現代/その他ファンタジー 長編 連載中

厄災の姫と魔銃使い

作者からの一言コメント

私の初の小説。のリメイクです。

読了目安時間:11時間39分

厄災の姫と魔銃使いの表紙

 ★毎週水曜・最終水曜は二話連続投稿 🌟【HJ大賞2020後期1次選考通過】  *水曜日が月に5回ある場合は一話ずつとなります。  何気ない平凡な村で暮らす変わった星の瞳の少女エリー。  彼女にはひと月ほど前の記憶がない。  そんな彼女の前に現れたのは一挺の銃を持った一人の青年クロト。  クロトの語るひと月ほど前に起きた一国の崩壊事件。第一皇女であったエリーはその事件の元凶となった世界の天敵【厄災の姫】である。  訳ありなクロトはエリーを必要とし、エリーはクロトと共に……。  情のない魔銃使いと、呪われた少女。  突き放し、それでも寄り添い、互いは共に旅をする。  例えすべてが敵でも、それが世界でも――  ――【好意】は【偽善】ですか? 【愛情】は重荷ですか? 【愛情】を捨てれば楽になれますか?  互いが互いを必要とする二人の複雑関係ファンタジー。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 厄災の姫と魔銃使い
作者名 星華 彩二魔
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ 厄災の姫と魔銃使い やくまが オリジナル ファンタジー 少女 少年 魔銃 悪魔 魔王 シリアス HJ大賞2020後期
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年6月16日 0時00分
最終投稿日 2021年8月2日 0時00分
完結日 -
文字数 349,528文字
読了目安時間 11時間39分
ブックマーク登録 15件
コメント 1件
スタンプ 30件
ビビッと 1件
応援ポイント 12,500pt
ノベラポイント 120pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ALCHERINGA[地]現夢境島

    「また一緒に夢を見よう」

    0

    0


    2021年8月2日更新

    創作クラスタが死んだ!この人でなしー! あっお迎えが来たわよ^〜 (シリアスです)

    読了目安時間:1分

    この作品を読む

  • ヒモ探偵

    推理とは99%妄想と1%の運である

    2,200

    0


    2021年8月2日更新

    この世界は不平等だ。 人類の9割以上が異能力を持っているこの世界では無能力者が迫害されている。 能力を持っていないというだけで学校には通えず、職に就くことも出来ない。 このような世界に無能力者として生まれてしまった青年、東雲伊織は親に捨てられ現在無職。その為、収入がなく、幼馴染みに養われている状況だ。 いわゆるヒモである。 そんなある日。異世界からやってきたエルフの王女が誘拐されるという事件が起きる。 たまたまその現場近くにいた伊織は持ち前の推理力とハッキング技術を駆使して、これを解決へと導いた。 そして、この事件をきっかけに彼の運命は大きく動き出すのだった……。 「カクヨム」様でも投稿しています。

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 月影の砂

    五人の少年少女の英雄物語

    59,000

    215


    2021年8月1日更新

    突如として現れた邪悪なる魂、おとぎ話に語られる《絶望》。それは最初の英雄と呼ばれる五人の手によって封印された。 やがて千年の月日が流れ、五つに分けられた封印のクリスタルから絶望の魂の一部が解放されてしまう。 絶望は一人の少年を乗っ取り、己の野望を果たすためにひっそりと動き始める。 封印が解けたことに気づいた月の女神は、解き放たれた絶望を倒すために五人の少年少女に特別な力を与える。 のちに最後の英雄と呼ばれるこの五人のうちの一人、ルーセント・スノーは唯一絶望を倒すことができる守護者を与えられた。 田舎町の道場で剣術を習っていただけの少年は、仲間を探すために世界をめぐり、国を守るために将軍として軍を率いて、いまだ見ぬ絶望に立ち向かっていく。 ――――――――――――――――――――――――― <おしらせ> Teapotノベルスにて、書籍化に向けての応援を募集しています。 https://teapot-novels.com/vote/#item-494 ここから応援をお願いします。 現在、読みやすくするために修正中。1-終話まで完了(2020/12/29) ※一部の修正が完了しました。二部以降も修正したいですが未定です。一部と矛盾してるところも出てくるかもしれません。 サブタイトルの話数表記を変更しました。(2020/12/19) ※縦組みを想定して行間を詰めて書いています。 いつもスタンプ・ポイント、ブクマ等ありがとうございます(≧∇≦)

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:20時間9分

    この作品を読む

  • ダークスレイヤーの帰還

    美女とロマン多めのファンタジー大河小説!

    901,050

    5,470


    2021年7月25日更新

    【日間総合1位、異世界ファンタジー日間1位になりました!】 【HJ小説大賞2020後期、最終選考!】 かつて無限世界の構造に異を唱え、絶対者たちに唯一反旗を翻し、永遠の闘争に身を置いた戦士がいた。 神々の不都合を封じた『永劫回帰獄』の黒い炎を纏い、封じられた戦士たちの力と武器を揮う闇の存在、ダークスレイヤー。 しかし、いつしか彼は忘れ去られ、その戦いも伝説として忘却されつつあった。 一方、緩慢に滅んでいく無限世界の中で、唯一『永遠の地』と呼ばれる異世界ウロンダリアでは、八百年前の大戦を最後に訪れた長い平和に、不穏な退廃が漂い始めていた。 全てが漂着するとされるウロンダリアにおいて、ことさら特殊な漂着者とされる『眠り人』。 二十人を最後に永遠の平和が訪れるとされていた予言は破られ、二十一番目の『眠り人』とされる男が流れ着く。 彼を目覚めさせるのは『眠り女』と呼ばれるさまざまな種族の女性たち。 やがて目覚めた男は何を見、何と戦い、何処へ行くのか? 妙に多い美女たちの謎と、彼女たちとの関係は? 囁かれる『時の終わりの大戦』とは? これは、神と人の時代の隠された断絶と、我々が忘れた戦士の物語。 ※総文字数は250万字を超える予定です。 ※大長編なので、所々に単発エピソードを置いています。『※単発』とあるエピソードは話の進行に関係なく読めます。 広大な異世界ウロンダリアの沢山の物語の一つにして最重要エピソードである、『ダークスレイヤーの帰還』をピックアップした物語です。 政治・文化・言語まで設定された世界を舞台に、素敵なヒロインたちと硬骨な冒険が続いていきますが、やがて物語は多くの他の異世界や無限世界全域の問題を浮かび上がらせていきます。 【各章の紹介】 序章・主人公の目覚めと『眠り女』たち、そして魔の都。 第一章・工人の女アゼリアと、銃を使えるようになるまでの物語。 第二章・大国バルドスタの王女アーシェラが、古い困難を取り除くまでの物語。 第三章・ゴブリンの姫ゴシュの一族の敵討ちで、帰らずの地へ。【現在執筆中】 第四章・狼の魔女ファリスと魔女協会、そして黒い森の物語。 第五章・北のアンスリノラを出る、最後の眠り女カルラの物語。 以降順次発表・執筆していきます。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:28時間12分

    この作品を読む