恋愛/ラブコメ 短編 完結済

吸血男子 月夜野 緋叉弥は抗えない。

作者からの一言コメント

これはもうひとつの恋愛物語。

吸血男子 月夜野 緋叉弥は抗えない。の表紙

主人公:月夜野 緋叉弥(つきよの ひさや)高校1年生。 この物語は「吸血女子 八剣血波は青春する。」と同じ世界で暮らすとある高校生達の物語です。 吸血鬼が市民権を得た現代日本で、人間の血液を必要とする、いわゆる先祖返り。 これは、先祖返りの高校生と人間の少女との恋愛を描いた物語です。 ※今回は3話にて完結となりますが、本編「吸血女子 八剣血波は青春する。」の章が進む毎に再開する予定です。 ※本編を知らなくても読んでいただける内容となってます。本編を読まれていない方で、こちらがお気に召して頂いた方は、かなり更新が空きますので、是非ブックマークと通知の設定をお願い致します。 ※表紙はミカスケ様のフリーイラストを使用させていただいております。 ※こちらの作品は本編「吸血女子 八剣血波は青春する。」及び「小糸味醂の短編集」にリンクが貼られています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 吸血男子 月夜野 緋叉弥は抗えない。
作者名 小糸味醂
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 男主人公 現代日本 学園 ノベプラオンリー 恋愛 吸血鬼 先祖返り 高校生 バンド 青春
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年3月4日 18時03分
最終投稿日 2021年3月4日 18時03分
完結日 2021年2月25日 16時37分
文字数 5,650文字
ブックマーク登録 5件
コメント 5件
スタンプ 6件
ビビッと 0件
応援ポイント 4,200pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 空き机の祥子さん

    五十嵐浜高校一年三組には伝説があった。

    402,301

    7,991


    2021年1月20日更新

    県立五十嵐浜高校一年三組の伝説、空き机の祥子さん。祥子さんの机に願い事を書けば叶うという。だけど書かれるのはいつも相談ごと。そして解決するのは陽向と裕美の凸凹コンビ。学園ミステリ開幕です。

    読了目安時間:2時間19分

    この作品を読む

  • 【カクヨムコン中間選考突破】 【日間3位獲得】 追放された主人公フライがその能力を覚醒させ、成り上がりっていく物語 主人公フライ。 仲間たちがスキルを開花させ、パーティーがSランクまで昇華していく中、彼が与えられたスキルは「精霊王」という伝説上の生き物にしか対象にできない使用用途が限られた外れスキルだった。 フライはダンジョンの案内役や、料理、周囲の加護、荷物持ちなど、あらゆる雑用を喜んでこなしていた。 外れスキルの自分でも、仲間達の役に立てるからと。 しかしその奮闘ぶりは、恵まれたスキルを持つ仲間たちからは認められず、毎日のように不当な扱いを受ける日々。 そしてとうとうダンジョンの中でパーティーからの追放を宣告されてしまう。 「お前みたいなゴミの変わりはいくらでもいる」 最後のクエストのダンジョンの主は、今までと比較にならないほど強く、歯が立たない敵だった。 仲間たちは我先に逃亡、残ったのはフライ一人だけ。 そこでダンジョンの主は告げる、あなたのスキルを待っていた。と──。 そして不遇だったスキルがようやく開花し、最強の冒険者へとのし上がっていく。 一方、裏方で支えていたフライがいなくなったパーティーたちが没落していく物語。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:8時間21分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • さようならのかわりにありがとうをもういちど

    僕は僕で僕ではなかった。

    800

    0


    2021年5月7日更新

    それは、僕であり、それは僕ではなかった。 ひとりぼっちの寂しい世界。 誰も僕には構ってくれなかった。 僕は誰? 君にとって僕は必要? 答えは、誰にもわからない。 だって、答えは、君の心の中にあるのだから…… この物語は、僕とレックリングハウゼン病(通称レック)の少し切ない物語。

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

  • 愛と友情は紙一重!~オタサーの姫と非モテ童貞陰キャオタクが結ばれる(意味深)までの物語~

    醜い人間共の恋愛が、尊くってたまるか。

    0

    0


    2021年5月7日更新

    ◇注意事項◇ 本作はテーマの都合上『オタクや性別など様々な物に対する偏見・差別』『物議を醸すようなセリフや展開、独白』『倫理的に受け入れ難い内容』『やや不謹慎とも取れるネタ(ブラックジョークや皮肉)』『下ネタ・性的表現』『その他読者を不快にさせる内容』などが多分に含まれています。 反骨心旺盛で書いておりますので、不快に思われた方、見たくないと感じた方はブラウザバックをお願い致します。 ◇ ◇ ◇ ◇ 「……クリスマスにイルミネーションデートってめんどくない? 家でスマ○ラしてた方が楽しい」 「僕もそう思う」 姫川詩子(ひめかわうたこ)、20歳。大学のオタサーにて清楚でゆめかわいい「姫」を演じている彼女は、ビニコンで安い発泡酒とツマミを買っているおおよそ女らしく無い姿を同じ大学の変人陰キャ男の河野真白に見られてしまう。 すっぴんジャージのズボラ姿を大学内に漏らされたくなかった彼女は、河野に対し「この事は絶対周りに言わないで」と頼み込む。もとより言うつもりのない河野はそれを了承し、その日二人はその場を後にする。 二人はそんな出会いをきっかけに接点が増えていく。当初こそ変人陰キャである河野をキモイと嫌悪していた姫川だったが、なんだかんだと関わる内に、彼が悪い人間ではないと理解し、「友人」として付き合っていくようになった。 しかし一般に男女の友情とは成立し難いモノで。二人の関係は様々な出来事から影響を受け、徐々に、徐々に「友人」から「恋人」へと変化していく。 これは、気持ちの悪い性格の女、姫川詩子が、気持ちの悪い男、河野真白と、精神的・性的に結ばれるまでの物語である。 ※小説家になろうの方でも投稿しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:36分

    この作品を読む