イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

読了目安時間:6分

エピソード:34 / 42

 百合イベント

第12話「聖夜の復讐者」〜酸角怪獣トリトマス登場〜      

「襲撃事件」

a. ー襲われるマスコミ関係者ー 「今日はぐっすり眠れそう、サンタさん来るかなぁ〜!」 「襲撃事件」の挿絵1    香燐の友人である麻知子は今、ニュースキャスターの仕事を終え、アパートに帰っているところ。 電気が消え、団欒の声もない静かな家々が並ぶ、街灯と公衆電話だけが頼りない光を漏らすだけの夜道を歩いて。   「あれ?後ろに誰かい...」    麻知子が気配を感じて振り向くと、覆面で顔を隠した人物が、スパナを振り上げていた。 人気のない夜道は、誰かを狙うに最適な場所だとは分かってはいたが、まさか自分が襲われるなんて思ってもみなかった麻知子は、腰を抜かして動けない。 ーーーー殺される! 「私の知り合いに、なぁにやってんだコラァアアアア!」 「ふぁっ!?」       ドガッ!!覆面の背中が、柄の悪い何者かに蹴飛ばされ、スパナを落としてしまう。 それを拾いあげる暇はないと判断したのか、謎の人物は、落とし物をしたまま逃げ去った。 「まへ〜ボケェ〜!!」    麻知子を助けた柄の悪い人物... ... ...酔っ払っている香燐は、おぼつかない足取りで犯人を追いかけるも、転倒してしまった。 「にゃははは、もう飲めね〜」 「香燐ちゃんは命の恩人だよ、ありがとう〜」 「グェエエエエエッ!」       麻知子は泥酔状態で地べたに大の字で寝ている香燐を抱き起こして、からの、熱い抱擁。 「仮にも美人に発しさせていい声じゃないよ!」         愛するお姉様が、何処の骨とも知らない、頬を赤らめた女に抱き締められている、というのもあるが、余りに麻知子が力を入れるものだから、香燐が口から泡を吹いてしまっているので、猫鈴猫は全力で彼女達を引き剥がした。 「あっ、猫鈴猫さんですよね、インタビューとかしちゃえたり!?」 「しません!」       小さな体で香燐を抱えあげながら、猫鈴猫はキッパリ断った、せっかくの聖夜に、お姉様と二人の時間を邪魔されたくはないのだ。 聖夜に居酒屋をハシゴして酔い潰れる香燐も、少しアレなのだが。 b.ー聖夜の調査ー 「記者、アナウンサー、マスメディア関係の人間が次々と殺害される事件が起きたのは、知っている?」   雪片隊長が司令室にMINTメンバーを呼び出したかと思えば、なにやら物騒な話題を切り出した。 「ええ、知っています...」    凜憧隊員が頷く。 「ちょうど先程、ニュースを聞いて心配になったので香燐さんに連絡したんですよ、そうしたら、御友人が襲われているところに遭遇したと」 「あ、あの、大丈夫だったんですか?」 「心配しないであんず、犯人は追っ払ったらしいから」   よかったぁ、安堵の声を漏らし、ホッと胸を撫で下ろすあんず。そんな彼女をストックは、呆れましたわと言わんばかりの目で見る。 「出たわね、あんずの何時もの心配性...と言いたいところだけど、犯人は宇宙人の仕業なのかもしれないものね」 「ストックさんはもう知っていたのね、襲撃から逃げ切ることに成功した被害者曰く、犯人の瞳はまるで爬虫類の様だったらしいわ」 「爬虫類の目をした地球人なんていませんからね」 「その宇宙人を探し出すこと、それが今回の任務よ」 「了解!」    こうしてMINTによる、マスメディア関連者に対する聞き込みが始まった。人ならざる者の反応を感知する装置・エピデンドルムを手に、彼女達は街中を駆け回る。 「はい、分かりました、気をつけます、私には猫鈴猫いてくれますから、警護は不要ですよ」   涼水 葵隊員から再び連絡があり、香燐は事件の詳細と忠告を受け取った。 そんな通話をしている香燐の背後では、撫でようとする麻知子と、撫でられまいとする猫鈴猫の攻防中。 騒がしさがスマホ越しでも十分に伝わり、葵隊員は、まさか例の宇宙人が襲撃してきたのではないかと誤解してしまった。    「ただ五月蠅いのがふたり戯れてるだけなので、ご心配なく」  「ならよいのですが、何かあったら連絡してください」 「ありがとうございます、さて、と」     通話を終了した香燐が、騒いだ二人により部屋がどうなったのかを恐る恐る確認してみると、卓袱台は引っくり返り、空の酒瓶達も全て倒れている。 「あんたら、どうお仕置きしてやろうかしら?」    ビクッ、香燐の殺気を感じ取り、不毛な鬼ごっこをしていた猫鈴猫と麻知子の動きが止まった。   鬼の形相で二人に迫る香燐、そんな彼女の背後に、ゆらり、黒い影。 「お姉さま、伏せて!」 「滅多に来ないお客様よ、歓迎してあげなさい」 「おっけーだよ!」   猫鈴猫に言われる間でもなく、背後の気配を察知していた香燐は既に影から離れていた。 故に、対人にしては遠慮の感じられない、猫鈴猫の光弾攻撃が人影目掛けて飛んでいく。 「力をお貸しください、トリスマス様!」    そう言うと、人影は覆面から覗かせている瞳を、まるで蛇のようなものに変える。 「あの目は、やっぱり宇宙人か!」   覆面は口から怪光線を吐き出し、光弾を相殺、小規模な爆発を発生させる。猫鈴猫が咄嗟にシールドを張らなければ、このアパートは吹き飛んでいたところだ。 「お姉様には指一本触れさせないんだから!」 「でもでも猫鈴猫ちゃん、香燐ちゃん覆面さんと一緒にいなくなってるよ?」 「えっ!?」       猫鈴猫は驚愕する、お姉様と覆面の姿がない、生命体反応も二つ足りない、どうやら香燐は連れ去られてしまったようだ。 c.ー復讐ー 「う、うぅん...ここは?」   香燐が薄っすら目を開くと、鼻と瞳が埃に刺激され、それぞれに透明の液体が滲んだ。 「お目覚めみたいね、泣くのはまだ早いわよ!」 「あなた、さっきはよくも...って、あれ!?」    もぞもぞ、腕と脚を動かしてみるも、視界が変わらない。今度は顔だけ動かして両手脚を見てみると、錆びついた金属製の枷を嵌められていた。 「動けるわけないわよ、磔にしておいたから、木製ながら頑丈な十字架にね」    さきほど襲撃してきた人物が、覆面を脱ぎ捨て、憎悪に満ち溢れた素顔を晒す。 「襲撃事件」の挿絵2 一瞬ゾッとした香燐だったが、臆せず強気を保つ。 「磔!?そんなアブノーマルな趣味ないんだけど!」 「なおさら好都合だわ、苦しんでもらわないと、復讐にならないんだし、ねっ!」   女は手始めに香燐の顔面を殴りつけると、次に胸、腹、と上から下まで順に拳をめり込ませる。 負けてたまるかと歯を食いしばる香燐だったが、溝尾に蹴りを入れられた瞬間に、意識が朦朧とし始める。   「あんた、なんの恨みがあってこんなこと!」 「痛い?苦しい?まだまだこんなもんじゃ気は晴れないから、覚悟してよ!!」 「えっ?ちょ、それはあんまりじゃないかしら」   女が取り出したものを見て、香燐は流石に青ざめた、暴力ならまだしも毒に耐えられる自身はない。 「喉が乾いたでしょ、飲ませてあげる」 「できればお酒が良いな、なんて言ってみたりして」 「んなもん飲ませないわ!」 「ちょやめ、やあばばばばばば」    毒...というか洗濯用洗剤を口の中に流し込まれ、香燐は意識を失ってしまう。 「襲撃事件」の挿絵3 「次に目が覚めたら、その時こそ殺してあげるからね」    お姉さま大ピンチ!もうこの時点でかなり不味い気もするが、果たして猫鈴猫は、香燐を助け出すことができるのだろうか!? つづく

 サンタさん、働かずに生きてけるだけのお金ください

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ♡1,000pt 〇50pt 2022年3月22日 13時24分

    囚われの香燐さん…意外と余裕があるのは、これまで猫鈴猫ちゃん達と一緒に怪獣絡みの数々の修羅場を潜り抜けてきたからなんでしょうか。麻知子さんと猫鈴猫ちゃんの絡みも良きでしたし、何より今回は冒頭の酒癖悪い香燐さんが暴走して犯人追い払うシーンのインパクトが…!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月22日 13時24分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時34分

    あれだけな目にあっていれば確かにメンタル鍛えられるかなあ...あと仕事が普通にキツイから? 酒癖悪い美人キャラ好きなんですね、美人に描ける画力は、ないですが!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時34分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ♡1,000pt 〇30pt 2022年4月10日 1時59分

    香燐お姉さまの友達のニュースキャスター!?序盤の会話にチラッと出てきた設定がついに本編で回収されましたね。生命反応が2つロストって時、お姉さま宇宙人を追いかけてスクープを狙たのかと思いましたが、実は連れ去られていた!?拷問シーンは絵、文ともにこだわりを感じます!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2022年4月10日 1時59分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年4月12日 18時38分

    なんかやっとって感じですわね スクープはほしいんだけどねえ!!! ありがとうございます、拷問シーンはノリノリでした

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年4月12日 18時38分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年3月22日 13時16分

    《「磔!?そんなアブノーマルな趣味ないんだけど!」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月22日 13時16分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    俺にはありますねえ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年3月22日 13時11分

    《そんな通話をしている香燐の背後では、撫でようとする麻知子と、撫でられまいとする猫鈴猫の攻防中。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月22日 13時11分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    やはり猫

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年3月22日 13時10分

    《よかったぁ、安堵の声を漏らし、ホッと胸を撫で下ろすあんず。そんな彼女をストックは、呆れましたわと言わんばかりの目で見る。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月22日 13時10分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    うれしぬ

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月23日 12時32分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リジェネ・スピラー

    「アンドロイド」はまだスマホだよ

    200

    0


    2022年5月18日更新

    神の領域を侵した・・・ その存在になって、なぜ未然にふせげなかったのだろうと思わせた。 『機械と人間の統合の研究』。 そのための『新薬』の開発。 生き延びるために始まったその研究は、簡単に言うと大衆にこう思われた。 「そこまでして、生きていていいのか?」 生体の部分を微塵も持たない、蘇りし精神。 『リジェネ・スピラー』。 自然的精神を謳い、不老不死を夢見る研究は、その危険性を公には曖昧にしていた。 まるでそれが『当然』かのように。 これはリジェネ・スピラーになった19歳の男子〈セージ・サクト〉が主人公のお話。 お話の始まりには少し時間がかかりそうです。 序章の前に、人種表と余興があるので。 これは現実世界にそんな存在を作らないための危機感を描いた作品。 もちろん、エンターテイメント性を含んで。 ※この作品はSFのジャンルを選んでいますが、ファンタジーの類いかもしれません。 「こんな作品は絶対的に必要だけど、 こんな作品に出てくるような現実は絶対にいらない」と言われたいです。 作者的には、機械と人間の線引きについて『装着』が限度であると思っています。 開発中のはずの『ソフトメカ』について、です。 機械との統合は、誰も望んでいません。 それを大前提にこのお話を公開します。 《ランキング報告》 最高 日間25位

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:35分

    この作品を読む

  • 雨上がりに僕らは駆けていく

    世界の運命を変える、ある1人の少女の物語

    4,600

    0


    2022年5月18日更新

    2014年9月10日に起きた交通事故。女子高生大坂楓の死。幼馴染の木崎亮平は、片想いをしていた彼女を救うため、50年先の未来から「自らの個人データ」をアップロードする。 50年先の未来では、「過去」に情報を送信することができる技術が開発されていた。物質的な時間移動は未だ不可能だったが、電子レベルでのサイズ、つまり<過去・現在・未来>という1つの巨視的な時間ネットワーク内に於いて、情報を共有することが可能な時代になっていた。 人間の「脳」の中に保存されている「データ」に、四次元的に自由にアクセスすることができる時代。研究者の間では、過去に情報を送って歴史を変えても、元の世界の情報を書き換えることはできないと言われていた。 しかし、今では研究が進み、過去で結果を変えた場合は、「出来事の結果」が枝分かれし、別のルートの世界線が生まれるという数式が導き出されていた。木崎亮平は、せめて別の世界では、「大坂楓が助かる」という未来を作りたいと奔走するが、それによって“別の結果“が生まれてしまうという懸念を、払拭できずにいた。 ある科学者は、1つの出来事の変化が、『世界に定められたエネルギーの定量=ベッケンシュタイン境界』を超えてしまうケースがあるため、決して変えることができない結果が、<過去・現在・未来>の平衡状態(ネットワーク)に於いて存在するかもしれないと憶測した。それはつまり、世界には「決して変えることができない「A」という事象の特異点」が存在するかもしれないという予想を、導き出すものでもあった。 変えることはできない事象とは? 木崎亮平と、大坂楓を取り巻く『世界の運命を懸けた戦い』が、今、はじまる。

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る