すくすくと育っていた。 ――しかし、彼女が15歳ほどまで成長したある日、紅一郎は邪悪な野望に狂った秘密犯罪結社【ヘリックス】の総裁・【ギルモア】が送り込んだ刺客によって裏切り者として処刑されてしまう。 深い悲しみとともに紅一郎の遺志を受け継いだアデリーンは、クラリティアナ夫婦の協力を得てヒーローへと変身し、ヘリックスとの戦いに挑むのだった。 ※不定期更新です。小説家になろうでも連載中。