ADHDと双極性障害を抱えた人生崖っぷちオタクOLの物語

第5話 そこに土方という山があったから私は登った

今日の話はオタクとしての話だ。 だが、今の私の病状がよく分かる内容にもなっている。 気が向いたなら、どうかスルーせずに読んでみてほしい。 昨夜、私のもとに友人からとある情報が齎された。 【十月四日から東京都日野市と薄桜鬼がコラボイベントをやる】 というものだ。 私は都内に住んではいるが日野市の事は知らなかった。 なんでも土方歳三の生まれ育った地であり、墓所のある土地なのだそうで。 私は史実の新選組についてよくは知らない。 だが、薄桜鬼は別だ! 学生の折、夢中で土方歳三を攻略した。 風間千景も攻略した。五稜郭での土方歳三を見届けたくて。 故に、この話を聞いた私は「やるしかねぇ」と思った。 話を聞けばコラボイベントはスタンプラリーなのだという。 新選組ゆかりの地を訪ねてスタンプを5個集めるとコラボ限定のポストカード二枚組が貰える。 つまり【非売品】Not For Sale! かつての懐かしい記憶が蘇る。 そうだ、私は何度も涙したじゃないか、と。 あの、愛した土方歳三の新規描き下ろしのイラストのポストカードだぞ!? やらずにいられるか、いや無理だ。 軽躁状態の今の私はやると決めたら止められない。 「明日、日野行くわ」 即決である。 体調?知るか。 んなもん、根性で行くんだよ!! そんな思考の私に向けて、友人がぼそりと言った。 「あのね・・・・・・・凄く言いずらいんだけど、コラボグッズも出るんだって・・・・・・」 は? え、ちょっと待ってくれ。 今、なう、薄桜鬼のグッズが出る?? 金銭的に余裕は無い私に、それを言う? 「絶対に買っちゃだめだよ!!」 友よ、許せ。 聞いた時点で、それは無理だ。 それがオタクというものだろう? 「三限でも一つしか買わないから」 そうだ、いつもなら保存用と観賞用と二つは買う。 だが、今回は一つしか買わない。 それならば許されるだろう? いや、許しなどいらぬ。 我は、買う。 食費を削ってでも。 「買っちゃダメ!!!」 「いや、もう確定的に明らかに無理」 グッズの情報を検索し、計算する。 今ある食材を使えば、このグッズを買うだけの金は捻り出せる。 あとは交通費がネックか。 おそらく乗り降りを繰り返す事になるし、距離的にも遠いところがある。 バスとモノレールを使うことになるだろう。 おおよそ千円程度だろうか。 千円。 それでグッズが一つ買える。 即座に私は、日野に住む友人に連絡を入れる。 「自転車貸して」 ラインでのやり取りはものの数分で終わった。 これで交通費も掛からない。 必要なのは走り切る体力と根性だ。 「私は止めたからね!?」 友よ、止めてくれるな。 今ここに土方と言う山がそびえているのだ。 ならば登るしかあるまい。 それがオタクの愛というものだ。 三時間ほどの睡眠をとって、私は友人に借りた自転車で午前中にスタンプラリーを開始した。 まずは日野駅。 そして日野宿本陣へ行き、日野宿交流館でグッズを買う。 今回のコラボグッズは全て買うには二か所を回らないといけない。 日野宿交流館と新選組のふるさと歴史館の二つだ。 そして歴史館にもスタンプは置かれている。 次の目的地は決まった。 スマホの画面を見れば割と近い。 楽勝だと思った私の前に、しかして現れたのは、大いなる上り坂だった。 アシスト付きではない自転車では前に進めないほどの、坂だ。 試されている。 そう思った。 「この坂を登れぬ者に、土方は微笑まぬという事か」 いいだろう、受けて立とう。 ―――素直に私は自転車から降りて、押して歩いた。 しかして歴史館に到着した私はグッズを買い、スタンプを押した。 待っていたのは土方ではなく、斎藤一だったのだけども。 水分補給をしながらマップを見て次の目的地を絞る。 行くべきは高畑不動尊、石田寺、万願寺駅だ。 これらはかなり距離がある。 さすがにルート案内が無いと分かりにくい。 私はグーグルマップを自転車にセットして走り始めた・・・・・・が、すぐに後悔した。 ナビされる道が、道ではないからだ。 獣道?土手? そうとしか形容できないような道を行けという。 無茶言うな。 急遽別アプリでナビゲーションさせたが、いやはや遠い。 しかしあと三か所回れば、私はポストカードを手に入れられるのだ。 行くしかない。 道中は影が無く、直射日光にさらされる。 日焼け止めを塗ってはいたが、それでも肌はほんのりと赤く焼けている。 そして、暑い。 だが、なんとか私はスタンプラリーを完走して、ポストカードを手に入れることが出来た。 土方という名の山を登り切ったのである。 だが、 自転車を返し、自宅に帰った私はそこで力尽きた。 ”盗んだ(借りた)バイク(自転車)で走り出す~  行き先も解らぬまま(グーグルマップ)~” 疲れ果てた私の脳内を変え歌が流れていく。 今これを書いている私の太ももは、すでに筋肉痛が出始めている。 眠気は来ないが、腰が痛い。 明日は、どうなることやら、だ。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 小説家たちの異能力バトル!

    ♡789,476

    〇20,528

    歴史/時代・連載中・126話・460,722字 芥生夢子

    2020年11月24日更新

    少し不思議で、大正浪漫と文学の香りが漂う物語。 舞台は大正四年。 初仕事の原稿依頼を成功させるため、張りきって東京までやってきた新人編集の主人公・虎丸。 謎に包まれた美貌の幻想文学作家・八雲に会えたはいいが、なぜか原稿と引き換えにあやかしと闘うことに。 結局、五人の小説家が暮らす怪しい洋館に居候することになってしまった。 彼らの書く文字には不思議な力が宿っており、次々と怪現象が起こっていく── 文字と言葉の力を操る小説家たちの大正ファンタジー! ※イラストは漫画家の神風銀さまに描いていただきました。(★のついた話が挿絵入り) ※実在する作家や作品の名称も登場しますが、ストーリーに絡むものはすべて架空です。

  • 村を失った村人Aは何になる?

    ♡84,250

    〇1,510

    異世界ファンタジー・連載中・64話・158,813字 月島かな

    2020年11月29日更新

    西暦があれば1800年頃――竜紀400年 「共生」を愛する〈オリギ・マギカ〉 「秩序」を重んじる〈X-FL〉 「調和」を示す〈薄氷〉 かつて世界を揺るがした〈塔〉を監視する三つの魔法協会 それらは世界を三分割し、統治していた 「戦争なんてあるはずがない」 少年ジッカの平和の日々はある日、〈災害〉によって一瞬で壊された その〈災害〉はこの世界特有の、魔法を使ったものに下る罰則、〈竜災〉 〈勇者〉を巡る世界の陰謀に巻き込まれたジッカは、世界を旅する謎の少女――リオンと出会う ただの村人が仮そめの平和を暴くため、世界に挑む冒険譚 これは、ハズレくじを引いた者たちの魔法世界への反抗記録 第Ⅰ部 糸を辿る物語 第一章 結ばれた糸 全10話 第二章 時鐘つきのいない村 全15話 第三章 邂逅、衝突 全19話 第四章 錬金術師の屋敷 全11話 第Ⅱ部 〈賢者の石〉 第五章 〈オリギ・マギカ〉潜入 1話〜 ※第一部完結ありがとうございます! ※表紙はみゃこ様(@myako_crafts)よりいただきました。 ※ジャンル日間3位ありがとうございます。 ※スキル・チート要素はありません。 ※現在、固有名詞とふりがなの混在が発生しております。順次修正していきます。 ※二日に一度の更新ペースです。 ※次回更新→11/29㈰ スタンプはもちろん、コメントお待ちしております!!

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る