ADHDと双極性障害を抱えた人生崖っぷちオタクOLの物語

第2話 気付けば半年寝たきり状態

5月に書いた序章を読んで、ああ、あの頃はどうだったか等と想いをはせても思い出が無いくらい、今日に至るまでの私は病に振り回されていた。 2018年12月に職場で倒れ、2019年2月から欠勤し、同年4月から休職に至った私だが、その間私は何も食べられなかった。 言葉の通りだ。 何一つ、食べられない。 お粥すらも口に含めば戻してしまったし、ポカリスエットですら時には戻した。 吐き気は断続的に襲い掛かり、日がな一日トイレで過ごし、時にはトイレで眠っていた(気絶していたのかもしれない そんな状態で外に出られるわけもなく、友人に手伝ってもらいながら病院に行き、それ以外の時はずっとマンションの部屋に閉じこもっていた。 買い物は全てネットスーパーで済ませ、吐くと分かっていても食べる努力はしていた。 そして5月、私はあまりのどん底さに苦し過ぎてエッセイの序章を書いた。 誰かに吐露したかった。 それが根源にあったのだと思う。 私が死ねば肉体は消えるだろう。 だが、電子情報の私はきっと消えずに生き続けるのだ。 書籍であれば100年ほどで忘れ去られるものも、電子データであればそれよりも遥かな未来まで生き続けることができる。 フェイスブックもツイッターもラインも、そしてこのエッセイも。 現実の個を失ったとしてもデータ上の個は残るのなら、残してみようかと。そう思ったのだ。 前回の序章を書いてから、私は痩せた。 昨年の会社の健康診断の時より16キロ落ちていた。 食べられず動けずでは、筋肉は落ち、内臓脂肪も消費され、皮下脂肪が弛む。 油分を摂取していないから、皮脂も足りず、肌はボロボロ。 髪もドライヤーを当ててやることすらしないので艶を失った。 そもそも、だ。 双極性障害の鬱期は、日常生活に非常に大きな支障が出るのだ。 私の症状としてハッキリと出てくる症状はこれだ。 ・過眠 ・嘔吐 ・下痢 ・不安感 ・身体を清潔に保つ行為が出来ない(風呂、洗顔、歯磨き等 ・身の回りを清潔に保てない(掃除、片付け、ゴミ出し等 ・食欲減退(ゼロともいう ・一人での外出が困難 これらが私の鬱期の特徴的な症状だ。 トイレが一番安心する場所であり、眠っているか吐いているか、と言うような状態になる。 それはもう、死にたくもなるだろう? 吐くという行為そのものが通常でも人を疲弊させるだけのエネルギーを必要とするのに、病人ならば如何ばかりか。察して余りあるだろう。 だが、私はただ吐いて眠っていたわけではない。 背負った借金は不安を煽るし(自業自得でもだ)金銭的な余裕は心のケアに必要だと判断した。 そこで私は考えた。 ADHDは先天的疾患であり、加えて双極性障害でこれほどまでに日常生活に困っているのであるならば、厚生障害年金の受給が受けられるのではないかと。 スマホで色々と調べ、成功報酬型の社労士事務所を見つけた。 相談だけならばタダ。 ならばと私はトイレから電話した。 これがどん底から這い上がる一歩だと信じて。

おそらく2019/09頃の内容です。 (スマホからだと日付が見れなかったので後日確認します

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • あなたの普通って何ですか?

    ♡2,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・5話・17,179字 昆布茶

    2020年11月28日更新

    この世界には魂と心から発生するとされている、摩訶不思議なエネルギー、魂心力(こんしんりょく)というモノが存在している。魂心力〈こんしんりょく〉を使って戦う者たちは、魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉と呼ばれ、主に超常の異形などの怪異や、悪鬼となった魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉などを倒すため世界の裏側で戦っているのだ。 しかし未だ魂心力(こんしんりょく)のすべてを解明できているわけではない。 魂と心とは簡単に解明できるモノでもないし、仮に解き明かしたときにそれがどのように世界を変革させるかは誰も想像出来ていない。 されど、この世界の人々は戦う。超常の異形や怪異などに人々の安息を壊すことなどは許さないし、許していいわけがないのだ。 そんな中、一人の魂心術者〈こんしんじゅつしゃ〉に子供が生まれようとしていた。 今、生まれようとしている赤子のいた世界と限りなく近く、限りなく遠い世界。それがこの世界のおおまかな概要である。 その世界に落とされた赤子の前世は普通になりきれなかった男。 普通になりきれない男のチンケな泥だらけの戦いの軌跡がこの物語である。

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡217,100

    〇350

    異世界ファンタジー・連載中・82話・392,954字 普門院 ひかる

    2020年11月29日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2020/11/11 部門別日間ランキング5位)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る