半笑いの情熱

「物好きな男」

 光蟲冬茂(みつむしふゆしげ)と出会ったのは、今期に履修したフランス語の授業の場だった。  彼は私と同じくらいの中背――百七十センチ前後といったところか――で、細身の私と比べるとそれなりに肉付きはよく、黒縁のメガネをかけてややうっとうしい前髪をした、一見すると真面目そうな青年である。    所属学科は第二外国語の履修が必修ではなかったのだが、せっかく外国語教育に定評のある大学に通っていながら英語しか勉強しないというのは、学業全般に対して興味関心の薄い私でさえももったいない気がした。  光蟲は文学部哲学科に所属しており、むろん第二外国語は必須だったが、必修言語はドイツ語とラテン語で、フランス語は対象外だった。彼は授業を履修することには熱心だったが、語学の能力に秀でているとは言い難かった。  フランス語の初級コースにはコミュニケイションとグラマーの二科目があり、私と光蟲は両方を受講している。どちらも履修者十名にも満たずこぢんまりとしていた。グラマーは水曜日、コミュニケイションは金曜日の、それぞれ五限に開講された。  所属学科の勉強には今ひとつ熱意を抱けなかったが、半ば暇つぶしで履修したフランス語の授業はそれなりに面白く、良い気分転換になった。自由に馴染めず荏苒(じんぜん)として日々を持て余していた自分にとって、なかなか学ぶ機会のない第二外国語を学ぶことは、充実した大学生活をわずかでも堪能しているかのような錯覚に浸るにはちょうど良いものであった。 「ラーメン食べ行こう」  コミュニケイションの初回授業が終わって席を離れようとした矢先、隣に座る光蟲から声をかけられた。  ちょうど、夕食には麺類を食べようと考えていたところだったので了承した。    初対面の相手と食事に行くなど、これまでの人生においてほとんどないことで、特に二人でとなれば初めてのことだ。普段ならば面倒だとか煩わしいだとか何かしらネガティヴな感情を引き起こしそうなものであるが、この時そういう気持ちが発露(はつろ)しなかったことを、光蟲と並んでメインストリートを歩きながら意外に思った。また、決して話しやすい雰囲気を(かも)し出しているとは言えない私に気軽に声をかけてきた彼は、なかなかに物好きな男なのだろうと直感した。    今日、こうして授業の後に声をかけられることはむろん予想外ではあったものの、そろそろか、という予感はあった。  幼いころから友達は数えるほどしかいなかったが、その時々――小学校や中学校や高校――で、それなりに親しい同性は存在した。プライヴェートで遊ぶような濃い仲ではなく、例えば学校内で昼食を摂ったり、試験前に図書室で勉強をしたり、下校したりといった行動を共にすることが時々あるぐらいの、ほどほどの仲の良さを維持している同性である。そうした存在を自発的に求めたことはなかったが、不思議なことに都度タイミングよく獲得してきた。  大学に入ってからはまだそれらしい人間には出くわしていなかったが、少なからず意外性や好奇心を付随させて履修したフランス語の授業で、何か新たな展開が待ち受けているかもしれないという漠然とした予感を抱いていたのである。  彼がその時々で舞い込んでくるそれなりに親しい同性の一人ではなく、生涯追い続けたいと切望する存在であることに気付くのは、でも少し先のことだった。  光蟲冬茂を一言で表現するならば、「変人」という言葉がふさわしい。  夜のしんみち通りのくたびれて退廃的な雰囲気は、彼によく似合う。あの程度で退廃的などという言葉を想起するのが適切かどうかはわからないが、いずれにしても、一般的な大学生の「若い」とか「爽やか」といったイメージ――それも私が恣意的(しいてき)に創造した虚構かもしれない――とは結びつかない男だった。    彼の行きつけのラーメン屋は古びた内装だが、客が途切れることはなく、適度な活気を帯びていた。天井付近に設置されたテレビに映る野球中継――巨人対カープで、巨人が先制点を奪って流れに乗っていた――に、客の誰もが適当な関心を払いながら視線を投げかける様が、店の雰囲気に合っていて好ましいと感じる。 「へぇー、悦弥(えつや)くん社会福祉学科なのかぁ。現役で受かるんだからすごいよなぁ」  今日会ったばかりの相手を下の名前――ちなみに名字は池原だ――で躊躇(ちゅうちょ)なく呼ぶのは普通ならいささか奇異に感じようものだが、違和感なく自然に受容できた。  光蟲は私と同学年だが、一浪していた。 「いやいや、推薦だからね。一般であの試験をパスできるほうがすごいよ」 「まあ試験なんてある意味運だからね。マーク式だから、鉛筆転がしたって受かるやつは受かるっしょ」  運ばれた味噌ラーメンは思いのほかヴォリウムがあり、食欲をそそられる。 「上智って、一般でも面接ある学科多いでしょ? 社会福祉学科しかり。俺こんなだから、面接あるところはハナから無理だったんだよね」  そう言うと、生ビールをぐびぐびと音を立てて飲んだ。  こんなだから、と今日会ったばかりの人間に言われて、どんなだよと紋切り型のツッコミを入れるほど愚鈍ではなく、ラーメンを(すす)りながら半笑いで受け流す。やや太めの麺が、食道を軽快に通過していく。受け流しながら、でもきっとその通りだろうなと妙に納得した。 「やっぱ同じ店のビールでも、金曜日に飲むとさらに美味く感じるね」  彼のジョッキは二杯目だが、中身はすでに空になっている。 「次の日休みだと気が楽だよねぇ」  遅れて、私も一杯目の生ビールを飲み干した。 「まだ飲む?」 「そうだね。じゃあ、レモンサワーでも飲むかな」 「すいませーん。生一つとレモンサワー一つ、あと餃子と半チャーハンも」  光蟲がアルバイトらしき店員を呼んで、慣れた様子で追加注文する。  私の腹はそれなりに満たされていたが、彼はラーメンだけでは足りなかったのだなと、思わず頬が緩む。  カープ下位打線のタイムリーヒットで、店内がほんの少しどよめいた。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 土偶

    鷹仁

    ♡500pt 2019年12月9日 22時37分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    いつも見てますよ

    鷹仁

    2019年12月9日 22時37分

    土偶
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2019年12月9日 22時48分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    sandalwood1124

    2019年12月9日 22時48分

    エリナ(QB)
  • 邪気眼ぱいせん

    白胡麻もち

    ♡400pt 2019年11月18日 1時52分

    生涯「親友」と呼べる相手かどうかは、かなり後で分かりますよね。やり取りからも気の置けない間柄であることが窺えます。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    白胡麻もち

    2019年11月18日 1時52分

    邪気眼ぱいせん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2019年11月18日 17時46分

    コメント有難うございます。 そういった事は、長年付き合いを重ねてみてやっと分かるものなのかも知れませんね。 いくら第一印象が良くても、その先も良い付き合いが出来るとは限らないですし。あの時彼と出会って無ければこの小説も誕生しなかったので、そう考えると感慨深いです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    sandalwood1124

    2019年11月18日 17時46分

    エリナ(QB)
  • 女子作家ちゃん

    藤原 アオイ

    ♡100pt 2020年1月25日 16時17分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    にゃかにゃか良い

    藤原 アオイ

    2020年1月25日 16時17分

    女子作家ちゃん
  • エリナ(QB)

    sandalwood1124

    2020年1月25日 16時18分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    続きをお楽しみに

    sandalwood1124

    2020年1月25日 16時18分

    エリナ(QB)

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • アダルトゲームに異世界転生orz

    ♡157,151

    〇2,560

    異世界ファンタジー・連載中・62話 不適合作家エコー

    2020年8月4日更新

    プロットあり ‪https://novelup.plus/story/406532720‬ 現世では男だった主人公は負けるとご褒美映像のあるアダルトゲームの女主人公に異世界転生してしまった。 負けると強くなる世界でこれを拒む主人公、主人公を敗北に導くべくあの手この手で無理難題の罠を張る国王。 果たして無敗攻略を達成できるのか?

  • 新たな出会いで戦うと決めたのは――いじめ

    ♡40,033

    〇51

    異世界ファンタジー・連載中・111話 ckrywh

    2020年8月6日更新

    穿たれた心臓、血の巡りが止まり冷たくなる体。 しかし、驚くほど歓喜に満ちながら途絶えた意識の先――青年は、深い森の奥で目を覚ました。 何故か心臓の穴は無く、着ていたものは汚れているが意識を失う直前のまま。 疑問符しか浮かばない状況の中で、絹を裂くような悲鳴と木々を薙ぎ倒す轟音。 音のした方向へ駆け、木々を抜けた先に見えたのは、今にも少女に爪を伸ばして喰らわんとする巨大な黒竜。 一も二もなく、青年は黒竜に踊りかかった。 今出来る事を、必ずやり遂げる為に。 ◆ ――そして戦いの後。 目覚めたのは多種族が共生する独立自治国家〝龍智諸王連盟〟 《人間(うでびと)》 《長耳種(エルフ)》、 《蜥蜴人(リザーデ)》の《赤鱗》、《碧鱗》、《緑鱗》。 《蟻人(ハディス)》、 《角人(セルヴィデ)》、 《蜘蛛人(オルミシタ)》、 《猪人(オルカ)》、 《猫人(バスティア)》 《狼人(ヴルフェ)》 《剛人(ドワーフ)》、 《馬人(ケンタウロス》、 かくある特徴的な異種族達が〝始祖八柱〟、その生き残りである白竜を中心にして集う国家。 主人公は教師への道を歩み始め、『今できる事』を始めようとしていた。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 多分ノベルアッププラスでも有数の異種族混合(当社比)ラノベですよ! 恐らく! 蟻人も蜘蛛人が出る小説もノベルアッププラス限定です!!(媚び気味 とりあえずの区切りがつくまで、2日に1回更新を目指せたらいいなと思いますが難しくてごめんなさい。 更新情報などはTwitter(@Ckrywh)固定でお知らせしております。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る