童話/絵本/その他 短編集 連載中

【Twitterフォロワー参加企画】人狼リプレイ風小説

作者からの一言コメント

小説というより企画モノです(*´ω`*)

予め用意(脳内作成)した台本を元に、登場人物に参加表明いただけたフォロワー様を配置し、【汝は人狼なりや?】を展開します。 (参加者様には予めご自分の配役のみお伝えしています。全体配役をしっているのは私だけです)。 最終日には読者様にアンケートとして投票先をご協力いただきますので、お気軽にご参加くださいませ! ※名前表示に画像を使用しているので「横書き」&「画像表示有」でご覧ください。 ※私が初心者なので、展開の難易度低めです! 途中間違いがあったり、上級者には物足りない内容だとは思いますが、生暖かい目で見守っていただけますと幸いです!

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 【Twitterフォロワー参加企画】人狼リプレイ風小説
作者名 ファル
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 人狼 企画 読者参加型
セルフレイティング 残酷描写あり
初掲載日 2020年9月15日 12時10分
最終投稿日 2020年9月26日 11時41分
文字数 38,818文字
ブックマーク登録 23件
コメント/スタンプ 169件
応援ポイント 62,600pt
ノベラポイント 88pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 軍隊のゴハンに興味はありますか?

    ♡920,699

    〇3,750

    エッセイ/評論/コラム・完結済・34話・78,030字 春ノ嶺

    2020年4月15日更新

    ミリタリー飯、それはカロリー爆弾、よくわからないもの、不味い缶詰、そんなイメージかもしれない。しかしそれは各国の技術と文化の集大成である、ゴハンを調べれば軍隊の強さがわかる、そう言っても過言ではない。 鉄砲や飛行機の話に飽きたならこっちにおいで、誰も傷付けないゴハンの話をしよう。 参考 ・世界のミリメシを実食する ・続・ミリメシおかわり! ・ミリメシの世界 ・ゲテ食大全 ・ミリメシハンドブック 実物提供 ・MOMCOM様 ・ヤフオクの皆様

  • 生意気最強メカ娘と往く空中都市の冒険譚

    ♡357,900

    〇2,434

    SF・連載中・67話・376,257字 新星

    2020年9月27日更新

    機械の四肢で空を駆けるメカ娘『奉姫』が人を支える空中世界『カエルム』 空の底、野盗に捕えられた奉姫商社の一人娘『アリエム・レイラプス』を助けたのは奇妙なAIと奉姫のコンビだった。 『奉姫の神』を名乗るタブレット、カミ。 『第一世代』と呼ばれた戦艦級パワーの奉姫、レミエ。 陰謀により肉体を失ったというカミに『今』を案内する契約から、アリエムの冒険が始まる。 カエルムと奉姫のルーツ、第一世代の奉姫とは? 欲する心が世界の秘密を露わにする、蒼空世界の冒険譚。 ・強いて言えばSFですが、頭にハードはつきません。むしろSF(スカイファンタジー) ・メカ娘を率いて進む冒険バトル、合間に日常もの。味方はチート、敵も大概チート。基本は相性、機転の勝負。 ・基本まったり進行ですが、味方の犠牲も出る時は出ます ・手足武装はよく飛びますが、大体メカ娘だ。メカバレで問題ない。 ※2020.3.14 たのの様(https://twitter.com/tanonosan)に表紙およびキャラクターデザインを依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます ※2020.8.19 takaegusanta様(https://twitter.com/tkegsanta)にメカニックデザイン(小型飛空艇)を依頼・作成いただきました。この場を借りて感謝申し上げます

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ツイッターでの呟き集

    ♡10,800

    〇160

    童話/絵本/その他・連載中・11話・1,366字 ほろね

    2020年9月28日更新

    ツイッターで呟いた言葉。 後々自分がゆっくり読み返せるようにと作成しました。 徐々に公開はしていきますが、こちらでの応援ポイント等の使用はなるべくお控え下さいますようお願い申し上げます。 だって勿体無いですもん。φ(๑❛ᴗ❛๑) ※全部予約投稿です

    タグ:

    ほろね専用

  • 声優とキャラの関係的な何かです。

    ♡42,700

    〇1,005

    童話/絵本/その他・連載中・312話・467,495字 空へ堕ちたい

    2020年9月28日更新

    自分は作家だ。いや間違えた。大人気作家だ。出す作品はヒットを飛ばし、映像化は既に前提化してるといっていい。そんな自分だが、悩みは尽きない。キャラの声優なんてその最たる例だといっていい。なにせ最近は色々な……本当に色々な事情を加味されて声優が決められる事がある。声優ビジネスも大きくなったから、キャラと声優の逆転現象がなんかが起きてる。それが自分的には……自分は理想の声優を追い求めてる。ただそれが願いなんだ。 私は声優だ。いや間違えた。売れてない声優だ。けど実力はあると勝手に思ってる。私は色んな声を出せる。声優という職業に恥じなく声を操れる。けど時代が悪いのか、私には仕事がない。けど私はしがみついてる。だって私は……声優と誰かに呼ばれたいからだ。