歴史/時代 長編 連載中

花売り仁助捕物草紙

この作者は、貢献ポイントプログラム未参加の為、ノベラポイントを付与する事はできません。

作者からの一言コメント

時代小説が好きすぎて書き始めました。

深川に住む花売り・仁助が、親分の辰五郎や北町奉行所の同心・西尾幸一郎らとともに、江戸の町を騒がせる事件に立ち向かう。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 花売り仁助捕物草紙
作者名 佐倉
ジャンル 歴史/時代
タグ 時代小説 捕物 江戸時代
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年8月19日 0時37分
最終投稿日 2020年8月25日 17時41分
文字数 8,238文字
ブックマーク登録 5件
コメント/スタンプ 11件
応援ポイント 2,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 15世紀、ヨーロッパの歴史物語です。

    ♡0

    〇0

    歴史/時代・連載中・1話・2,902字 八島唯

    2020年9月30日更新

    時は15世紀初頭。西ヨーロッパ諸国は東のイスラーム教国であるオスマン帝国の圧迫を受けていた。防波堤であるビザンツ帝国は衰退はなだしく、その対応が求められていた。レコンキスタの途上にあってイベリア半島の雄でもある新興国カスティリヤ王国はさらに東から勃興しつつあったティムール帝国に目をつける。彼の国はかつてユーラシア大陸を席巻したモンゴルの末裔を称し、領土を拡大していた。さらにオスマン帝国の領土も狙い、両国は雌雄を決する対決に向かっていた。この状況を踏まえ、カスティリヤ王国はティムール帝国との同盟によりオスマン帝国の圧迫に対抗することを決意する。派遣された外交団を狙う刺客。その窮地を救う謎の集団。オスマン帝国の「稲妻」とも称されるスルタン、バヤジットと暁のごとき勢いで西に領土を拡大するティムール。アンカラの戦いの中に埋もれた、忘れられた物語を、今綴ろう。

  • 三国志×文官×異能×女武闘家

    ♡50,100

    〇850

    歴史/時代・連載中・174話・495,184字 墨笑

    2020年9月30日更新

    三国志の時代の文官を描きます。 文官といえば地味なイメージですが、結構バトル多めです。 主人公は蜀において、諸葛亮孔明に次ぐ官職を務めた許靖という人物です。戦乱に翻弄され、中国各地を放浪する波乱万丈の人生を送りました。 曹操のことを「治世の能臣、乱世の奸雄」と評した許劭の従兄弟に当たりますが、許靖も許劭と同じく人物鑑定で世に知られた名士です。 本作ではその人物鑑定において、ちょっとした異能を持った人物として許靖を描いています。 歴史物とはいえ軽く読めるように書いていますので、歴史が苦手な方でもお気軽にお読みいただけたらと思います。 ※名前が分かりにくくなるのを避けるため、字《アザナ》は使用しないことにしました。ご了承ください。