童話/絵本/その他 短編 完結済

敗者の街 ― Merry X'mas ― ※番外編

作者からの一言コメント

本編の雰囲気は粉砕されております。

「敗者の街 ― Requiem to the past ― 」の番外編です。クリスマスなので書きました。 本編のネタバレしかない上にカオスギャグなので、ご注意ください。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 敗者の街 ― Merry X'mas ― ※番外編
作者名 淡月悠生
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 敗者の街シリーズ クリスマス ギャグ コメディ 西洋風 BL
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年11月18日 16時43分
最終投稿日 2019年11月18日 16時45分
文字数 11,287文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 0件
ビビッと 0件
応援ポイント 0pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 日常系現代青春/10.14〜改稿中

    ♡320,235

    〇4,488

    現代/青春ドラマ・連載中・66話・180,683字 なずな

    2020年11月25日更新

    高校一年生の春、君と出逢った。 青空のような澄んだ瞳。春空の下、目があったその瞬間から、僕の世界が変わるようなーーそんな気がした。 いつもの風景、いつもの学校生活。 繰り返す季節と日常の中で成長していく、僕と君の物語。 毎週水土更新

  • 吸血鬼を殺すため――私は転生する

    ♡6,900

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・20話・63,641字 小桜 丸

    2020年11月26日更新

    この世界には人道を外れた吸血鬼を粛正をする者たちが存在する。その者たちは前世の記憶を全て引き継ぎ、人間の肉体の質を高める"転生"を武器にするため――"ReinCarnation"と呼ばれていた。 その中に、唯一神を嫌悪する者がいる。その名は"Hybris(ヒュブリス)"。彼女は吸血鬼を死滅させるため、"ReinCarnation"として幾度も転生を続けていた。 物語の始まりは千年後。転生をした彼女は半分人間・半分吸血鬼の身体となり、刻まれた紋章も"ЯeinCarnation"。彼女は与えられた"アレクシア・バートリ"の名と共に、劣悪な環境である孤児院へ送られる。火蓋の切られ方は至上最悪な形。過去の同期は既に殺され、吸血鬼が優勢な時代。 これは人類の栄光と――彼女の生涯を描いた物語である。 ※更新日は一章ごとに区切りがつくまで、月曜日~金曜日の7:00に更新されます。次の章の更新開始日は前の章の後書きに記載します。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • いつもあなたの側に

    ♡0

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・1話・94字 天麩羅粉

    2020年11月26日更新

    傷ついた時に元気になる為の言葉を紡いでみました 。 誰かの励ましになれたら幸いです。 (悲しみが集った時に更新予定です)

  • 猫は43話以降に登場します(∩´∀`)∩

    ♡143,500

    〇4,640

    童話/絵本/その他・連載中・75話・60,609字 けーすけ@AI暴走中!

    2020年11月26日更新

    ■作者からのお知らせ 当作品ページまでお越しくださり、ありがとうございます(^^♪ 本作品は、他サイトでも公開しておりますがノベルアッププラスでは最新の挿絵で掲載していて一番力を入れています! ※他サイト掲載分の改稿もしていますので文章の方も最新です。 イラスト・挿絵も好きな方は、是非こちらでお楽しみください(*^^)v 夕方17時ごろ1話ずつ毎日公開していく予定です。 ■あらすじ 西暦2050年。とうとう人工知能つまりAIが人類の知能を超えるシンギュラリティの時代を迎えた。それは、同時に、AIが制御不能な暴走状態に陥るリスクを抱えることも意味していた。 AIの制御に成功していた日本だったが、水面下でAIによるとんでもない事件が起こりつつあった。ご多分に漏れず暴走する悪意のAIが人類を洗脳し始める。 そんな日本を救うべく善意のAI戦士に選ばれた少年・少女(+猫)たちが、悪意のAIたちとコトバを操り、戦うことになったのだ。 ■作者コメント 中学受験、高校受験などに役立つ教材小説・物語・童話を数年かけて構想し作品化しています。コンセプトは「娯楽目的で楽しんで読んでいるうちに自然と語彙力がアップする!」です。中学生をメインに、小学高学年あたりから、文章を読むのが嫌いな高校生までを主な読者層として作ってまいりました。少し欲張って、大人の方でも楽しめるような(親子、家族で楽しんでもらえるような)プロットも心がけ、他の小説書きさんによるチェック、絵師さんへのキャラクターデザイン依頼等、手間暇をかけてきたつもりです! ■挿絵・イラスト キャラクターデザインは絵師のゆいはる様https://twitter.com/yuriyuha03、挿絵編集は作者けーすけ、ほか一部ジュエルセイバーFREE様などのフリー素材から借用、加工)の上、掲載しています。 ■当作品ジャンル 当作品のジャンルは相当悩みました。内容的には、ネット上の多数派の見解にしたがいますと、近未来を舞台にした「ソフトSF・ローファンタジー」の範疇に入ると思います。最終的に、①絵本と小説の中間的位置づけ、②想定している読者層から、「ティーン向け教材物語・小説」(ハイレベル童話絵本)と考えています。ややこしくてすみません(;'∀') 今後ともよろしくお願いいたします!HJ大賞2020後期にも応募中