イチャイチャ☆百合っ娘ロボ 〜怪獣VS巨大ロボッ娘〜

読了目安時間:4分

エピソード:19 / 42

 好きな版権キャラを参考に登場キャラのイラスト描いてみましたが、なんか可愛く描けませんでした。 なのでこのイラストを誰か可愛くリメイクしてくれないかなーとか思いつつ、投下しました

第7話「電撃怪獣撃滅作戦」 透電怪獣スケルハイタン登場

「停電」

今回の登場怪獣スケルハイタン 「停電」の挿絵1 登場人物 桃井 香燐 「停電」の挿絵2 猫鈴猫 「停電」の挿絵3 あんず 「停電」の挿絵4 凜憧 椛 「停電」の挿絵5 a.    ガスや水道など、この現代社会で生きていく為に必要不可欠なものは沢山ある、電気もその中のひとつ。 電気が無くなればライフラインが断たれ、人は本能的に闇を恐れる生き物であるため、光なき夜の訪れに怯える羽目になる。 こんな想像もしたくない事態も、怪獣という存在は、簡単に引き起こしてしまうのだ―――― 「あれ!?」    猫鈴猫が世界の魚図鑑の鑑賞を楽しんでいたところ、いきなり部屋の電気が消えてしまった。 せっかく鮫の紹介ページに入ってワクワクしていたのに、水を差された猫鈴猫は、頬を膨らませる。 「お姉さま、お部屋が真っ暗になっちゃったよ!?」 「誰のお先が真っ暗よ!明るい未来しか待ってないんだから!!」         猫鈴猫以上に深刻な気分なのは、取材内容を入力していたノートパソコンの電源が落ちてしまった香燐である。 暗闇でも感覚で何処になにがあるかは分かる彼女は、照明の紐をカチカチと引っ張るくらいは出来たものの、全く付く気配がない。 「やっぱ停電ね、雷だって無かったはずだし」 「安心しなよ、私がいる限り薔薇色というか百合色の明るい未来が約束されてるんだからっ」   猫鈴猫は、両眼を暗闇の中にいる時の猫の如く光らせながら、香燐の胸に目掛けて飛び込んだ。 「うわっ!こわっ!!」    本物の猫ならウェルカムだけれど、一応人型の猫鈴猫に目を光らせながら迫ってこられると若干ホラーだ、香燐は咄嗟に体を反らす。 すると猫鈴猫は畳の上に腹から叩きつけられて、ぐぇ、潰された蛙みたいな声を漏らした。 「ひっどーい!避けないでよ!!」    お腹を擦りつつ、猫鈴猫は目から放たれる光を頼りに香燐の傍に近付く。 やっぱり不気味な光景だが、今度は動じない香燐の肩に、猫鈴猫は頭を乗せた。 「停電」の挿絵6 「あなたね、仕事の邪魔だからこういうのはって...」 「どうせ停電だから無理だよ〜」 「うーん、貴方にこれ刺せないかしら?」        電源コードを手に、首根っこを掴んで引き剥がした猫鈴猫の全身を視線で舐め回す香燐、いくら容姿が良くても変態にしか見えない。   「きゃー!お姉様ってば、やらしい〜!」 「不埒な意図は無いっての、ただ仕事を再開したいだけよ」 「うーん、さすがにそれは無理... ... ...じゃないよ!」 「まあ良いわ、停電が理由ならあの編集長でも許してくれるでしょ...って、出来るんか〜い」   ノリツッコミしてる間に猫鈴猫の額に浮かび上がった配線用差込接続器に酷似した差込口に、香燐は電源ケーブルを差し込んだ。 これにより香燐は仕事を再開できたが、この停電が及ぼす被害は決して小さくなかった。   b. 「いよいよ明日なんだよね...」   病院のベッドに横たわる少女が弱々しく呟くと、傍らで林檎を剝いていたあんずの眉が八の字になった。 あんずの今日の任務は、手術への不安に怯える凛憧 椛の妹である結椛(わかば)を勇気付けることだ。 「まだまだ見れてないアニメや漫画が沢山あるんでしょ、絶対に手術は成功するよ」 「ホントかなぁ? てか見舞いに林檎なんてベタだね」 「栄養満点だって雪片隊長に聞いたんだ〜」 「そっか」    結椛とあんずが初めて会ったのは、ほんの三日前に、凛憧隊員から病弱で友達の少ない妹と、仲良くしてやって欲しいと頼まれてこの病院に訪れたとき。 同室の入院患者は結椛と歳が離れていたし、気難しい性格ゆえに彼女と仲良くできていなかった。 あんずは忘れられない、友達になってくれないかな、と恐る恐る言った時に見せてくれた心底嬉しそうな笑顔を。 「不器用なんだね、あんずちゃん。さっきから何度も刃が指に当たってんじゃん」 「うん、でもね、わたしの指は硬いから大丈夫だよ」 「私もあんずちゃんみたいなロボットならよかったのに、壊れちゃっても直せるし、そもそも簡単には壊れないなんて羨ましいね」   結椛が項垂れる。うっかり彼女を落ち込ませる発言をしてしまったあんず自身も涙目になった。 「私だって壊れちゃうのは怖いから、同じだよぅ」 「あんずちゃんは優しいね、お姉ちゃんとは大違いだよ」 「凛憧さんも結椛ちゃんのこと気に掛けてたよ?」 「その割には怪獣が現れた訳でもなくて、パトロールとか訓練とかなのに来てくれないじゃん、今日が手術だって知ってるくせに」   結椛は不機嫌に吐き捨てると横たわり、枕を強く抱きしめた。 「えっと、どうしよう...」   あんずが困り果てていると、急に病室が闇に包まれた。照明だけでなく、他の患者が見ていたテレビも崖で刑事が犯人を説得するシーンで消えてしまう。 「おいおい良いトコで停電かよ!」   弱り目に祟り目ってヤツだ、あんずが愈々涙代わりの油を溢さんとしたとき、雪片隊長からの連絡が入ってきた。 あんずは体内に埋め込まれた通信機を通して、MINTや防衛軍と連絡を取ることが出来るのだ。 「あう、どうしたんですか?」 「“至急白辺山第四発電所に来てください、怪獣が電気を食べているの“」 「わわっ、わかりました...あの、そんなわけだから、私行くね...結椛ちゃん?」    今の話が聞こえていたのだろう、見ればベッドに横たわる結椛の体は震えていた。 「大丈夫だよ、きっと私が怪獣をやっつけてくるからね!」   違う。病室を去り、現場へと向かうあんずの背中を眺めながら結椛は呟いた。 つづく

 キャラデザはもうどんなん描いても誰かのキャラと被るし開き直って版権アニメやゲームのキャラモデルにしたりしてますね!!!! 怒られないやろか...

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 1周年記念ノベラ&ステラ

    方舟みちる

    ♡2,000pt 〇30pt 2021年9月30日 19時06分

    待ちに待ったあんずちゃん主役回! そして香燐さん達のビジュアルもついに明らかに。序盤の目を光らせて飛びついてくる猫鈴猫ちゃんかわいい(挿絵もかわいい)…けど、香燐さんの立場だと確かにホラーですね…。結椛ちゃんはあんずちゃんに何を伝えようとしていたのか、気になりますね

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    方舟みちる

    2021年9月30日 19時06分

    1周年記念ノベラ&ステラ
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年10月1日 11時49分

    ポイントコメありがとうございます!! いやあ参考見ながら描くと違いますね。だから既視感とかは出てきちゃいますが(丸パクじゃないよ)、かわいい言われて嬉しいです!! 主人公以外の主役回が時々ある、ウ○トラでもよくありますが好きなんです。何を伝えようとしたのかそれは続きで(姑息

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年10月1日 11時49分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ♡2,000pt 〇20pt 2021年11月24日 0時36分

    香燐さん記事が消えて災難!でもネリネちゃんとイチャイチャできたから塞翁が馬。トラブルだからサボりたい気持ちと仕事できず(稼げなくて)嫌な気持ちが両立しちゃうのなんかわかります。あんずちゃんの献身的なお見舞いもかわいい!家族が忙しいせいで年少の子が構ってもらえない王道な流れも好き!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年11月24日 0時36分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 17時15分

    ポイントコメントありがとうございます 百合百合できたのはプラス。ワタルさんの共感を得られてよかったです、社会人あるあるなのかな。 あんずは優しい子なのでありました

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 17時15分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ビビッと ♡300pt 2021年11月24日 0時17分

    《やっぱり不気味な光景だが、今度は動じない香燐の肩に、猫鈴猫は頭を乗せた。》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年11月24日 0時17分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    頭重い

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ビビッと ♡100pt 2021年11月24日 0時21分

    《「大丈夫だよ、きっと私が怪獣をやっつけてくるからね!」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年11月24日 0時21分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    燃えてキタ~‼

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    ワタル

    ビビッと ♡100pt 2021年11月24日 0時20分

    《「私だって壊れちゃうのは怖いから、同じだよぅ」》にビビッとしました!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    ワタル

    2021年11月24日 0時20分

    ゆりすぺしゃる2
  • ゆりすぺしゃる2

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    わ~い!

    百合豚怪獣キマシラス

    2021年11月24日 16時49分

    ゆりすぺしゃる2

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • リジェネ・スピラー

    「アンドロイド」はまだスマホだよ

    200

    0


    2022年5月18日更新

    神の領域を侵した・・・ その存在になって、なぜ未然にふせげなかったのだろうと思わせた。 『機械と人間の統合の研究』。 そのための『新薬』の開発。 生き延びるために始まったその研究は、簡単に言うと大衆にこう思われた。 「そこまでして、生きていていいのか?」 生体の部分を微塵も持たない、蘇りし精神。 『リジェネ・スピラー』。 自然的精神を謳い、不老不死を夢見る研究は、その危険性を公には曖昧にしていた。 まるでそれが『当然』かのように。 これはリジェネ・スピラーになった19歳の男子〈セージ・サクト〉が主人公のお話。 お話の始まりには少し時間がかかりそうです。 序章の前に、人種表と余興があるので。 これは現実世界にそんな存在を作らないための危機感を描いた作品。 もちろん、エンターテイメント性を含んで。 ※この作品はSFのジャンルを選んでいますが、ファンタジーの類いかもしれません。 「こんな作品は絶対的に必要だけど、 こんな作品に出てくるような現実は絶対にいらない」と言われたいです。 作者的には、機械と人間の線引きについて『装着』が限度であると思っています。 開発中のはずの『ソフトメカ』について、です。 機械との統合は、誰も望んでいません。 それを大前提にこのお話を公開します。 《ランキング報告》 最高 日間25位

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:39分

    この作品を読む

  • FrostBite ~君を覆い隠す、白い雪~

    君が生きていれば、それでよかった。

    100

    0


    2022年5月18日更新

    クローン技術が発展し、人間のクローンが当たり前のように作られるようになった時代。 某国公人のクローンとして作られたフロスティは、クローン教育施設――――「学校」にて、日々鬱屈とした思いを抱えながら生きていた。 しかし、同じ公人のクローンとして作られたエクリュと触れ合うことにより、少しずつ世界と自分の未来への希望を持てるようになっていく。 だが、運命はふたりが共に生きる未来を許すことはなく――――。 雪とクローンの織りなす、SFファンタジー小説。 ※他サイトでも掲載している作品となります。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:1時間2分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 奈落の王と嘆きの女王

    「右の核を撃たれたら左の核を撃てよ!」

    1,379,250

    39,546


    2022年1月31日更新

    西暦2022年。世界各地で遺物と呼ばれる異文明の痕跡が見つかり始めて半世紀以上が過ぎようとしていたこの時代、世界は東西の冷戦を経て今なお戦禍の炎に包まれていた。遺物は兵器に革新をもたらし、その技術によって作られた拡張人型機動戦車――EPTと呼ばれる大型の人型兵器が戦場の主役になっていた。大国政府がこぞって遺物の収集と確保を推し進め、その過程で巻き起こる領土紛争や小国への蹂躙。人類に破滅を告げる時計の針は確実に加速していた。 ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは一切関係がありません。 この作品に特定の国家、人種、民族、宗教、政治団体、企業、その他あらゆる組織や個人、思想を誹謗中傷する意図はありません。 また、この物語は法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:49時間10分

    この作品を読む

  • 魔法少女『ののか』REBOOT ~甘いお菓子はきっとパンツの中にある~

    魔法少女のパンツは命?!

    31,211

    60


    2022年5月18日更新

    魔法少女はパンツをチカラとして他の魔法少女と戦う。 そして奇しくも魔法少女にパンツを脱がされてしまった魔法少女は甘いお菓子になってしまうの。 くまさんパンツの『ののか』は魔法少女として50人?の魔法少女と闘うことになるのだけれど、 果たして『ののか』は生き残れるのか?

    • 残酷描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:17分

    この作品を読む