イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

読了目安時間:5分

エピソード:32 / 42

台詞と地の文のバランスわかんねえ

「キレる人間、切れる血管」

a. 「こんにゃろぉ、今ぶつかっただろ!!」 「ざけんじゃねぇぞテメエ何処に目をつけてんだ!!」    些細なきっかけで殴り合いが始まった、街中だというのによそでやれよと、呆れつつも通り過ぎようとした人々の脚が止まる。 「...おい、いま睨んだだろ」 「あ?舌打ちしやがって」 「私の脚を蹴ったでしょ!」 「どこ見てんだゴラァ!!」    街を歩いていた人間達が、近くにいた人間に喧嘩をふっかける。みんなスルーせずに反応するものだから、やがて大乱闘が始まった。 そして同じような事件が、あらゆる場所で発生した。 「いま勉強しようとしてたんだよ!」 「言われるより早く始めときなさい!!」 「うるせーんだよ、ババアがよ!」    一軒家、親子で。 「おい君、定時退社は許さんぞ、ずっと働け!!」 「やってられっか糞上司が、働き終わったかと思えば飲み会なんぞに付き合わせやがって!」 「てかあなた仕事中私の脚チラチラ見てたでしょ」 「綺麗な脚してる方が悪いのよ、バカ?」 「きぃ〜っ、セクハラよ!」    社内、上司と部下、同僚同士で。 「授業中ずっと喋りやがって、許せねえぇ...ッ!?」 「ぎゃはははは、憤死とかマジで見た!」 「なに笑ってんだ不謹慎だろ糞がっ!!」     学校、教師と生徒で。このように、普段なら耐えられるようなことで皆怒りだし、殴り合い罵り合いの喧嘩に発展している。 酷い場合は殺し合いに発展し、憤死するものまでいる、これは明らかに異常事態である。 この暴動を収めるため、警察が出動、争いが起きている各地にパトカーが到着したのだが。 「てめえら喧嘩しやがって、みんな銃殺刑だ!!」   なんと降りてきた警察官は、真っ赤な顔で争いあっている民間人達を次々と射殺していった。 もちろん許可など得ていない...各地の警察官も、同様にその手を血に染めた。 「ごめんなさいっ、みんな、後でお菓子あげるからねっ」     あんずが、床に横たわるMINTメンバー達に何度も頭を下げる。極東基地でも、突然、乱闘が始まったので、あんずとストックは仕方なく気絶させたのだ。 「どうなってるのよ、まったく?」 「わかんないよぅ」 「泣きべそかかないの、きっと元に戻るから」 「だといいんだけど...」   しかし、これからどうしたものか、まともな思考の機械少女二人は、全力全開で搭載された人工知能を働かせた。 b. 「私の後ろ何かいるだなんて?妙なこと言ってんじゃあないわよッ!!」 「お姉様!?」 「パイセェエエエエエエエン!!」    いきなり香燐が激昂し、俵に殴りかかった、予想外の事態に龍女と猫鈴猫は戸惑いを隠せない。 香燐が震えていた理由は、恐怖からでは無く、怒りからくるものだったのだ。 「お姉様が犯罪者になっちゃう、やめて!」 「...ペタッとな!」 「え」   俵は香燐の額に、赤く崩れた文字が書かれている札を貼った、まるでキョンシーだ。  「あれ、私、なにを?」    お札は無事に効果を発揮、香燐は正気を取り戻す。猫鈴猫は胸をなで下ろし、龍女は先輩の格好いい姿を心霊写真を撮影するために持ってきていたカメラに収めていた。 「お姉様は危うく報道する側からされる側になるところだったんですよ」 「なんで!?」 「呪いが発動してるんよ、まだ範囲は東日本の各所で済んでっけど、そのうち日本中に広がりそ」 「呪いって...あ、私に憑いてるやつ!?」 「マジでショボいやつね、それはついでに祓っといたからセーフセーフっ!」 「先輩マジパネェ!」 「確かに肩が軽くなった気がするわ、ありがとう、それにごめんなさいね」    ぺこり、襲いかかってしまったことを、香燐は謝罪。俵は、呪いのせいだしと気にしていない様子。 「ん〜でも、お姉様とふたりきりだと思いきや、ずっと悪霊なんて第三者が居たなんてショックだよ!」 「そんなことより、呪いについて詳しく教えてくれないかしら」    香燐はメモ帳とペンを取り出し、龍女はカメラを構えた。猫鈴猫は...特に意味はないが、香燐の足元で丸くなった。   c. 「あれあれ、祠爆発してっしょ、あっこ百足像あったんだけどさ〜バラバラなって封印されてた邪神様がおねむの時間終了のお知らせなわけなんだよねぇ」 「...なるほど」 「んで激おこぷんぷんエネルギー集めてさいつよになりてえし頑張っかってわけで、みんなブチギレさせる呪いかけてんのよ、科学力じゃ無理ゲーなわけ」 「...なるほど」 「だから霊力ぱないあっしが神さま現れる前に出てくんなって物申しに来たワケワカメってワケ有明なの」 「...なるほど」    相槌を打ちながら熱心にメモする香燐に、猫鈴猫は冷ややかな視線を向けた。 「お姉様ぁ、本当に理解してるぅ?」 「理解してるわよ!ザギンでシースーってことでしょ」 「私はわさび抜きで!!」 「やれやれ、やっぱり理解してないじゃないすか、おばさんじゃ若者言葉わかんないのは仕方ないか」       龍女は相変わらず俵を撮影しまくりながら、香燐を煽った。 「おば...!?てかこれ若者言葉とかじゃなくない!?」 「おばさ...お姉様の言う通り、ただの変な言語だよ!」 「ちょっとアンタ今おば様って言おうとしなかった!?」 「お姉さまは私にとって永遠のお姉さまだよ!」 「誤魔化し方下手くそか」  ... ... ...駄目だ、来るわ。俵が深刻そうに呟く。 「来るって?え?きっと?」 「いやぁ、思ったより霊力強すぎたわ、勝ち目ねぇ」 「パイセンすら無理とか詰みだわ!」    終焉は確実に近付いていた、いま香燐や俵達がいるこの山の上空を覆う暗雲が示唆している。怒りのエネルギーを十二分に得た邪神が、遂に降臨する時が来たのだ。 つづく

怪獣の登場シーン考えるのも大変すね

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ♡2,000pt 〇50pt 2022年3月8日 15時00分

    俵ちゃんサラッと香燐さんに憑いてた怨霊的な何かを祓ってて笑いました。心霊スポット巡りのプロ…!? 後半の俵ちゃんと香燐さんのやり取りも良かったです。ザギンでシースー…。あのセリフ猫鈴猫ちゃん的には本心なんでしょうけど、タイミングぅ…!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月8日 15時00分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時57分

    ポイントコメントありがとうございます〜 霊能力が高い!?お祓いできるなら心霊スポット安心感増しそう〜 タイミングが悪いよタイミングが

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時57分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ♡2,000pt 〇30pt 2022年2月26日 23時47分

    香燐お姉様の激昂、台詞回しに奇妙な冒険めいたサムシングを感じますね。俵ちゃんお祓いできるのか……って俵藤太って百足退治した藤原秀郷の別名だから、俵ちゃんってもしかして!?これは熱くなってきましたね。いざ邪神降臨。科学じゃ無理ゲー宣言されたものの、ネリネちゃんパワーを発揮できるか?

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2022年2月26日 23時47分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年2月28日 22時10分

    まあ奇妙な体験はしまくってますからねえ あら、お気付きになりましたか。でもこういう要素入れる塩梅割と難しいですね...!?あまり期待なさらず オカルトにはオカルトをぶつけるんだよ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年2月28日 22時10分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡300pt 2022年3月8日 14時53分

    《「理解してるわよ!ザギンでシースーってことでしょ」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月8日 14時53分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時56分

    寿司食べたい!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時56分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡300pt 2022年3月8日 14時51分

    《「マジでショボいやつね、それはついでに祓っといたからセーフセーフっ!」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月8日 14時51分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時56分

    御祓いスキル〜!!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時56分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年3月8日 14時54分

    《「お姉さまは私にとって永遠のお姉さまだよ!」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年3月8日 14時54分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時55分

    なんか百合っぽいセリフ

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年3月8日 15時55分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リジェネ・スピラー

    「アンドロイド」はまだスマホだよ

    200

    0


    2022年5月18日更新

    神の領域を侵した・・・ その存在になって、なぜ未然にふせげなかったのだろうと思わせた。 『機械と人間の統合の研究』。 そのための『新薬』の開発。 生き延びるために始まったその研究は、簡単に言うと大衆にこう思われた。 「そこまでして、生きていていいのか?」 生体の部分を微塵も持たない、蘇りし精神。 『リジェネ・スピラー』。 自然的精神を謳い、不老不死を夢見る研究は、その危険性を公には曖昧にしていた。 まるでそれが『当然』かのように。 これはリジェネ・スピラーになった19歳の男子〈セージ・サクト〉が主人公のお話。 お話の始まりには少し時間がかかりそうです。 序章の前に、人種表と余興があるので。 これは現実世界にそんな存在を作らないための危機感を描いた作品。 もちろん、エンターテイメント性を含んで。 ※この作品はSFのジャンルを選んでいますが、ファンタジーの類いかもしれません。 「こんな作品は絶対的に必要だけど、 こんな作品に出てくるような現実は絶対にいらない」と言われたいです。 作者的には、機械と人間の線引きについて『装着』が限度であると思っています。 開発中のはずの『ソフトメカ』について、です。 機械との統合は、誰も望んでいません。 それを大前提にこのお話を公開します。 《ランキング報告》 最高 日間25位

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • FrostBite ~君を覆い隠す、白い雪~

    君が生きていれば、それでよかった。

    100

    0


    2022年5月18日更新

    クローン技術が発展し、人間のクローンが当たり前のように作られるようになった時代。 某国公人のクローンとして作られたフロスティは、クローン教育施設――――「学校」にて、日々鬱屈とした思いを抱えながら生きていた。 しかし、同じ公人のクローンとして作られたエクリュと触れ合うことにより、少しずつ世界と自分の未来への希望を持てるようになっていく。 だが、運命はふたりが共に生きる未来を許すことはなく――――。 雪とクローンの織りなす、SFファンタジー小説。 ※他サイトでも掲載している作品となります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 一之瀬くんは人気者になりたい

    イケメン2人×平凡陰キャ 青春ラブコメ

    0

    0


    2022年5月18日更新

    見た目も学力も運動もパッとしない一之瀬弥太郎(いちのせ やたろう)はどうすれば人気者になれるか考えた結果──。 地元で有名な進学校に入ればその学歴でモテはやされ人気者になれるに決まっていると結論付けた。 しかし高校デビュー後、早五ヶ月が経過したが、イケてない中学時代と全然変わんない状況に何のために頑張って進学校に入学したんだよと嘆く。しかし周りにいる仲の良いクラスメイトはモテる奴らばかりで気に食わないが、そんな一之瀬に見下したりはせずに友だちとして接してくれるいい奴らでこんな日常も悪くはないなと一之瀬は思ってる。 しかし突如転校生が来る事によって静止していた物語が動き出す──。 温厚なイケメン優等生+スポーツ万能の天真爛漫なイケメン×僻みっぽい社交的陰キャな平凡顔の男主人公 高校生たちが送るおかしな日常ボーイズラブコメ。ギャルゲーのような個性的な少女や少年たちが絡んだり、BLなのにヒロインがいたりとジャンルは不明。 ※注意 初心者の初執筆と初投稿なので暖かい目で見て下さい。稚拙な文章で文法をあまり気にしないで執筆してますので支離滅裂、誤字脱字があるかもしれませんがお許し下さい。閑話は会話中心で文章が簡易化してます。注意はタイトルに*が付いてます。性描写はぼやけて表現しますがR15にならない程度です。こちらの物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。複数の個性的なキャラが登場しますが脇CPはなしです。加筆修正は気づき次第、随時します。誹謗中傷等はお控え下さい。 アルファポリス様、ムーンライトノベルス様にR18版を掲載してます! ⭐︎素晴らしい表紙は伊吹なる様に描いて頂きました! ※表紙、挿絵は無断転載、自作発言禁止です。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:32分

    この作品を読む

  • (百合愛)【金色の、雨の森】・・・・・・Käy, Auf Wiedersehen・・・・・・

    聡美と慶。激しい愛の物語。(百合デス)

    48,200

    0


    2022年1月31日更新

    「何があってもあたしは必ず帰りつく、あの人のもとへ」 黒髪・ツリ目・ショートヘア・はずかしがり屋の妖精のような女の子、叢雨慶(むらさめけい)は、誇り高きドイツ男爵家の末裔なおかつ半分日本人のハーフ長身美少女、花輪フランツィスカ聡美(はなわふらんつぃすかさとみ)に求められて交際をはじめる。前世からのえにしのごとく、聡美と慶の心は強く結び合う。それなのに。残酷な運命の手が、蛇のごとく慶を背後から呑み込んでいく。 ちょっとだけ過去、二〇一六年の京都を舞台に燃え盛る、二人の宿命の濃い、いや恋!!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:19時間6分

    この作品を読む