異世界ファンタジー 長編 連載中

魔王が私達を滅ぼそうとしています!どうかお救い下さい!と言われて異世界に強制召喚・・・された先がいきなり魔王の前だったんだけど!! Plus

作者からの一言コメント

二つの逆境から始まる異世界冒険譚

読了目安時間:1時間43分

魔王が私達を滅ぼそうとしています!どうかお救い下さい!と言われて異世界に強制召喚・・・された先がいきなり魔王の前だったんだけど!! Plusの表紙

 北条永遠と西園寺飛鳥は幼馴染でドが付くほどの歴史オタクだ  今の時代に生まれて良かった!争いばっかしてる時代とか嫌すぎる!  なーんて言いながら趣味の歴史考察をしつつ、ほのぼの過ごしていたのだが・・・ある日、突然  『魔王が私達を滅ぼそうとしています!どうかお救い下さい!』  という声が聞こえて2人は光に包まれた。光が収まり視界が戻ると、そこは見知らぬ部屋・・・ 「余が魔王だ」  えっ!魔王!?これって、まさか異世界召喚ってやつ!?  もしかしなくても、今ここで、魔王を倒せって事!?  いきなり魔王と戦えとか無理に決まってんだろーーーー!! 「突然お呼びだてして、申し訳ありません」  えっ?永遠はどこ?人族のために戦って欲しい?  失ったものを取り戻したい  そのためなら、私は・・・  ___全く逆の立場から、幼馴染2人の冒険が始まる  ~歴史を知らなくても問題なく読める作品です!~ 【『カクヨム』において連載中の小説を加筆修正した『ノベルアップ+』バージョンとなります。『アルファポリス』でも連載中!】

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 魔王が私達を滅ぼそうとしています!どうかお救い下さい!と言われて異世界に強制召喚・・・された先がいきなり魔王の前だったんだけど!! Plus
作者名 アインシュタインの笑顔
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 異世界 魔法 戦争 戦術 女子高生 男子高生 金髪少女 最強主人公 チート 転生/転移 ダーク シリアス コメディ 歴史 R15
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2021年7月10日 1時27分
最終投稿日 2021年7月25日 12時42分
完結日 -
文字数 51,473文字
読了目安時間 1時間43分
ブックマーク登録 32件
コメント 14件
スタンプ 115件
ビビッと 6件
応援ポイント 84,000pt
ノベラポイント 2,068pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 水底のうた ~ヤンデレ勇者に追放された回復術士、世界中のホモにけつを狙われるけど今更ノンケだと言われてももう遅い。誰か助けて~

    下ネタ渦巻くサスペンスファンタジー

    13,800

    0


    2021年7月30日更新

    ※このお話の主人公は世界平和を実現する目的のために暴力を一切使いません。チビッ子にも安心して読ませられる物語です。是非お子さんにも読み聞かせしてあげてください。(その結果何が起きても責任は負いかねます) 幼馴染グループの勇者一行のメンバーの一人、グリムナは平和を愛する性格で、魔物や悪人を片っ端から殺す勇者に疑問を持っていた。 そんなある日、人の言葉を解し、平和を愛するゴブリン『ネクロゴブリコン』と会って愛と平和をもたらす技、『魔法のキス』を授けられる。グリムナはそれを乱発して圧政を敷く代官を成敗する。 しかしある日、ホモ疑惑をかけられてツンデレ勇者にパーティーを追放されてしまう。 だがこれで終わりではない。ここからまさに! 決して心の折れることのないグリムナの戦いが始まるのだ。たとえ世界中のホモに貞操を狙われようとも、砂漠の真ん中でケツの穴から汚水を飲むことになろうとも、グリムナは決して平和をあきらめない! 正しいのは勇者なのか、それともグリムナか。 世界に平和をもたらすのは暴力なのか、それとも愛なのか。 戦え! グリムナ! 平和な世界はキミの粘膜のその先に!!

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:36時間15分

    この作品を読む

  • 異世界SNS

    魔王や勇者たち異世界住人のつぶやき

    1,235,126

    16,045


    2021年7月30日更新

    異世界SNSを運営しているイセッター社から正式に許可を得た上で掲載しております。 『やっと買ったマイホームの半分だけ異世界に転移してしまった』 https://novelup.plus/story/964939104 ※『異世界SNS』は他サイトにも掲載しています。

    読了目安時間:37時間49分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る