現代/その他ファンタジー 長編 完結済

紡がれた意思、閉ざされた思い

作者からの一言コメント

何もできない私。私はここで生きていきます

読了目安時間:3時間4分

総エピソード数:15話

紡がれた意思、閉ざされた思いの表紙

 尊敬する上司と頼れる仲間。何もできない私。でも、私はここで生きていきます。  火消し部隊。  システム屋の中に有っても異色な部隊。  専門職が強いIT業界にあって、その専門家の中ならエキスパートと呼ばれる者たちが集まった。本来存在してはならない部隊。  日々の仕事は炎上している現場の鎮火。  今回の現場は病院施設が併設された介護老人ホーム。  行政の監査も入る事が考えられる。少しの行き違いで、簡単に大火になってしまう。  そして、火消し部隊は今までに経験したことがない鎮火作業に挑むことになる。 注)IT業界の話です。  専門的な言葉がありますが、なるべくわかりやすく書いていきます。  異世界転生物の序章で書いた物を構成しなおした物です。異世界転生はしません。

総エピソード数:15話

作品情報

作品名 紡がれた意思、閉ざされた思い
作者名 北きつね
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス 現代日本 IT企業 火消し部隊 逆恨み ちょっと切ない 第1回ノベプラ大賞
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年5月19日 13時08分
最終投稿日 2019年5月19日 13時14分
完結日 2019年5月19日 13時14分
文字数 92,158文字
読了目安時間 3時間4分
総エピソード数 15話
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 300pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 繋物語ツナギモノガタリ

    わたしは独りじゃない。

    300

    0


    2023年2月6日更新

    シズクが目を覚ましたとき、耳から聞こえたのは友達の断末魔だった。 意識が戻り、ゆっくりと目を開けると、ひんやりとした地面の感覚と、身動きのできない束縛感がシズクを襲った。 友達は、目の前で複数人の男たちに囲われ、リンチを受けていた。 シズクは友達の名前を必死に叫ぼうとするが、口を塞がれ、暴行を受ける。 昔から本を読むことが好きで、今まで度胸も無かった主人公は、仲間の力を借りて、シズクを助け出す。 仲間もいなかった頃に彼女と共に書き綴った小説を見て、主人公は回想する。 主人公は決意を新たに、この世界から悲劇を無くし、消えた彼女を探し出すことを再び誓う。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間0分

    この作品を読む

  • The Raptor 〜世界一諦めの悪い兄妹の裏レート闘牌記〜

    高レート麻雀に挑む血の繋がらない兄と妹。

    4,100

    0


    2023年2月6日更新

    Raptor(ラプター)。英語で猛禽類の意味。ラテン語で略奪者の意味。 両親が再婚し兄妹となった不良少年と優等生。 “家族”になった直後のお互いの印象は「時代遅れの不良、近づかれるのも不愉快なタイプの男性」「人生で絶対に関わりたくなかった高飛車女」だった。 直後に両親は不幸な事件で亡くなり、残ったのはお互いの存在を不快に感じる兄と妹のみ。 ───しかし。 のちに兄妹は裏世界で『The Raptor 』としてその名を轟かせていく。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:41分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 最強の女騎士さんは、休みの日の過ごし方を知りたい。

    彼女は知る。休日を満喫するという事を――

    422,271

    5,060


    2023年2月5日更新

    ―― 王国歴 221年。 世は混迷を極めていた。 魔物、魔獣の襲撃に王国の防御は疲弊し、民の恐怖は限界に達す。 その混乱の世に、光が差し込む。 王国騎士団。 剣技、知略、諜報に優れたその集団の活躍は瞬く間に国全土に広がり、平和と安寧をもたらすのであった。 エリートばかりの騎士団の中での、絶対的エースの存在がその活躍の源。 ルーティア・フォエル。別名『稲光の騎士』。 雷光のように鋭く、伸びる穂先のように枝分かれする華麗な剣技を持つその騎士は――女性であった。 これは、彼女の闘いの―― ――ではなく。 彼女の、『休日』との闘いの記録である。 生まれも育ちも城で育った彼女は、幼い頃から国のために剣技に明け暮れていた。 そのため、彼女は『休む』事を知らない。自分の身体は国のため、民のためにあると、信じていた。 しかし、国王の心配は増すばかり。 若く美しい女騎士は、未だに自分の人生を全くといっていいほど謳歌していないのであった。 国王は告げる。「休日を満喫する事」を。 そして、王国からの刺客により、ルーティアは知るのだった。 ――『休日』を。 ※この作品の世界観は『極めて現代日本に近いファンタジー世界』です。緩い目で見ていただけると幸いです。 ※一話につき七分割しています。不定期連載となっております。 ※この小説は他サイトと重複投稿を行っております。 ※表紙イラストは ゆせーぺん さん(@glenlivet_speys)に描いていただきました!ありがとうございます。

    読了目安時間:12時間19分

    この作品を読む

  • 悪神の子 放浪記

    アジア風異世界ファンタジーです。

    86,900

    780


    2023年2月5日更新

    西洋風でない異世界ファンタジー。転生・転移なし。 ──よみがえるのは、過去の伝説か、英雄譚か、はたまた呪いか。

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:3時間57分

    この作品を読む