完結済 長編

退魔異聞録  †鬼姫の涙†

作者からの一言コメント

美しい鬼女と青年の、悲しい恋の結末は?

 退魔異聞録 カルトシリーズの三作目。  カルト達が護衛している目の前で、美しい鬼姫に『骸返玉』が盗まれた。  骸返玉は、鬼の力を爆発的に高める魔導具だった。  骸返玉が盗まれたのとほぼ時を同じくして、千年の眠りから覚めた陰陽師、時麻呂も動き出す。  カルトは骸返玉の破壊と、それを使用する鬼姫の討伐に出る。  しかし、鬼女は人間の青年と恋をしており、更に、その青年の子を身ごもっていた。  カルトは、鬼姫とその青年に、どんな審判を下すのか。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 退魔異聞録  †鬼姫の涙†
作者名 天生 諷
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ シリアス アクション/バトル ノベプラオンリー 男主人公 現代日本 最強主人公 オカルト 魔法 ドラゴン
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年12月31日 16時28分
最終投稿日 2020年5月9日 22時28分
文字数 121,509文字
ブックマーク登録 12件
コメント/スタンプ 43件
応援ポイント 1,700pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 幼女とロリコンの魔法使いによる最後の純愛

    ♡103,511

    〇260

    異世界ファンタジー・連載中・14話 囲味屋かこみ

    2020年7月12日更新

    魔法は失われ、前文明の遺産から『機械』を産み出し発達する世界『アル・セリカ』。 様々な超常現象を引き起こす『遺物』が、人の手により悪用される事件——『遺物の歪み』を追う一人の少女がいた。 彼女の名前は『エルトゥールル・ハウル』——通称エルル。喋る機械の剣を相棒に、とある遺物を探していた。 それは、己の肉体を幼女化した遺物。 期限は一年。過ぎれば、死に至る。 そして旅の途中、出会うは『世界最後の魔法使い』。 彼は亡き姉の遺言により、嫁探しをしている青年だった。 終焉の運命と向き合い、失った愛に触れ、エルルが触れる世界の真実とは——? 幼女化した主人公と、ロリコンの魔法使いが織りなす最後の純愛!開幕‼ —————— ・いただいたイラストは全て、最後にまとめて掲載しております。そちらだけの閲覧も大歓迎です。

  • お初です。よろしくお願いします。

    ♡16,400

    〇0

    恋愛/ラブコメ・連載中・22話 家鴨乃尾羽

    2020年7月13日更新

    20.05.10.多忙なあっきコタロウさんの私のリクエストに応えてくれた(嬉々)素敵なフリーイラストを表紙にしました。「百合ものがたり13」にも同じイラストを使います(笑) 「百合文化はよくわからないけど百合描写を書いてみたい方へのアドバイス」みなはらつかさ著作を参考に読みました。ちゃんと書けてるかな? 20.02.25.恋愛ラブコメランキング86位でした(嬉) 総合は日間640位でした。 20.02.26.86位→日間28位 640位→日間208位(嬉) 20.05.22.恋愛ラブコメ日間40位 20.05.15.この作品のキャラを使ってノンケのバージンロス話を書きたがっている人へ。可愛い作品なので嬉しく有りませんが、要望はコメントにて、お待ちしております。 20.05.18.リクエスト第2段叶いました!☆/。うれしー(笑) angelだ! 「百合ものがたり13」公開後、表紙を少しの間、どアップと入れ換えます。 現時点では18話まで完成してます。 20話の完成までお待ちください。 20.06.05.表紙を入れ換えました。そろそろ出陣だからです。これは私がリクエストしてないフリーイラスト達です。15枚!☆/。 20.06.08. 11と12話を公開しました。11話は、アニメちっくと12話は楽しいと共感したと、あっきコタロウさんからコメント頂いた作品です。 20.06.15. 今週はリクエストフリーイラストが初登場です。 来週「髪を切ること」が公開できそうです。 20.06.25. その節はご迷惑おかけしました。反省してます。 20.06.29. 17話と18話です。 20.07.06. 19話と20話です。以降私のせいでイラスト遅れます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 5分もかからない短編集 どこからでも

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・1話 やっと

    2020年7月13日更新

    そういう夜を何度過ごしたかというのはひとつの問題で、ただ重要な事ではない。 そしてこれはYのそういう夜の一つ。 そういう何度めかの夜 の他、数作の短編を予定。

    タグ:

    短編

  • 異世界の力で異世界と戦う物語

    ♡7,100

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・13話 透吉 太夫

    2020年7月13日更新

    ある日、学校に悪魔のような化物が現れた。 そいつらは人々を食いあさり、殺しまわった。 俺は生きている人を守ためにその魔物を倒した。 すると、天使のような女が現れた。 「驚いたな。こんなところに『覚醒者』がいるなんて」 そう言って、その女は俺を拉致した。 そして、俺は学園に連れ去られ、そこで魔法を使う人間やエルフ、亜人などと出会う。 「ここは・・・・」 「ここは、君がこれから通うことになる学園であり、檻であり、楽園である場所さ!」 どうやらこの学園には特別な力を持つ『覚醒者』とやらが集まる学園らしい。 『覚醒者』たちはこの世界を異世界から守るために存在しているらしい。 そして、俺にも『覚醒者』たる力を感じるためにこの学園に呼んだのだと女は言った。 確かに、俺は特別な力とやらは持っている。 しかし、それはこの学園には相応しくない力だ。 なぜなら、俺に力は渡り歩く力。 つまり、俺はいくつもの異世界を渡り歩いた者だからだ。