現代/その他ファンタジー 長編 完結済

紡がれた意思、閉ざされた思い

作者からの一言コメント

何もできない私。私はここで生きていきます

読了目安時間:3時間4分

総エピソード数:15話

紡がれた意思、閉ざされた思いの表紙

 尊敬する上司と頼れる仲間。何もできない私。でも、私はここで生きていきます。  火消し部隊。  システム屋の中に有っても異色な部隊。  専門職が強いIT業界にあって、その専門家の中ならエキスパートと呼ばれる者たちが集まった。本来存在してはならない部隊。  日々の仕事は炎上している現場の鎮火。  今回の現場は病院施設が併設された介護老人ホーム。  行政の監査も入る事が考えられる。少しの行き違いで、簡単に大火になってしまう。  そして、火消し部隊は今までに経験したことがない鎮火作業に挑むことになる。 注)IT業界の話です。  専門的な言葉がありますが、なるべくわかりやすく書いていきます。  異世界転生物の序章で書いた物を構成しなおした物です。異世界転生はしません。

前へ

1-15

次へ

前へ

1-15

次へ

作品情報

作品名 紡がれた意思、閉ざされた思い
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 現代日本 IT企業 火消し部隊 逆恨み ちょっと切ない 第1回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月19日 13時08分
最終投稿日 2019年5月19日 13時14分
完結日 2019年5月19日 13時14分
文字数 92,158文字
読了目安時間 3時間4分
総エピソード数 15話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ハロウィンのシンデレラ 〜Be My Guest?〜

    継母にいじめられる少女と無精髭

    0

    0


    2021年10月22日更新

    ハロウィンの夜、代わり映えのしない日々に飽き飽きしていたエレインの前に現れたのは、無精髭の顔にぼさっとした長い髪を一つに括った怪しい男。 迎えに来たと告げる彼が示したのは、オレンジ色の大きなカボチャ。 差し出された手を取った彼女が見るのは、煌めく魔法の夜か、はたまた悪夢か。 妖しく輝く赤い月の下、不思議な夜が始まります。

    読了目安時間:8分

    この作品を読む

  • 10秒で読めるファンタジー

    忙しい人向け

    58,661

    80


    2021年10月22日更新

    140字以内でなんか気軽に読めるもの書いてみようかと 毎日12時更新目標で 主にギャグメインでサクッと読めるテイストにしようかと思います。 あまり前提知識がいらない四コマ漫画的なノリで書いてます。 気に入りましたらブックマーク、応援していただけると作者のモチベが爆増します。 ○すぐわかる登場人物 勇者:魔王とともに巻き込まれる形で異世界から召喚された記憶喪失の勇者 魔王:勇者と共に召喚されたのじゃロリ魔王、頭に竜の角が生えてる。愛称はグリモア キモオタ:勇者と魔王を召喚した張本人で所謂一昔前のテンプレオタク。魔王に偏執的な感情を持つ。語尾は「お」 女神:勇者をそそのかすスケバン駄女神。愉快犯。天使の取り巻き舎弟達がいる。本名はモトコ モヒカン天使:女神のお気に入り舎弟天使の一人、世紀末ぽい格好の癖に塩顔で常識人。 ベルゼブブ:魔界No2の蝿の悪魔。でも本体は蠅叩きで撃退されるほど凄く弱い。人間体は派手なピエロ風。厨二病持ち。愛称はベル。 ゼエラ:ベルゼブブの妹、魔王と兄に心酔している。兄同様道化風の格好。ヤンデレ。外法少女に変身できる。 悪魔伯爵令嬢マリアンヌ:ベルゼブブの婚約者(自称)、全てのものが自分中心に回っていると勘違いしている痛い子。 現代/その他ファンタジーで過去最高日間13位獲得

    読了目安時間:28分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 生物部員はコスプレイヤーの夢を見る

    レイヤー女子と、生物部男子の邂逅は!

    4,100

    0


    2021年9月20日更新

    生物部である男子高校生たちは、同人誌やコスプレデビューを目指し、先達や異性との出会いの中、リア充なオタクライフを満喫する。 って、スムーズに青春出来ると思ってました。 笑えて、コスプレのノウハウもわかって、さらに泣ける展開もあるかもしれない、ラブコメディ。 2021/10/06 第1話にキャラ立ち絵8点追加。

    読了目安時間:45分

    この作品を読む

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    355,900

    11,200


    2021年10月19日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間57分

    この作品を読む