異世界ファンタジー 長編 連載中

読書キャンペーン開催中!

神とモフモフ(ドラゴン)と異世界転移

作者からの一言コメント

なろう、アルファポリス、カクヨムも投稿中

読了目安時間:102時間47分

総エピソード数:1,043話

助けた女の子が神様? しかもその神様に俺が助けられたの? 助かったのはいいけど、異世界に行く事になったって? これが話に聞く異世界転移ってやつなの? 異世界生活……なんとか、なるのかなあ……? なんとか異世界で生活してたら、今度は犬を助けたと思ったらドラゴン? 契約したらチート能力? 異世界で俺は何かをしたいとは思っていたけど、色々と盛り過ぎじゃないかな? ちょっと待って、このドラゴン凄いモフモフじゃない? 平凡で何となく生きていたモフモフ好きな学生が異世界転移でドラゴンや神様とあれやこれやしていくお話し。 基本シリアス少な目、モフモフ成分有りで書いていこうと思います。 1話2800文字~3500文字以内で投稿させていただきます。 この作品は小説家になろう、アルファポリス、カクヨム、マグネットマクロリンクにも投稿しています。

総エピソード数:1,043話

総エピソード数:1,043話

作品情報

作品名 神とモフモフ(ドラゴン)と異世界転移
作者名 龍央
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ほのぼの 最強主人公 男主人公 転生/転移 日常 チート ハッピーエンド ドラゴン モフモフ エルフ ハーレム? HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2019年9月13日 7時51分
最終投稿日 2022年5月27日 17時03分
完結日 -
文字数 3,083,321文字
読了目安時間 102時間47分
総エピソード数 1,043話
ブックマーク登録 55件
コメント 4件
スタンプ 312件
ビビッと 3件
応援ポイント 226,700pt
ノベラポイント 5pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 虹の騎士団物語

    ちょこちょこ&ほのぼの進むファンタジー

    2,100

    0


    2022年5月28日更新

    昔々、神様は世界をひとつにできる架け橋、虹を作りました。 けれど、いつまで経っても世界から争いはなくなりません。 悲しんだ神様が流した涙が虹に落ちると、虹は砕け、空から消えました。 それから、虹が空に現れることはありませんでした。 でもある日、虹のカケラが、ある国の9人の少女の元にとどきます。 虹の騎士団と呼ばれた彼女たちが世界をひとつにしてくれる、最後の希望になった。そのときのお話です。

    読了目安時間:3時間0分

    この作品を読む

  • グラジオラスは終焉に咲く

    少女は少年となり、骸を喰らう剣となる

    2,300

    0


    2022年5月28日更新

    遠い昔、神に見捨てられた界、マキネス。 この地では、死した骸は異形へと変性する。 神の怒りか、呪いか。狂いし死者は、人間には殺せない。 殺せるのは、機械仕掛けの神を宿した人で無し。 少女は少年となり、骸を喰らう剣となる。 これは、終焉に至る物語。 ※少年漫画程度の流血、死亡表現あり。苦手な人はご注意ください。また同工場で同性愛を取り扱っております。 この小説はフィクションであり実在の人物、企業、歴史には一切関係ありません。またこの物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。 ※自サイトの漫画「神々の協奏曲」と世界観のベースは繋がっておりますが、単品でも十分楽しめると思います。神々の方も読むとより楽しめるかもしれません。 ※登場人物「ライナルト・グランツ」「オズワルド・クルーズ」「カリム」「ラルス」はゲストキャラクターです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間35分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • すてらいんのべら

    のべら「お姉様の身体を乗っ取ったわ!」

    300


    2022年5月27日更新

    のべらちゃんさんがステラちゃんに乗っ取られちゃうお話です。第3回勉強会参加タイトルです。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:2分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む