二次創作 短編 完結済

<Infinite Dendrogram> ザ・オールド・ワン

作者からの一言コメント

コンテスト、老兵書きたくて書きました。

読了目安時間:3時間16分

一人の老兵が戦場から去った。 老後として老兵が選んだのは、<Infinite Dendrogram>。 己が武、己が知を使い老兵は新しき世界で二度目の人生を歩む。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 <Infinite Dendrogram> ザ・オールド・ワン
原作
作者名 暁月
ジャンル 二次創作
タグ デンドロコンテスト ノベプラオンリー VRゲーム アクション/バトル 男主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年1月13日 9時00分
最終投稿日 2020年2月29日 23時57分
完結日 2020年2月29日 23時57分
文字数 97,945文字
読了目安時間 3時間16分
ブックマーク登録 37件
コメント 10件
スタンプ 58件
ビビッと 0件
応援ポイント 49,800pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 参上!?思春期アマノジャクのダークヒーロー<Infinite Dendrogram Another Story>

    デンドロの2次創作です。

    127,000


    2021年7月23日更新

    高校受験が終わり好きなようにゲームができるようになった工藤伊吹(くどういぶき)は全世界で有名となっているフルダイビング型VRMMORPGである<Infinite Dendrogram(インフィニットデンドログラム)>。通称<デンドロ>を始めた。 ログインしたての伊吹はとある少女と出会い、事件へと自ら飛び込んでいく。それをきっかけに様々な事件にときに自ら飛び込んで、ときに巻き込まれることななっていく。 そして事件を解決し、仲間を増やしていく。 「俺はお前を許さない、だから構えろよ強者、これから俺が、お前を完全否定してやる」 ————この話はイブキ、そして様々な人達の成長の物語である。 このお話は原作:<Infinite Dendrogram>の二次創作作品です。現在2日に1話の休み投稿を交互のペースで21時から0時ごろに投稿しています。よかったら暇つぶしに見てください。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:12時間59分

    この作品を読む

  • 夏のバジモモチャンス ~絶好調編~

    ルディ防セルフ二次創作第二弾です

    9,500


    2021年7月23日更新

    夏だ! 浜辺の漂流物だ! バジモモだ! 夏マラソンの短編が思いつかなかったのでバジモモにお出かけしてもらいました。 『ルディアと王都防衛隊』セルフ二次創作です。 本編とはなんら関係がありません。ネタバレも特にありません。 うっすら前回のバジモモチャンス(花火のやつ)と繋がっています。 バジモモはノーチャンスで……あれ!? これワンチャン発生してね!?

    読了目安時間:5分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 大海原のガーベッジ

    揺蕩う、所有権が誰にもない漂流物───

    0

    0


    2021年7月23日更新

    人は誰しも落日の運命(さだめ)にある生き物である。第二の誕生を迎えて、人は生きる意味を求め彷徨い続けるものだけれど、結局はみんなそれまでの軌跡が記録された記憶を、最期には落としてしまう。 大海原にて、所有権が誰のものにもない記憶が揺蕩う。さながら漂流物の如く。 ─────それでも人は輪廻の中で転生し続けるのです……。

    読了目安時間:10分

    この作品を読む

  • Dual World War

    異世界転移×SF (毎週水曜更新中)

    51,200

    267


    2021年7月21日更新

    主人公:水奈 亮(17)はごく普通の高校2年生。そんな彼にも異世界への扉が開かれた。 そこは私たちが住まう世界とはわずかに、でも、確実に異なる世界。。。 わずかな違和感とそれを薄めるような安心感との連続で次第に自分を見失いつつあるなか、 何の脈絡もなくソイツは姿を現した。 突如課せられた使命。 5年前に終息したはずの【外来生物】の再来と、 滅びを水際で食い止めし人類が用意した対抗策:外来生物特務機関NAVISとは一体何か!? 等身大の高校生が世界の命運をかけて戦う異世界転移型SFストーリー ぜひご一読を!

    読了目安時間:40分

    この作品を読む