文芸/純文学 長編 完結済

半笑いの情熱

作者からの一言コメント

怠惰と充実と過去と、ほんのささやかな成長

池原悦弥は、小学時代に担任教師から受けた度重なる体罰により、それまでの気勢を失った。 大学生となった今では起伏に乏しい生活を送っており、せっかく入った第一志望の大学でこれといった手ごたえなく一年目を終える。 そんな中、二年目に入ってフランス語の授業で出会った光蟲冬茂は、巷の爽やかな学生たちとは一線を画する独特な性格の男だった。 光蟲との交流や、囲碁部および茶道部の活動を通じて、悦弥の生活は徐々に色付いていく。 作者の実体験を脚色して描いた、リアリティの強い長編小説。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 半笑いの情熱
作者名 sandalwood1124
ジャンル 文芸/純文学
タグ 長編 純文学 囲碁 日常 茶道 大学生 小学生 第2回ノベプラ大賞
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2019年11月13日 21時53分
最終投稿日 2020年3月16日 22時23分
文字数 163,071文字
ブックマーク登録 17件
コメント 103件
スタンプ 62件
ビビッと 0件
応援ポイント 106,800pt
ノベラポイント 720pt
応援レビュー 2件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • これはただの悪夢ではない。予知夢だ。

    ♡753,810

    〇11,470

    ミステリー・完結済・77話・166,416字 Guru

    2020年9月2日更新

    主人公の大学生、“知念 誠人”は、ある日を境に頻繁に悪夢を見ることになる。 しかし、その悪夢はただの悪夢ではない。 夢の中身が正夢となる──“予知夢”だったのだ。 散々悪夢に悩まされ続けた誠人は、その苦悩を友人に打ち明けるが、そこで信じられないことが起きる。 集まった友人の全員が、誠人と同じように悪夢──予知夢を見ていた。 この面子から考えられるのものは、もう“あれ”しかない。 昔みんなで見た、大きな流れ星…… その時に起こった不思議な現象……きっかけは、この“流れ星”に違いないはず。 あの星が墜ちた夜から──物語はすでに始まっていたんだ。 基本シリアス、時々ギャグ。 ヒューマンドラマに、青春あり。 あわゆる要素を兼ね備えた──SFミステリー(サスペンス)作品、ここに開幕。 悪夢を未然に防ぐために、誠人達が立ち上がる。 ※こちらの作品は、小説家になろう、ステキブンゲイにも掲載しております。 タイトルロゴは、紅蓮のたまり醤油様に作って頂きました。

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡225,350

    〇1,488

    異世界ファンタジー・連載中・27話・74,485字 南方 華(みなかた はる)

    2020年10月21日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る