完結済 長編

その陰陽術師、木刀にて

作者からの一言コメント

不出来な子孫は今日も戦っています

 阿島誠也(あじませいや)は陰陽術師だ。  彼は陰陽術師でありながら、木刀がなければまともに術を扱うことが出来ない。  逆を言えば、それさえあれば悪霊であれ魍魎であれ倒せる力がある。  それを駆使し表と裏の日常を行ったり来たりすることが彼の生活だった。  そんなある日、一人の少女が彼の前に現れる。  彼女もまた陰陽術師。  相対するその少女との出会い。それは彼の運命を変える出会いだった。  敵は魍魎か、はたまた同じ人間か。シリアスな現代ファンタジー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報
作品名
その陰陽術師、木刀にて
作者名
ナイト
セルフレイティング
残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日
2019年5月17日 16時18分
最終投稿日
2019年9月23日 17時37分
文字数
121,116文字
ブックマーク登録
3件
コメント/スタンプ
9件
応援ポイント
2,950pt
ノベラポイント
5pt
応援レビュー
0件