Pilotage Memoria 引航記憶

第1序章 トキメキの「始まり」

 晴れ渡って、青く見える空。私立青空(あおぞら)高等学院中学部の教学棟の上を飛行機が速く飛んでいた。私立青空高等学院中学部の隣は地元最大の国際空港、青空(あおぞら)国際空港だ。学院の展望ホールで、生徒はここで飛行機の離着陸を見ることができる。  金曜日お昼の時間、福宮(ふくみや)(あきら)は小学校からの親友、中野(なかの)智雄(ともお)と一緒に、学院の展望ホールで飛行機を見ながらランチタイムを楽しんでいる。後ほど部門活動があるので、朗もランチタイムを利用して、智雄と「卒業パフォーマンス」のシナリオを話している。 「なになに?シナリオの話し?」  遠くから来たピンクショートヘアの女の子はクラス3-Aの副委員長、雨宮(あめみや)静香(しずか)だ。朗はクラス3-Aの委員長。三人ともはクラス3-Aのクラスメートだ。智雄の積極的な参加のもとで、朗と静香はクラス3-Aをリードして多くの勝利を獲得した。朗が設立して、智雄と静香が副部長として、3人でつくる「英語同好会」は学院直立の英語部に匹敵するもので、さらに勝る。学院で伝説のような存在になっている。  ゆっくりと歩いてきた静香は多くの生徒の注意力を引きつけて、彼女の独特な気質はたくさんの生徒の眼光を引きつけて、男の生徒かそれとも女の生徒かに関わらず。静香はいつもそんなに大人気だ。彼女は学院で唯一の正規アイドル生徒。その他の生徒からのラブレターはよくある。男子生徒が書いてがある、そしてなんと女子生徒が書いてもある。  朗は食べた後、展望ホールのフランス窓の前に行き、外の飛行機を見ている。空港はいつも彼に対して何かの魅力を持つ。このことは彼が子供の頃のことと関係があるようが、その記憶はぼんやりしていて、まるで深いところにいる。  この時、床の上のカードは朗の注意力を引きつけた。彼はこのカードを拾いて、詳しく名前を見て、これが私立青空高等学院中学部の生徒カードだ。 「3-A 福田(ふくだ)千佳(ちか)」  このような甘い名前は彼が初めて見たのではないはずだ。 「何を見ている?」智雄は朗のそばに、好奇心を持って生徒カードを見ている。その後、彼は眉間にしわを寄せて、「これは…これは?!」 「私たちと同じクラスはずだよ。」静香も歩いてきて、朗の手の生徒カードを見ている。  朗は女の子の写真を見て、この女の子に何か懐かしい感じがある。  智雄は学院で一、二を争う情報通で、彼は考えて、そして言う、「これは先日僕たちのクラスに転校したばかりの福田さんだぞ。」 「うん、でも、彼女は他の生徒を怖がるような…男の子も女の子も。」静香は話した。  朗は一人で担任の職員室に行く。担任の福宮(ふくみや)(はるか)は朗の姉だ。遥は英語同好会の顧問として、昼は職員室で休憩したり、そして、弟の朗と一緒に昼食を食べたりすることが多い。でも、彼女今日は用事があるために家に帰った。朗は一人で千佳を探しに行くしかないだ。  朗の友達は多くないだ。彼は委員長だけど、でもクラス内の雰囲気に溶け込むのが難しいと思う。彼もクラスメートの友達グループに入りたいが、一生懸命頑張って換えてきたのは何の役にも立たないだ。副委員長としての静香だけで、朗と一緒に委員長の仕事をしているから、よく朗と交流できる。そして彼の小学校の親友、智雄は、朗が助けを必要とする時に手を差し伸べた。静香と智雄の協力のもとで、最近は朗と英語同好会の部員が仲良くなる。朗から見ると、このふたりともと友達を作るのは幸運なことだ。  彼の心の中には、ずっと女の子がいる。あのサクラピンクの長い髪、アクアブルーの目の彼女は、かつて彼と一緒に港空(コウクウ)市で暮らしていた。港空市は南方の異国都市だ。朗は留学生として浦海(ほかい)県の私立青空高等学院中学部に来た。一つの夢を探すために。  彼は一階から千佳を探すつもりだ。  他のクラスメートから見ると、千佳は他のクラスメートとは違う女の子。だから、これらの生徒は千佳にはいつも迷惑をかける。  一階の正門では、ランチの時間なので、先生が少ない。朗は学生カードを持って、千佳を探している。この時、生徒の一人が彼にぶつかっていた。朗が振り返った時、一人の女の子が困っていて、あの男の子を見て、彼女は泣き出しそう。  朗は学生カードを見て、この困っている女の子は千佳だ。周りにも生徒が見ている。 「私は……お金をあげると約束します。そうなん事をしないでください。」千佳はスカートを押さえている、前の男の子に願いする。  この時に、朗は男の子の肩をたたきた。 「なに?お前。」男の子は朗をにらんで、その後、彼はあっけにとられた。  学年組では、朗は有名な厳しい委員長だ。クラスでは「委員長さま」と尊ばれて、このことはクラス3-Aの学生だけではなく、他のクラスの学生、さらには他の学年の後輩も知っている。男の子は大変なことが起こると感じた。 「てめぇ、『なになに』と言って、わたしのクラスの子に何をしたい?」朗はゆっくりと言って、どの言葉にも力があるようだ。 「委員長さま、本当にすみませんでした!」男の子は急いで朗に説明した。彼は朗がとても怖いと感じた。彼が廊下を走っていて、千佳にぶつかった。トラブルの理由は、千佳が彼を避けない、わざとぶつかった。 「女の子がわざとぶつかってくるわけがありない。まさか、お前は廊下で走るのは道理があるのか?」朗は男の子に質問した。 「委員長さま!本当にすみませんでした!」男の子は低い声で誤りを認めた、「ただ彼女のこといじめたいだけです。」 「お前はどのクラス?」  男の子はクラスの番号を説明した。批判の後、男の子はクラスに帰る。  私立青空高等学院中学部には風紀委員会もないし、生徒会もないし。これらの任務は各クラスの委員長と副委員長に委託して、彼らの構成する学年委員会がこの二つの任務を担当した。A組として、朗と静香はそれぞれ学年委員会の会長と副会長を務める。  朗は千佳を注意深く見ている。彼女はサクラピンクの長い髪、体には淡い香りがある。アクアブルー色の目は深くに朗を引きつける。目の縁にはかすかな涙の跡がある。まるで、彼の夢の中の女の子のように、もっと不思議なのは、彼女の身の回りにピンクパープルのヒカリがある。その後、朗は咳をして、顔を赤らめて聞いた、「大丈夫でしょうか?」  千佳は頷き、彼に向かって微笑んだ。その後、朗が学生カードを持ってきて、千佳に渡した。 「これは千佳ちゃんの生徒カードだよ、今度はなくさないように。」朗は冗談めかして言った。 「やっと見つけた!助かたよ!あたし、しっかり保存するよ!」千佳は生徒カードを胸に置いた、彼女は嬉しそうな顔をして言って、「ありがとう、朗ちゃん!」 「あきらちゃん?!」  その時、千佳は頬を赤らめながら笑う。遠くに立って智雄と静香がぼんやりと見る。 「あいつ、あんなに優しい言葉をかけたことがない…」智雄はぼんやりと見て、その時静香は思わず疑だった。周りの学生も議論し始めた。 「まさか、彼女は委員長さまと知り合い?」 「ありえないね。普段は委員長さまのそばにいる人は、智雄くんと静香ちゃんだけだよ。」 「何かあったら展望ホールに行って話ししょうよ。」話をしたいという千佳を見て、朗は言った。  千佳は、彼女自身から朗を誘うのが恥ずかしかったので、朗の話を聞いて安心した。彼女は頷き、朗の後をついて階段を上っていきた。  展望ホールで二人は席を見つけて座った。  朗は千佳の横顔を見て、「千佳ちゃんはここに来たばかり?」  この時に、朗は彼自身が意外にも直接に女の子の名前を言ってことを発見して、言い出した後に、彼は急いでお辞儀をして謝する。 「すみません、失礼かった。許してください。」  千佳はちょっと戸惑いながらも朗を見て、優しく言って、「大丈夫だよ」  どうして僕はこの女の子と自然に会話ができる?朗の心はそう思った。 「さっきキーホルダーがあるのを見て、これは千佳のだろう?」朗はキーホルダーを千佳に渡した、そして言って、「本当にかわいいよ、このキーホルダー。」  千佳は頭を上げて、朗を見て。 「ありがとう、朗ちゃん。このキーホルダー…あたしには大切なの。」  千佳は涙を流して、朗は思わず彼女の頭をなでている。 「千佳ちゃんの宝物なら、もっと守ってね。ところで、先ほどのことは…」 「数日前に。」 「普段もいじめられて?」  千佳はうなずいた「先ほどの男の子は私を探していた。彼は彼の兄弟があたしのような女の子が好きだと言っていた。しかし、彼の口調からすると、あたしを尊重してくれ全然ない。」  朗は気になる、「怪我はない?」 「朗ちゃんのおかげで。そんなことないよ。今日のことは本当にありがとう。でないと、あたし、何が起こるか分かないよ…」  二人はベンチに座って、窓の外の飛行機を見ている。 「朗ちゃんは飛行機が好き?」 「うん、大好きだよ。以前、港空にいた時、大切な女の子を見送った。それ以来、飛行機が大好き。本当に不思議だね、旅人を彼らの行きたいところに連れて飛ぶ。」 「今日の午後…一緒に下校もいいかな?」  千佳は彼女の答えを見つけたよう、彼女は優しく朗を誘って、顔から出る笑顔はなんが懐かしの感じる。 「もちろんいいよ。」朗から見ると、千佳と一緒のこのごく短い十数分間は、慣れた感じがあって、この言葉では表現できないほどの熟知感は彼の記憶と関係があるよう。朗はとても嬉しいて、中学校からの時、まだ彼と一緒に下校したい女の子がいない。彼はこのお願いを承諾した。千佳の誘うは彼にとって貴重なチャンスだ。 「ねぇ、朗ちゃん、これからはあたしに『千佳ちゃん』と呼んで、いいの?」千佳は優しく言った。 「これ本当にいいの?」  千佳はほほえんで、頬が赤くて、ひざの上に手を置く。彼女は天使のような笑顔で朗の心に深く触れた。 「僕たちは……初めて会いじゃないだろう?なんだか…懐かしい感じのような。」 「もしかしたら、本当に初対面じゃないかもしれないね。」千佳のそばにピンクパープルのヒカリが現れ、彼女の口もとはかすかに上がり、幸せそうに目を閉じた。 「実は…あたしもそう思うだよ。」  今日は英語同好会の掃除日で、千佳は部門活動には参加してないので、彼女は朗に英語同好会に連れられた。 「恋の苗が土を割って出ているのを見たぞ。」智雄は朗の肩をたたいて言った。 「えっ?誰の?」  智雄は千佳を見て、そして、朗を見た。 「きっといい友達になるよ。」智雄は言った。  智雄は千佳のそばにピンクパープルのヒカリがあるのを見てない。  朗と智雄はしゃべりをしている静香と千佳を見て、幸せそうに笑った。その後、智雄は洗剤を朗の手に置いた。 「頑張ってよ!部長さん。」  その後、智雄は朗のいすに座って、のんびりとコーラを飲んでいた。  楽しい掃除活動が終わった。朗と千佳は一緒に学院のゲートを出て、二人は長い坂道を歩いている。学院から地下鉄駅までまだ時間がかかる。千佳は彼女のカバンを体の前に置いて、いつも可愛い姿を見せてくれる。  今日は人が少ない。地下鉄駅から出たら、夕暮れの石道で二人の姿が映っている。千佳は時々朗を見て、彼女は口をすぼめて言って、「できれば、明日は、一緒にデート…いいの?」 「デ、デデデ、デート?!」千佳のお願いを聞いて、朗は動悸が速くなり、顔が赤くなった。「どこ?」 「この公園、いいの?」千佳はそのベンチを指していた「あたしはいつもこのベンチで緑の樹、青い空を見て、とてもリラックスなの。」  朗は公園を見て、ここは彼の家の近くで一番大きな公園「城際広場」。ここも彼の日常散歩の場所。 「というか、朗ちゃんは英語同好会の部長さん?」 「うん」朗は頷いた、「参加したい?千佳ちゃんなら、きっと面白だよ!」  その間、朗はどうして千佳が自然に彼に近づいてきて、どうして彼と千佳が自然に喋るのかが気になった。彼にしてみれば、それは彼にとって不可能。 「朗ちゃんの家はどこ?」  朗は遠くないところ、二階建ての家を指す。 「じゃあ、あたしたちは壁を隔てているだけね。あたしは隣に住んで、これから何かよろしくお願いね!」  朗はうなずいた。彼の母、福宮(ふくみや)美芝(みし)はかつて一時を風靡した歌手で、朗の世話をするために仕事をやめた。今彼女も複帰の準備をしている。そのために彼女は忙しくなる。朗は一人で浦海県の家に住んで、一人で生活して何かと面倒なことが多く、ときには彼を寂しくさせることもある。彼は毎日母とビデオ通話をする。千佳の後ろ姿を見て、朗は笑った。 「幸せな出会いで楽しいことをなりますように、願っています。」 「明日のデート、きっと頑張る!」    ふたりのこころ、このよう思った。    夜、朗は部屋を片付けていると、本を見つけて、厚いほこりをかぶった。  ・ 初めてのデート  土曜日の午後、晴れ渡った空だ。  朗は公園へ歩いていくと、彼はベンチに座っている千佳を見つけた。彼女の姿は太陽の反射の下でとても美しい。この時、彼女はベンチに寄りかかってのんびりと空を見ながら、いくつかのビスケットを手に持っている。  千佳は振り向き、うれしそうに手を振った。朗は手を振っている千佳を見て、彼女の方へ走って行き、彼女にも手を振った。その時、千佳はカップを持ち上げて、熱いお茶を半分注いで、口で吹いて、そして朗に渡した、「今は温度が大丈夫だよ、試してみてね。」  朗はカップを受け取って、満足そうにうなずいた。千佳は自慢して正座し、クッキーを取り出して、朗の口の中に入れた。この恋人のような行為は、朗の心の中にほのかな暖かさを感じる。 「朗ちゃんの肩にもたれていいの?」 「どうぞ」 「朗ちゃんの好きな恋人はどんな人?」 「僕に優しくて、喧嘩が少ない、僕のために変えられる。僕も全力を尽くして彼女の面倒を見る。」 「もしいつか、朗ちゃんに優しい女の子が告白したら…彼女と付き合うことができる?」 「はずだろうかな…」朗は言った。彼にしてみれば、彼にこんなことをする女の子はないはずだ。 「これはあたしの携帯番号。受け取ってね。」千佳は頭をかいて、笑った。  朗は千佳の手に携帯番号を書いたメモを受け取って、千佳にもう一つのメモを渡した、「これは僕の携帯番号、いつでも電話してよ。」 「昨日のこと、本当にありがとう、助かったよ!」千佳は顔を真っ赤にして、朗を見て、「もし朗ちゃんは必要なら…あたしは何かしてあげられかな…」 「本当?」朗は千佳を好奇心の目で見て。 「変な要求はしないでお願いね~」千佳は手を合わせ、二人は互いに見て、そして一緒に笑った。 「どうして学院での朗ちゃんと今の朗ちゃんは全然違うの?」千佳が好奇心を持って聞いた。 「僕から見れば…千佳は面白い女の子だね~」 「え?どうして?」 「それは…小さな秘密だよ。」 「むっ…」千佳はちょっと怒って、背を向けた。  朗は千佳の肩をたたいて、彼女をあやした。そして、彼は夜が自宅で一緒に夕食を食べるように千佳にお願いする。  二人は空を見上げ、静かに風の音を聞きながら、真夏が近づいてきる。この時はあまり暑くないで、陽光の暖かさを楽しんで、彼女は歌を口ずさん。 「千佳ちゃんは嬉しそうね。」彼女のリラックスしている様子を見て、朗は言った。 「朗ちゃんがあたしのそばにから、嬉しいだもん!」  朗は、千佳が自分のことを「朗ちゃん」と呼んでことには嫌いじゃない。反対に、彼はこの呼び方が妙に親切だと感じだ。  千佳は、朗が自分に対して誤解を抱いてのではないかと感じたのかもしれない。「あたしを悪い女の子としないでね。あたしは…恋ないし」 「その…クラスの話は…」朗は驚いて聞いた。 「えっ?!朗ちゃんはあの話しを信じだか?あぁ!もうう……ふんった!」千佳は振り向いて、「朗ちゃんはアホ。」  実は、朗はクラスメートの話を気にしたことがない。智雄と静香は千佳のことについてもそれぞれの見方を持つが、目の前のこの女の子は、彼らの言いの千佳とは全然違う。彼女はこんなに優しくて、無邪気で可愛い。彼は千佳のちょっと赤くの頬を見て、思わず彼女が好きだと言いたい。「はい、はい。わかる、わかったよ…」朗は千佳の肩を軽くたたいた、千佳は言って、「これは一回だけて、聞こえたの?もっと多くの人に誤解されたくない。特に朗ちゃん。」  千佳の気持ちが落ち込んでいるように見えた、朗は彼女の頭を軽くなでて、千佳は抵抗しなかった。いつか彼から彼女に彼自身の考えを伝えたら、彼女は彼を受け入れるかもしれない。学院で千佳に会ってから、ふたりは初めて会うじゃないことで、彼はずっと信じている。  朗は千佳を見ていて、彼女の小さい体は多くの事を引き受けたようで、彼女の目には涙がこみ上げている。彼女の誤解に対して彼女を悲しませたよう。その時、千佳は口をすぼめて、彼女自身を泣かせない。この女の子は彼の前ではこんなに弱い。彼はこの感じはとても熟知して。 「千佳ちゃんと僕は、どこで会ったことがある?僕は港空市からここに来たの。」  千佳は朗の体に寄りかかって、朗の耳元で言って、「あたしも港空市からここに来った。借りた家は今学期が終わってから引っ越す。小学校4年生の時にここに来ったの。」  この話を聞いて、朗の心には少し触れた。もしかしたら、彼が港空空港で見送りに女の子は千佳かもしれない。昨日千佳と出会ってから、彼は不思議な感じがある。千佳は彼自身の夢の中の女の子のように甘くて親切。でも、どうして彼女を忘れたか?  千佳との出会いは、彼に恋をしたいという思いを抱かせているよう。この衝動が現れたのは、きっと二人が会ったことがあるから。 「朗ちゃんは好きな女の子がある?」千佳は頭を下げて聞いた。 「小学校に入学してから、一人の女の子ととても仲がいい。何があったかは覚えてないが、千佳はその女の子によく似よ。」朗は港空市でのことを千佳に話した。 「えっ?本当に?よかったね!」千佳は目を閉じ、幸せそうな笑顔でいっぱいになった。もしかしたら、千佳は彼女自身の探す答えを見つけたかもしれる。  朗はティッシュを取り出し、千佳の口元を拭いた。彼も千佳に何をしたい。 「こんな日がずっと続くといいな。」  今の時間を楽しんで、小さな幸せが二人の心にあふれている。 「クラスで問題があったら、僕が進んで手伝いる。ていうか、どうして転校してここに来たのか?」 「それは…」  二人で一緒に歩いて帰る。千佳は一人で家にいるので、時々夕食のことで悩んで、朗と千佳は毎日一緒に夕食を食べる。もちろん、夕食は朗が作ったの。朗は鍵を取り出して玄関を開け、千佳は居間に入り、玄関のスペアキーを千佳に渡した。朗がキッチンに入ると、美芝は家の中に生活用品と野菜や果物を並べている。 「ママ、ただいまー」朗は微笑んで入って、「よかった!スーパーに買い物に行かなくてもいいよ!」  美芝が乗る飛行機は予定より早く到着した。彼女は朗にサプライズをしたいと思う。 「朗ちゃんと…千佳ちゃん?」美芝は喜んで手を振っている。 「美芝おばさん~」千佳は喜んで手を振った。 「えっ?!」朗は驚いて千佳を見て、そして言って、「まさか…二人とも知り合い?!」 「千佳ちゃんの母とわたしは仲の良い友達だよ。千佳ちゃんも港空から来る。以前、千佳ちゃんはわたしたちと一緒に住んで、覚えてないの?」 「ていうか…僕たちは以前本当に見たことがあるの?!」 「美芝おばさん、今晩ここで食事をしてもいいかな?」 「うん、もちろんいいよ!」朗と美芝は一緒に言った。 「千佳ちゃんはとってもいい子よね!朗ちゃんは彼女の面倒を見なければいけないよ。」 「はい、お母さんさま!」  三人はとても調和のとれた夕食の時間を過ごす。千佳と朗は一緒にいて、談笑しながらデートの一日を過ごす。  その後、千佳は朗と一緒に学院に行って、一緒に家に帰る。毎日携帯電話を通して連絡を保って。美芝は日曜日に港空に戻り、復帰の準備を続ける。それから、朗と千佳は二人の隣人生活を始めた。千佳の母、福田(ふくだ)千早(ちはや)は美芝と暮らする。  夜、朗はベッドに横になって、天井を見ている。彼は天井の方向に手を伸ばして。 「僕は…千佳ちゃんと一緒に……どこ会ったことがあるのか……?」  この考えに伴って、朗は知らず知らずのうちに眠って。  夢の中で、朗は小学校に帰った時、同じくサクラピンク色の髪とアクアブルー色の目の女の子で、朗のそばを歩いて、二人は日常の話を言って、このような生活を楽しんで。  この甘い幸せな日常が始まった。

Pilotage Memoria 序章第一章を読んでいただきありがとうございます。 朗と千佳ちゃんの急展开な関係にはちょっと驚きましたか?二人は港空で得た答えも決して完全ではありません。二人にはどんな過去がありますか?第一総章のRoute 4ともう一つの事件で知ることができます。 次の章では謎の人「PILOTAGER」が登場します。彼と朗の関係もRoute 4ともう一つの事件でしか分からないので、楽しみにしていてください。 中野智雄と雨宮静香の関係についても、期待してください。二人の主要なことは第一総章と第二総章できちんと説明します。 千佳の過去は第一総章のRoute 3に完璧な答えがあります、その後はにぎやかなことがありますよ。 遥ちゃんは先生以外にも特殊な仕事をしていますが、具体的には何がありますか?第一総章Route 1で発表されますよ。楽しみにしていてください。 引き続きPilotage Memoriaを期待してください。第一総章のRoute 3はパイロットの生活をもたらします。でも、航空学院以外のことも多いですよ。Route 4は主人公たちが想像できないことです。過去の自分に勝つのは簡単ではないでしょう。少なくとも私はそう思います。でも、成功した後の喜びは十分です。自分は払うのが価値があると思っています。 第一総章では特殊な新キャラクターが登場します。彼女たちを歓迎してほしいです。 再度、Pilotage Memoriaに対するご支援ありがとうございます。ご提案を期待して、引き続きPilotage Memoriaをサポートしてください。 著者のJayden Fukumiyaは2020年1月。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。