Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

冥葬刑事カロン

読了目安時間:4分

第三章

第16話 死者を撃つなら小さな音で

「立って歩いて本当に大丈夫?」  処置室から出てきた俺を見て、沙衣が悲鳴に近い声を上げた。 「ああ。医者も「本当にさっきついた傷なんですか」って驚いてたよ。ナイフを抜いておいて正解だった」  俺は刺された腹を撫でさすりながら言った。刺創の深さはすでに刺された直後の半分以下になっていた。  普通ならあれこれ質問攻めにされかねないところだが、俺を診た医師はあっさりと俺を解放した。牛頭原の知人だけあって訳ありにはそれ以上踏みこまないのだろう。 「だって、ナイフで刺されたはずよね。たしかに見たわ。刃がこう、深く刺さって……」  沙衣の丸い目は興奮で、いつもの倍ほどに大きく見開かれていた。 「言ったろう、俺の命は借り物だって。気をつけなきゃならないのはむしろエネルギーの方なんだ。病院で検診だの点滴だのって無駄なことをするより、アパートで寝ていた方が回復が早いのさ」 「信じられない話ね。……まあ、あの五道って人のやることも信じられないけど」 「これからはああいう手合いばかりになる。捜査中はできるだけ俺から離れない方がいい」 「それってつまり、刺されるとかそういうこと?」 「刺されるくらいで済めば御の字だ。俺はともかくお前さんには……」  俺が危険と遭遇した時の心構えを説こうとした、その時だった。廊下の突き当りに白衣を着た複数の人物が姿を現した。皆、一様に無表情でまっすぐ俺たちの方を見つめていた。 「何かしら……回診?」  沙衣がそう口にした直後、白衣の人物たちが一斉に武器のようなものを構えた。 「銃だ!サイレンサーが付いてる」 「嘘っ、こんなところで?」 「伏せてろ、ポッコ!」  俺は沙衣の前に立ちはだかると、身体の奥で眠っている死神を叩き起こした。  ――おい、悪いが出番だ。  ――ふむ……なんだ、いきなり。  頭の中に死神の声が響くのと同時に、熱く灼けた塊が俺の身体をえぐった  一発……いや、二発だ。高速で撃ちこまれた弾頭は俺の内臓と筋肉を一緒くたに引きちぎって止まった。  俺は床に膝をつき、死神の登場を待った。やがて意識が身体の奥に吸い込まれる感覚があったかと思うと、巨大な闇が俺の身体を支配した。  ――またせたな。……どれ、わしが相手をしてやろう。  俺は死神の目で、銃を構えている連中を見た。皆、死神の気配を感じとったのか、それまで虚ろだった目を恐怖に見開き、おののいているのがはっきりとわかった。  ――そうれ、あいさつ代わりだ。  死神が「大鎌」をふるうと、敵の手から銃が一気に薙ぎ払われた。「大鎌」が見えたのかどうかはわからないが、ほぼ全員が恐怖に青ざめながら血のにじんだ腕をさすっていた。  ――お次は、これだ。  死神が大きく口を開けると、中から黒い塊が大量に吐き出された。廊下に溢れた塊は黒い鼠の姿となって駆け出し、敵に襲いかかった。 「うわあああっ」  幻の鼠は白衣の集団に飛びかかり、首筋や腕に噛みついた。幻とは言っても痛みは本物なのだ。やがて一人が悲鳴を上げて逃げ去ったのを機に、他の仲間たちも次々と退散を始めた。  ――どれ、弾を抜いてやろう。  敗走する敵にひとしきり高笑いを浴びせた後、死神は「俺」に語りかけた。  死神は俺の身体を壁に持たせかけると、骸骨の指を俺の腹にめり込ませた。死神が指を抜くと、誘われるように弾頭が体の外に零れ落ちた。同時に銃創がゆっくりと塞がってゆき、ものの一分足らずで俺の腹は元の状態に戻った。  ――それでは、わしは寝に戻る。あまり頻繁に起こすのではないぞ。  死神が心もちけだるい声で俺に告げ、俺の意識が改めて自分の身体に吹きこまれた。  俺は立ちあがり、沙衣の方を見た。床にしゃがみこんで青い顔をしている沙衣は、俺と目が合うと口をぱくぱくさせた。 「驚かせちまったな。……だがこれが俺の戦い方なんだ。少しは慣れてもらわないとな」  俺はそう言うと、何気に自分の左手を見た。そしてはっとした。手首の色が、灰色になっていた。まだエネルギーが切れる時間じゃない。死神を呼んだせいか?それにしてもこの減り具合は尋常じゃない…… 「カロン、もう帰りましょ。今日の捜査はおしまいよ」  沙衣はそう言うと、健気にも俺の手を引こうとした。俺は「大丈夫だ」と先に立って歩こうとしたが、不覚にも足がふらつくのを止めることができなかった。 「ほら、言わないこっちゃない。今日のところはおとなしく私に部屋まで送られなさい」  沙衣はそう言うと、携帯でタクシーを呼び始めた。俺は珍しく、それもいいかもなと思った。どうせここからは血みどろの戦いになるのだ。半日くらい、休憩してもいいだろう。 「カロン……そういえば、カロンのアパートって、どのあたり?」 「タクシーに乗せてくれればいいよ、今日はもう解散だ。ご苦労さん」 「駄目です。ちゃんと部屋に入るのを見届けるまでが、捜査です」

Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ALCHERINGA[地]現夢境島

    「また一緒に夢を見よう」

    0

    0


    2021年8月2日更新

    創作クラスタが死んだ!この人でなしー! あっお迎えが来たわよ^〜 (シリアスです)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ヒモ探偵

    推理とは99%妄想と1%の運である

    2,200

    0


    2021年8月2日更新

    この世界は不平等だ。 人類の9割以上が異能力を持っているこの世界では無能力者が迫害されている。 能力を持っていないというだけで学校には通えず、職に就くことも出来ない。 このような世界に無能力者として生まれてしまった青年、東雲伊織は親に捨てられ現在無職。その為、収入がなく、幼馴染みに養われている状況だ。 いわゆるヒモである。 そんなある日。異世界からやってきたエルフの王女が誘拐されるという事件が起きる。 たまたまその現場近くにいた伊織は持ち前の推理力とハッキング技術を駆使して、これを解決へと導いた。 そして、この事件をきっかけに彼の運命は大きく動き出すのだった……。 「カクヨム」様でも投稿しています。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    901,050

    5,470


    2021年7月25日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む

  • アラサーニートお姉ちゃんとピッチピチのJKたち

    年寄りくさいと言わないであげて

    4,300

    0


    2021年8月2日更新

    身体は妹でできている――姉はそういうものだ。 エクスカリバーを持ったアーサー王であろうとも妹がいれば、身体は妹でできていると語るであろう。

    読了目安時間:18分

    この作品を読む