イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

読了目安時間:4分

エピソード:9 / 42

 今回もしかしたら短いかもですね、かもですね、

「かたち」

今話登場怪獣 「かたち」の挿絵1 a.  ギギギィカカカ... !!猫鈴猫の身体的特徴を取り入れた銀色の怪獣メカフカは、両腕に開いた真っ黒な穴から、自身の肉体と同色のミサイルを連射する。 「させない!!」  基地の前に降り立ってすぐに、猫鈴猫は指先からミサイルを連射。蛇のようににょろにょろと曲がりくねった軌道を描きながら、両者の間でミサイル同士が激突。 周囲の木々や石などが吹き飛ぶ程度の爆発を起こした。 「やっぱり、両者の力は互角なの...?」       爆風の余波に耐えながら香燐が疑問を口にすると、背後から答えが返ってきた、“猫鈴猫くんが勝っているぞ“と。 「みなさん!」  香燐が振り向けばそこには、武器を手にした隊員とそれを率いるふたりの参謀が立っていた。 「この状態なら彼女が苦戦した時に直ぐに援護できる、本当は今すぐにしたいが約束も守らないといけないからな...と思って来てみれば、余計なお世話だったようだ」  巨大で頑強な腕を突き出し、ミサイルや銀色の破壊光線をこれでもかと放ちながら突進攻撃を仕掛けてくるメカフカ。 武器を短時間で使いすぎて弾切れを起こしたメカフカが間近まで迫ってくると、猫鈴猫は基地と自分を守るために展開していたシールドを解除して、ジェット噴射で宙へ浮く。 「やはり圧倒的だ、我々の出番はないな」 「どうしてあんなに強い子に、私を守る使命があるんだろ...」  ギギギギィカカカカッ!? がっしり、メカフカは頭上から腕を伸ばしてきた猫鈴猫に、銀色のミミズが密集しているかのような頭部を鷲掴みにされてしまった。 「このまま地獄に連れてってあげるから!」     猫鈴猫は頭を掴んだまま、高圧電流を流しながらメカフカを葬るための長距離飛行をスタートした。 「やはり彼女が圧倒している!」 「猫鈴猫のデータを模して怪獣になったようだけど、それは数十、数百秒も前のデータに過ぎないのよ!!」  “だけど私はこの瞬間もデータを更新中だもん“ 既に太陽の近くまでメカフカを運んできた猫鈴猫だが、香燐の声なら聞こえるお姉さまの声にならちゃんと答えられる。 「火葬直送だよっ!!」   メカフカは電流により衰弱しきって動けないが、まだ生命活動を停止しているわけでもない、猫鈴猫は太陽の引力圏内にメカフカを投げ入れる。 数十メートルもある物体ですら、太陽の凄まじい引力は離さない、逃さない、メカフカはあっという間に灼熱地獄へ引きずり込まれていった。 b. 「メカフカが倒された瞬間に、暴走していた機械が一斉に止まったとの報告があった」 「これから隊員が各地に飛んで機械を回収するが、おそらく死んだ虫たちが採取されるだろうね」 「ありがとう、山音長官にもやはり君が信頼の置ける存在だと伝えられるよ」  地球に帰還した猫鈴猫は、香燐ときゅっと手を繋いだ状態で参謀二名から感謝と報告を受ける。 「ありがとうは私のセリフだよ、防衛力強化のために私のデータを使っていいよ!お礼にさ!!」 「わかった。人類のみならず、君の助けになれるものを作り上げてみせよう」  固い握手を交わす猫鈴猫と新鷹参謀。真に地球外の友好的な仲間と地球防衛軍が絆を結んだ歴史的瞬間、にも関わらず、香燐はニヤニヤ、俗っぽい笑みを浮かべる。 「その代わりと言っては何ですけども〜」 「お姉さまったら、スカートめくりしたときの思春期学生みたいにニヤついて」 「もっとマシな例えないわけ?」 「あははは、取材くらい受けよう、寧ろ安い報酬な気もするがね」   上野目参謀と違ってずっと堅い表情だった、新鷹参謀が柔らかい顔をした。それに釣られたのか、オペレーターや隊員たちも明るい笑顔を浮かべる。 「やった!ありがとうございます!!さっそくスケジュールをですね...お暇な時間があれば...」   怪獣は倒れ、防衛軍は強化され、香燐は大きな仕事にありつけた。取り返しのつかない大きな不幸の先に待っていた幸せも、決して小さいものではないのだろう。 c.  寄生されたのは銀色の雨を浴びた機械だけで、室内の機械には何の異常も起こらなかった。 なので未だに正常に動く室内の扇風機の風を浴びていた香燐だが、突然あることを思い出して猫鈴猫を睨んだ。   「猫鈴猫、誰の口と酒癖が悪いですって?」 「いまさら〜? 誰だろ〜ね、私の大切な人とか、かな?」 「悪女になりそうな予感!」  キリッとキメ顔はかわいいし今回も頑張ってくれた、しかも仕事も手に入れられた。 なにより居なくならないでくれた、今もここに居てくれることが嬉しくて、香燐のしょうもない怒りはすぐにおさまった。 「ご褒美になるかわからないけどね」  そう言って香燐は顔を赤らめつつも、自分の膝をポンポンと叩く。 「お姉さま〜〜!!」    香燐の意図に気づくと、とてもご機嫌な様子で彼女の膝にダイブ。それこそ猫のように撫で回され続ける時間を過ごす猫鈴猫であった。 つづく 怪獣図鑑 5.機生ミクロ怪獣 アメカーバ 身長:0.05〜3センチ 体重:0.0056グラム 武器:機械に寄生して操る 殆どが金属で構成された体を持ち、銀色の雨と共に降ってくる、その姿はアシドムに似ている。 6.合体機獣マキマイラ 身長:65メートル 体重:7万トン 武器:頑強な体で物理攻撃  アメカーバが寄生した機械が合体して誕生した怪獣、本領を発揮する前に倒されてしまった。 7.救世機械模倣怪獣メカフカ 身長:52メートル 体重:7万トン 武器:銀色破壊光線、銀色ミサイル  猫鈴猫に寄生してデータを取得したアメカーバが、彼女の情報を元に変身した姿。見た目と能力は猫鈴猫の特徴をとらえ、怪獣らしくしたものだ。

 性質が厄介な怪獣が戦いでも強いとは限らないんですな〜思い当たるやつがいるはず!

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ♡1,000pt 〇50pt 2021年7月8日 20時46分

    ミサイル弾幕戦に、掴みながら電流でシャイニングフィンガーと、ロボアニメファンにはたまらない戦闘でしたね!防衛軍も戦後処理でいぶし銀の活躍が良いですし、ネリネちゃんとも同盟を結べて良かった!お姉様とのイチャイチャも、甘いだけでなく腐れ縁的な渋みがちょっとあるのもいいですね。

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年7月8日 20時46分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年7月10日 1時20分

    ポイントコメありがとうございます! マジか...そんなシーンあるんんですねえ、あまりロボアニメ分からないので無意識でした! 防衛軍にも活躍欲しいですからね 同盟を結ぼうか 出会ったばかりなのに、もう腐れ縁感出してますなあ〜

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年7月10日 1時20分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ♡1,000pt 〇10pt 2021年6月24日 21時06分

    ラストの香燐さんが猫鈴猫ちゃんを自分の膝に呼ぶシーン、尊みが溢れまくりでした…。今回の怪獣達は合体や寄生能力などを持つ厄介な相手でしたが、戦いを通して二人の絆が一気に深まった感じがしますね

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2021年6月24日 21時06分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時30分

    コメントポイントありがとうございます! 膝...百合的な意味でも聖域なのかもしれません。 怪獣にも注目していただきありがとうございます!強敵相手だとより結束も固くなるのかも

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時30分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡300pt 2021年6月24日 20時46分

    《“だけど私はこの瞬間もデータを更新中だもん“ 既に太陽の近くまでメカフカを運んできた猫鈴猫だが、香燐の声なら聞こえるお姉さまの声にならちゃんと答えられる。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2021年6月24日 20時46分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがてえありがてえ

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2021年6月24日 20時49分

    《なにより居なくならないでくれた、今もここに居てくれることが嬉しくて、香燐のしょうもない怒りはすぐにおさまった。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2021年6月24日 20時49分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ありがとうございます!

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2021年6月24日 20時47分

    《固い握手を交わす猫鈴猫と新鷹参謀。真に地球外の友好的な仲間と地球防衛軍が絆を結んだ歴史的瞬間、にも関わらず、香燐はニヤニヤ、俗っぽい笑みを浮かべる。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2021年6月24日 20時47分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    また下品に笑っている!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年6月24日 22時29分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • FrostBite ~君を覆い隠す、白い雪~

    君が生きていれば、それでよかった。

    100

    0


    2022年5月22日更新

    クローン技術が発展し、人間のクローンが当たり前のように作られるようになった時代。 某国公人のクローンとして作られたフロスティは、クローン教育施設――――「学校」にて、日々鬱屈とした思いを抱えながら生きていた。 しかし、同じ公人のクローンとして作られたエクリュと触れ合うことにより、少しずつ世界と自分の未来への希望を持てるようになっていく。 だが、運命はふたりが共に生きる未来を許すことはなく――――。 雪とクローンの織りなす、SFファンタジー小説。 ※他サイトでも掲載している作品となります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

  • 特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第五部 『カウラ・ベルガー大尉の誕生日』

    家庭に飢えた女たちの物語

    42,200

    10


    2022年5月22日更新

    遼州司法局実働部隊に課せられる訓練『閉所白兵戦訓練』 いつもの閉所白兵戦訓練で同時に製造された友人の話から実はクリスマスイブが誕生日と分かったカウラ。 そんな彼女をお祝いすると言う名目でアメリアとかなめは誠の実家でのパーティーを企画することになる。 予想通り趣味に走ったプレゼントを用意するアメリア。いかにもセレブな買い物をするかなめ。そんな二人をしり目に誠は独自でのプレゼントを考える。 誠はいかにも絵師らしくカウラを描くことになった。 閑話休題的物語。

    読了目安時間:4時間27分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • sky bird

    変革後の世界で殺し屋と少女が空を舞う

    2,350

    0


    2022年5月22日更新

    奇跡なんて起こらないと信じられていた、その時代。その世界。 最終戦争と言われた世界大戦時、核兵器に優る新兵器の有害物質や複数の有害物質が混合して生まれた未知の物質などにより世界は歪んだとされている。そして歪みからカオス空間と後に呼称される異次元がうまれた。世界は変革した。 物理法則が狂い環境が変革した変革後の世界。世界はイフ(仮定=未来)とパスト(過去=絶対)に分かれた。人々はヤク(異能=厄災)とネイチャー(無能=自然人)に分かれた。世界は人間、突然変異で生まれた獣人、変革により生じた異形が混じりあい、更には未来と過去が両存する混沌のゴミ箱と化していた。 変革を作りしカオス空間の使者達はヤクやネイチャー等、人に扮して世界に混ざった。そして一つの支配階級を形成した。奴らを見分け、早期に世界を取り戻す。その志を持つ者はいない。何故か。知る者がほぼいないからだ。巧みな手口で世界からカモフラージュされた彼らはとある力で持って世界の命運(設定)をゲームのように決めていた。法則が常に変わる世界では生け贄と捕食者という関係性は崩れない。歪みが定期的に発生しカオス空間が生まれそこに現れた異形に餌を与え、満足すれば帰って行くというゲームだ。その餌の確保と自らの安全な暮らしのために、人は他者を犠牲にする。【彼】は人知れず全てを知っている。人知れず知りながら、彼はまだ誰にも明かさない。乱立する高層ビル群を飛びながら何かを知りながら素知らぬ風に空を舞う彼には事情がある。あるが、それを知る者は彼以外またいない。主に殺しを仕事でする彼だが、本職は便利屋である。イレギュラーとインビジブルの異能を持つ彼は今日も稼業に奮闘し、逃亡劇を繰り広げていた。が、かのビルで一緒に逃げていたミルミと出会った。 天下無敵の殺し屋自由人×裏がありそうだけど元気溌溂少女ミルミによる、自由を求める悲喜交々爽快痛快ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    455,300

    14,600


    2022年5月17日更新

    厳寒の港町。 青年アルマスは、爆撃に巻き込まれた姉を救うためドラゴンになった。 しかし、姉は自身の手記の中で、アルマスを『邪悪なドラゴン』と呼ぶ。 悲しみから数多くの過ちを犯し──二千年後、彼は一人の少女と出会うことになる。 なぜ姉はアルマスを受け入れなかったのか。 なぜアルマスは二度も戦争を起こしたのか。 何も知らない少女が、青年を救うまでの物語。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:9時間15分

    この作品を読む