ミステリー 長編 連載中

死刑執行班・ユーラシア大陸支部

作者からの一言コメント

人殺しが許された職業のお話です。

読了目安時間:11時間35分

 この世界で唯一、人殺しが許された職業。  死刑執行人。  世界に3つしかない死刑執行班。俺はそのユーラシア大陸支部に勤めている。  犯罪に対する法律に革命が起き、1人殺した瞬間に即死刑。そして、死刑囚は被害者と同じ殺され方で人生の幕を閉じなければならないという法律が新しく制定された。これはその死刑囚を殺し、世を平和にするために人を殺す職に就く1人の男の話。  掃除屋────それは、大陸を震撼させている犯罪組織の呼び名だ。突如として活動を始めた組織、そしてもう一つの謎のグループ。死刑執行班は、正しき者のみを地獄に送ることを命じられ、三つ巴の戦争を始める。

前へ

次へ

前へ

作品情報

作品名 死刑執行班・ユーラシア大陸支部
作者名 島村るる
ジャンル ミステリー
タグ シリアス ダーク 男主人公 死刑 近未来 サイコホラー ミステリー 事件
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年12月6日 21時44分
最終投稿日 2021年7月23日 22時28分
完結日 -
文字数 347,531文字
読了目安時間 11時間35分
ブックマーク登録 7件
コメント 2件
スタンプ 23件
ビビッと 0件
応援ポイント 11,200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 瑠璃色の葬列

    とある一族の悲劇を描く、サスペンスホラー

    67,200

    0


    2021年7月23日更新

    表紙・挿絵イラスト:かにょ 【@niyo_0715 (https://twitter.com/niyo_0715?s=21)】 第一幕、第四節『死神の誘い・Ⅴ』修正致しました。 《あらすじ》 愛する祖母の死。 悲しみにくれる間もなく始まった、祖母の遺産と次期当主を巡る醜い争い。 その中で藍は『指輪』を受け継ぐ。 殺人事件の唯一の目撃者になってしまった藍。 藍につきまとう、殺人鬼と警察官の二つの顔を持つ瑠璃。 第一の被害者の助手を名乗る少年。 秘密を抱えた従兄弟たち。 暴かれる一族の秘密。 今、血に塗れた愛憎劇の幕が上がるーーー! シナリオ/本文:長場 工 原作/監修/イラスト:かにょ 毎日22時更新。 かにょ原作の「ソウルドールズ」のキャラクターたちをお借りした三次創作になります。 彼らがサスペンスホラーの世界で繰り広げる愛憎劇をお楽しみください。 ジャンルはミステリーに設定しましたが、謎解き要素はほとんどありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:58分

    この作品を読む

  • 凱旋計画 -善悪の彼岸-

    あらゆる不条理に命懸けで戦う物語

    4,550

    0


    2021年7月23日更新

    ――二〇一八年四月、日本、宮代県宮代市。 見慣れた街、行き交う人々。いつもの日常。 その水面下で蠢めく闇は、ついに地上へ這い上がってきた。 闇に飲まれ朽ちて行った数多の想いに報いるため、真なる闇と戦うため、若者たちは立ち上がる―― 『さぁ、時は満ちた。今こそ凱旋の時だ――』 ――降りかかる不条理を乗り越えろ。たとえその手を血に染めてでも――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:15時間22分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • RE:狂奔転生ブラッドヴラド

    キャッキャウフフなハートフルなお話♡

    22,400

    105


    2021年7月23日更新

    聖王歴215年、ヴラド・マルコシアスは死の淵に瀕していた。 自分を虫けら同然のように踏み躙った相手に対し、殺意を込めて叫んでも相手にされず。 次第に自分自身の存在価値が無意味であり無価値であると自覚し。 絶望という奈落の底に堕ちていくだけの身でありながら、ヴラドは声なき声で殺意を語った。 「……生ま……れ……。……ったら……。こ……す……」 その殺意こそが、慈悲を乞うための祈りである。 祈りを聞きし者がヴラドに応える――第二の人生を与えん、と。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 【自主企画】天才フェス

    天才だよ!全員集合!

    61,400

    45


    2021年7月24日更新

    物語を彩る天才達。彼らの魅力は私達を惹きつける。 欲張りな私は考えた。そんな天才達を集めた宴は最高に楽しいはずだ、と。 ならば、天才であるこの私が開催してしまえばいい! それが天才フェス。 是非、楽しんでいってくれ。あわよくば、参加してくれ!! ※表紙絵は藤原アオイ様に書いていただきました!ありがとうございます!!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む