イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

読了目安時間:5分

エピソード:29 / 42

 秋はきのこ料理を食べたいですね、でもカエンタケとか食べちゃ駄目だからね

「菌類」

a.  「お姉さま見て、大人気有名女優の樋見 愛知がキノコ頭の女とホテルに入って行くよ!熱愛報道のチャンスだよ!!」     夜の繁華街を香燐と歩いていたところ、熱愛現場に遭遇してテンションが上がっている猫鈴猫。 騒がれてもステルスモードオンだから周りの人間に猫鈴猫が見えていないのは救いだ、無理に落ち着かせる必要とかは特にない、ちょっと煩わしいだけ。 「見なかったことにしてあげて、いちいち騒ぐ事でもないでしょ?」 「あっはは、お姉さま今の仕事、向いてないよ」 「うっさいわね、ネタなら幾らでもある...んだから...たぶん」 「じゃあ代わりに私とお姉さまが熱愛しちゃう〜?」 「OKそれを記事にしちゃいましょう...なんて、ならないんだから!」 「ちぇっ、残念だにゃ〜」    このとき香燐は、他会社の新聞記者に盗撮されており、後に恐怖!夜中に独り言の新聞記者!!と記事を書かれる事になるなんて思いもしなかった。 「ね、お姉さま、誰かこっちを見てたよ?」 「こんだけ人が沢山いるんだから、美人をつい見ちゃう奴が何人かいても不思議じゃないわよ」 「否定はしないけど...」 「ああ、お腹すいた、貴方がキノコ頭とか言うからきのこ料理食べたくなっちゃった」 「食欲の秋だもんね〜」 「まあそんなお金無いから、松茸のお吸い物でも買って帰るとしましょう」 「うう、可哀想なお姉さま!」   秋の夜、繁華街に寒い風が吹いた。 b. 「このステーション内に、保篠たちを殺害した犯人がいるわけね」 「だけど、生命体反応は感知できませんでしてよ?」 「うん、菌糸、きのこの反応しか無いよ」 「食べたらキノコになるキノコだったりして」 「まさか、あり得なく...もないかも」 「とにかくキノコは危険かもしれない、駆除しよう」 「わかりました!ある意味キノコ狩りだね」    まず手始めに、葵隊員が天井のキノコに銃口を向けた時だった、ステーションが揺れ始める。 「ん?なんだ!?」   更に戸惑いを加速させる事が起きる、天井から生えるキノコの一つから白い糸状のものが伸びてきて、雪片隊長の連絡用端末に侵入したのだ。 「なっ、まさか菌糸?」 「隊長の端末に入って、何をするつもりなの...」    一同が息を呑み、銃を構える準備を整えつつ端末を見守っていると、不気味で低い声がノイズ混じりに流れ始めた。 「“ワレワレの邪魔をシナイデクレ、地球、一つとなり、永久の生命を得たいダケなのダ”」 「地球と同化するつもり?そんなこと出来る訳ない!」 「可能だよ葵隊員、地球でも最大の生き物はキノコなんだもん、それの宇宙版なら...」 「食用になってくれたら食糧問題解決するかなあ」 「こんな危険なキノコ、排除一択ですわ」 「ええ、地球を支配することも、仲間を殺したことも許さないわ!」    瞼の裏に蘇る、楽しそうに夢を語り、宇宙ステーション・コスモスのクルーに決まったと嬉し涙を長す親友の姿が。 「よくも保篠たちを...」    怒りを露わにしつつも飽くまで冷静に、雪片隊長は怪物の侵入した端末を何発も撃ち抜いた。 壊れて落ちた端末からスルスルと菌糸が這い出てくる、捕まえようとあんずが飛びかかるが捕まえられず、凛憧隊員の射撃は見事に命中した。 「っ...駄目だ、効いてない」   菌糸は銃撃で空いた僅かな穴からステーション外へ抜け出し、今度はイキシア一号に侵入して同化する。 その様子を窓から眺めていた雪片は、菌糸が何をするつもりなのか、直ぐに分かった。 「しまった...あいつワープを使うつもりだ!」   そのとおり、菌糸はイキシア一号のワープ機能を作動させた、目的地はもちろん地球だ。 「今から戻るまで、防衛軍と猫鈴猫ちゃんに任せるしかないわね」 「流石に私も、こっから地球まで瞬間移動は無理ね」 「なら一刻でも早く戻って助太刀しないと!」    再びロープを伝い、葵はもちろんストックとあんずはイキシア二号に、隊長は凛憧隊員専用の三号機に乗り込み、ワープ機能を使用して地球へ急行する。      c.    イキシア一号とワープ機能を利用した宇宙菌糸は、青木ヶ原樹海の上空までやってきたところで飛び出した。 菌糸は深緑の真上でカサ状に変形すると、そこから宇宙生物の体をニョキッと生やし、宇宙細菌怪獣オニラドロンとなった。 「菌類」の挿絵1 オニラドロンは樹海の中心に着地。衝撃と揺れで首吊り死体が何体かぶら下がる大木や、自殺禁止の看板が倒れる。 そして、いよいよ地球と同化する為に、オニラドロンは口から菌糸を吐き出して地面に挿入し始めた。 「“攻撃開始、撃てぇ!”」    葵隊員から連絡を受けていた防衛軍の戦闘機が、出撃してきた。地球を守るため、オニラドロンに対してミサイルによる攻撃を撃ち込む。 オニラドロンはミサイルが着弾する前に、胞子をバラ撒き、空中で粉砕、両腕からも菌糸を伸ばして防衛軍機を叩き落としてしまう。 「“焼夷弾を使いたいが森林火災は免れない“」 「“諦めるな、カサを狙うんだ!“」    防衛軍機はオニラドロンのカサを狙って攻撃を続行するも、すべからく胞子で無効化され、菌糸の鞭で次々と撃墜されていった...。 「行くのよ猫鈴猫!皆が宇宙にいる今、あの怪獣を倒せるのは貴方だけなんだからっ!」   MINTから怪獣が地球に向かったと聞いて、スーパーマーケットから人気の無い裏路地に移動してきた香燐と猫鈴猫。 報道のお陰で、怪獣が現れたのは樹海だと分かっている、後は向かうだけだ。 「お姉さま、私が居ない間に何処の馬の骨とも分からない女に持ち帰られたりしないでねっ」 「しないしない、しないからさっさと行きなさい」   ボタンを押された猫鈴猫はステルスモードのまま巨大化、香燐を案じつつ樹海へ向かう。 つづく

 食欲の秋、読書の秋とかハロウィンとかあるけど、秋の歌って他の季節と比べて少ない気がします

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ♡1,000pt 〇50pt 2022年1月26日 14時11分

    前エピソードの衝撃的なラストから今回冒頭の猫鈴猫ちゃんと香燐さんの日常パートに戻ってきて安心感。松茸のお吸い物には松茸は入ってないんですよね…。寄生型の敵は厄介ですね。逃走?した怪獣を地球にいる猫鈴猫ちゃん達が迎え撃つ、果たしてどう攻略するのか

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年1月26日 14時11分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時43分

    ポイントコメントありがとうございます! 結局松茸食べれないの可哀想に... 松茸のお吸い物、自分は割とよく食べますがどう考えても... 寄生型の敵は恐ろしすぎるので嫌です、地球に来ないで

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時43分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ♡2,000pt 〇30pt 2022年1月20日 15時25分

    うおお菌類の群体はやっぱり手強い!けどこれだけエネルギー使いそうな奴らに地球と同化されたら栄養全部持っていかれそうですね。森林火災を盾にするとは。ネリネちゃんはどう挑むか、宇宙組の加勢は!?次回に期待です!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2022年1月20日 15時25分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月22日 12時50分

    ポイントコメントありがとうございます! 菌類の群体、字面だけで気味が悪いですわね 地球の栄養総補給楽勝ですわな、やばいやばい 森林火災もやばい 次回乞うご期待

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月22日 12時50分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡300pt 2022年1月26日 14時04分

    《「お姉さま、私が居ない間に何処の馬の骨とも分からない女に持ち帰られたりしないでねっ」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年1月26日 14時04分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    「ドヤァ」ステラ

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年1月26日 14時02分

    《更に戸惑いを加速させる事が起きる、天井から生えるキノコの一つから白い糸状のものが伸びてきて、雪片隊長の連絡用端末に侵入したのだ。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年1月26日 14時02分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「ぎゃーっ」

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ゆりすぺしゃる2
  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ビビッと ♡200pt 2022年1月26日 13時59分

    《このとき香燐は、他会社の新聞記者に盗撮されており、後に恐怖!夜中に独り言の新聞記者!!と記事を書かれる事になるなんて思いもしなかった。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2022年1月26日 13時59分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ホラー「ぎゃーっ」

    百合豚怪獣キマシラス

    2022年1月26日 16時40分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【漫画単行本2巻発売!】神獣郷オンライン!〜『器用値極振り』で聖獣と共に『不殺』で優しい魅せプレイを配信します!〜

    それは、敵と和解できるVRMMORPG

    2,798,600

    16,940


    2022年5月22日更新

    それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7800以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

    読了目安時間:59時間35分

    この作品を読む

  • FrostBite ~君を覆い隠す、白い雪~

    君が生きていれば、それでよかった。

    100

    0


    2022年5月22日更新

    クローン技術が発展し、人間のクローンが当たり前のように作られるようになった時代。 某国公人のクローンとして作られたフロスティは、クローン教育施設――――「学校」にて、日々鬱屈とした思いを抱えながら生きていた。 しかし、同じ公人のクローンとして作られたエクリュと触れ合うことにより、少しずつ世界と自分の未来への希望を持てるようになっていく。 だが、運命はふたりが共に生きる未来を許すことはなく――――。 雪とクローンの織りなす、SFファンタジー小説。 ※他サイトでも掲載している作品となります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間47分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • (かいりゅうのエコー) 現代海軍×ロボット兵器 現行文明が滅亡して、何千年も後のどこかの惑星。海に囲まれ、大海流に流される浮島に住む人々の物語。 星の命運も尽きるかと思われた第二次全洋大戦から20年が過ぎた。人々が平和な日々に慣れつつあった開放歴865年、再び暗雲が世界を覆いつくそうとしていた。 大戦の英雄、羽佐間誠十郎の甥である羽佐間勇名(いさな)は、叔父の元で優秀なパイロットになるべく英才教育を受けていた。彼が駆るのは海面を滑走する海軍所属のロボット、機甲神骸(アーミス)だ。 16歳の勇名は、様々な人々と関わりを持ちながら成長し、世界の危機を食い止めるため、仲間を失わないために、戦いの日々に身を投じる。 ※本作は小説家になろう様にも投稿しています。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:3時間37分

    この作品を読む

  • sky bird

    変革後の世界で殺し屋と少女が空を舞う

    2,350

    0


    2022年5月22日更新

    奇跡なんて起こらないと信じられていた、その時代。その世界。 最終戦争と言われた世界大戦時、核兵器に優る新兵器の有害物質や複数の有害物質が混合して生まれた未知の物質などにより世界は歪んだとされている。そして歪みからカオス空間と後に呼称される異次元がうまれた。世界は変革した。 物理法則が狂い環境が変革した変革後の世界。世界はイフ(仮定=未来)とパスト(過去=絶対)に分かれた。人々はヤク(異能=厄災)とネイチャー(無能=自然人)に分かれた。世界は人間、突然変異で生まれた獣人、変革により生じた異形が混じりあい、更には未来と過去が両存する混沌のゴミ箱と化していた。 変革を作りしカオス空間の使者達はヤクやネイチャー等、人に扮して世界に混ざった。そして一つの支配階級を形成した。奴らを見分け、早期に世界を取り戻す。その志を持つ者はいない。何故か。知る者がほぼいないからだ。巧みな手口で世界からカモフラージュされた彼らはとある力で持って世界の命運(設定)をゲームのように決めていた。法則が常に変わる世界では生け贄と捕食者という関係性は崩れない。歪みが定期的に発生しカオス空間が生まれそこに現れた異形に餌を与え、満足すれば帰って行くというゲームだ。その餌の確保と自らの安全な暮らしのために、人は他者を犠牲にする。【彼】は人知れず全てを知っている。人知れず知りながら、彼はまだ誰にも明かさない。乱立する高層ビル群を飛びながら何かを知りながら素知らぬ風に空を舞う彼には事情がある。あるが、それを知る者は彼以外またいない。主に殺しを仕事でする彼だが、本職は便利屋である。イレギュラーとインビジブルの異能を持つ彼は今日も稼業に奮闘し、逃亡劇を繰り広げていた。が、かのビルで一緒に逃げていたミルミと出会った。 天下無敵の殺し屋自由人×裏がありそうだけど元気溌溂少女ミルミによる、自由を求める悲喜交々爽快痛快ファンタジー。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20分

    この作品を読む