実は女だと言い出せない

読了目安時間:6分

6

 夜の空に、月が高く昇った。  白く淡い光を湛える小さな下弦の月が、霞みがかったようにぼんやりと闇の中に浮いている。  その月も風に流される雲の間に見え隠れして、月明りさえ乏しい。  闇の深い、暗い夜だった。    村全体が、息を潜めるかのように静寂に包まれていた。  蛇女のことを警戒しているのだろう。  外に一歩出ると村の中には、明かりの灯る家は一軒もなく、声や物音の漏れ聞こえる家もない。全てが眠りについてしまったかのように、生き物の動く気配が感じられない。  聞こえるのは、建物の隙間を通り抜ける風の音。  葉を落とした細い梢の間を吹き抜ける、笛のような風の音。  さぁぁ……っと、色褪せた草を撫でて通り過ぎていく乾いた風の音だけ。  足元は暗く、シモンの少し先を歩くセオバルドの姿さえ、明かりが無ければすぐに見失ってしまいそうだった。  セオバルドの持つ小さなカンテラは、足元の地面の様子をほんのりと浮かび上がらせる。カンテラの大きさに見合うだけの小さな炎を頼りに、二人は村の中を進む。  視界の悪さから不安に駆られたシモンが、前を歩くセオバルドとの距離を詰めた。  さらさらと水の流れる音が聞こえてきた。  村の中を流れる小川の近くまで来たようだった。 「亡くなった三人の家は、この橋から小川沿いの家の家だったな……」  橋を渡り始め、その中央まで来たところで、足を止めたセオバルドが声を発した。  小川の風上から橋の上を、刺すように冷たい風が吹き抜ける。  その冷たい空気の中に昼間と同じ、痛んだ肉のような匂いを感じたシモンは視線を巡らせた。 「はい」  橋の下は暗く、小川は見えない。  これでは闇の中から急に蛇女が襲い掛かってきても、わからない。  その場に留まったままのセオバルドの足元を見ながら、シモンは溜め息をつく。  そういえば……。 「先生? 囮って何をするんですか?」  恐る恐る尋ねるシモンに、セオバルドは振り向いて答えた。 「ただ村の中を歩き回るだけでいい。三人目を殺してから二週間だそうだ……。頭に付いた血が匂っているだろうし、ちょうど良く間も空いているからきっとすぐに寄ってくる」  シモンと目を合わせ、流れる雲の間から覗いた白く細い月の真下で、くすりとセオバルドが笑う。  漆黒の髪が、細い月から降り注ぐわずかな月光を柔らかに受け止める。  すっと通った鼻梁と形の良い顎の間で、薄い唇は滑らかな弧を描き、笑みを形作る。  微笑することで細められた青い瞳は、白い肌に映え、夜の闇に埋もれることなく(つや)やかな光を湛えた。  すらりと長身であり、男性的な骨格をしているセオバルドは女性である自分とは根本的なものが違う。  セオバルドを改めて異性として見つめて、シモンは思う。  若い男性ばかりを襲ったという蛇女は、女性である自分よりも、セオバルドの方がよほど好みなんじゃないか、と。 「先生。蛇女は先生の方へ行くんじゃないですか? その……、蛇女の好みというか。被害に遭ったのはみんな若い男の人らしいですけど、僕はちょっと幼く見られるし」  蛇女の好みが、若い男性だとはっきりとしているのなら。  いくら魔力が希少なものだとしても、女性の自分よりも本来の好みに重点を置くのではないかとシモンは考えた。 「好み、か。蛇女の好みが若い男だとしたら、君は蛇女の好みではないかもしれないが……。私は魔物に存在を気取られない強力な魔除けを身につけているから、ちゃんと血の香りを漂わせている君の方へ行く」  きっぱりとそう断言し、セオバルドは先程鞄から出した短剣の鞘を手に取ると、シモンの方へ柄を向けて手に取るよう促す。 「そう、ですか」  やっぱり。  蛇女はもう少し育った男性が好みなのだろう。  それを理解した上で、セオバルドが魔除けを付けているのだと納得したシモンは、差し出された短剣の柄を握る。 「それに……、蛇女がもしも村の女性として潜んでいたのなら、若い男ばかりを襲ったのは、好みでも偶然でもなく、必然だったのかもしれない」 「? ……どういうことですか?」    それ以上何も言わないセオバルドから、シモンが受け取った短剣へと視線を落として眺めまわす。  ずっしりと確かな質量を持つ短剣は鞘から抜くと、銀色の刀身がかすかな月の光を映してきらりと闇に浮きあがるようだった。  短剣を渡された意図を掴めずに、シモンはそれを手の中で持て余す。 「振ってごらん」  握りしめた短剣の柄は、太すぎず細すぎずに掌にしっくりと馴染む。  セオバルドに言われた通り振り抜くと、銀の刀身が薄い月明りの中に一閃の煌めきを残す。  重すぎれば腕と共に身体が持っていかれ、軽すぎれば力が乗らない。だが、振りぬいた短剣はシモンの腕の力を乗せ、綺麗な弧を描いた。 「それは、君がこの先護身用として持っているように」 「僕が、……ですか?」  セオバルドが頷くのを見て、シモンは短剣を鞘に戻しながら困惑の表情を浮かべた。 「そのまま使っても効力はあるが、清めの術が施されたそれは、君が魔力を注ぎ込んで使えば格段に威力が跳ね上がるはずだ」 「僕の……。あ、前に孵った蝶の精霊が魔力を込めたように……」  刀に施された清めの術に、シモンの増幅の力を添える。 「ああ、そうだ。それを持って蛇女が出てきたら、近づいて絞められて欲しい」 「え!? やっぱり生餌ですか?」  耳を疑い、反射的に考え得る最悪の事態が口を衝いて出た。  言われていることに対して、全く理解が追い付かない。  いや……、と動じずにセオバルドは否定する。 「締め付けられる前に結界を張るんだ。結界に巻き付いたら動きを止めるだろうから、そこを狙う。君は実戦で結界を張る訓練になるし、私は術に集中できる」 「え……っ」  呆然と立ち尽くすシモンの反応を気にすることもなく、セオバルドは話し続ける。 「ただ、君の結界はまだ不安定で薄く、締め付けられればおそらく長くはもたないだろう。気を引き締めるように。私の攻撃するのよりも先に結界がもたないと感じたら、結界の中からその短剣に魔力を込めて、蛇女の喉を深く突くんだ」 「ええっ……」  短剣を渡された意図をようやく理解し、シモンは零れそうな程大きく目を見開く。  手に余る難題を言い渡されたように聞こえて、手元の短剣とセオバルドの顔を何度も交互に見つめた。  セオバルドは、シモンにそれが出来るのだと信じて疑わないのか、表情一つ曇らせる様子はない。  助手として囮を引き受けたシモンは、無責任に役を投げ出すことは出来ない。  出来ないとは、言えない。 「……身を護る術は、何も結界を張るばかりとは限らない。手段は多いに越したことはない」  言い含めるようなセオバルドの言葉の中に、今日捕まったことを暗に示されているような気がして、シモンはうっと息を呑む。 「私は少し離れるから、このまま一人で先へ進みなさい。……助手として、頑張っておいで」  カンテラをシモンに手渡すと、セオバルドは今来た道を引き返して行った。  その姿は、あっという間に闇の中に溶け込み見えなくなる。 「せ、先生……?」  手元には、遠くまで見通すには心許ない小さな明かりを灯すカンテラが一つ。  暗闇に閉ざされた村の中で独り、こくり、とシモンは固唾を呑む。  持っていたカンテラが、手の震えに合わせるようにカタカタと音を立てた。  自身を落ち着かせるために片手を胸に当てて、シモンは一度深呼吸をする。 (助手として……)  シモンは自分に向けて掛けられたセオバルドの言葉を、反芻(はんすう)し、噛みしめた。  結界を張る事も、短剣に魔力を込めることも出来る。  この先、ただの囮としてでなくセオバルドの助手として彼の側に立つのなら、すべきことをしなければならない。  セオバルドはまだ助手に付いたばかりの自分を気に掛け、優しくしてくれるが、いつまでも足を引っ張り、彼に甘えてばかりはいられない。  今、できることをするのだと、シモンは覚悟を決めた。  きゅっと唇を噛み、カンテラを持っていない方の手に短剣の柄を握りしめて、小さく足を一歩前へ踏み出した。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


  • 女魔法使い

    seokunchi

    ♡1,500pt 2021年1月24日 18時25分

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    グッジョブ!

    seokunchi

    2021年1月24日 18時25分

    女魔法使い
  • 女魔法使い

    香菜

    2021年1月24日 19時32分

    seokunchi様、読んで下さり、沢山の貴重なポイントを有難うございます! シモンが気持ちの上でも、小さく一歩を踏み出した回なので、グッジョブのスタンプをいただけてとっても嬉しいです。次話、またお付き合いいただけたら幸いです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香菜

    2021年1月24日 19時32分

    女魔法使い
  • 文豪猫

    松本佳純

    ♡1,000pt 2021年2月6日 12時28分

    わぁ〜ついに蛇女との対決に向けての緊張感が高まってきましたね……! シモンちゃんがんばれ〜! そしてセオバルドさんの容姿の描写めっちゃ好きです!!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    松本佳純

    2021年2月6日 12時28分

    文豪猫
  • 女魔法使い

    香菜

    2021年2月6日 20時19分

    松本佳純(1104!)様、読みに来てくださって有難うございます! 容姿描写好きだと言っていただけてとても嬉しいです。容姿描写もあまり素敵なことは書けず苦手なので、励まされます、大感謝です~! シモンの応援も有難うございます……!

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香菜

    2021年2月6日 20時19分

    女魔法使い
  • ひよこ剣士

    成瀬みつる

    ♡1,000pt 2021年1月24日 9時38分

    め~~っちゃ怖い…!作者さまの豊富な語彙力と情景描写が相まって余計に怖い…!! でも、この怖さがクセになるというか、早く続きが読みたいっ!って思わされます!続きも楽しみにしてます!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    成瀬みつる

    2021年1月24日 9時38分

    ひよこ剣士
  • 女魔法使い

    香菜

    2021年1月24日 19時29分

    成瀬みつる様、読んでいただき、沢山の貴重なポイントを有難うございます! 沢山誉めて下さり、恐れ多いコメントをいただいて恐縮です(感涙)……! 次話もお付き合いいただけたら、本当に幸せです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香菜

    2021年1月24日 19時29分

    女魔法使い
  • ひよこ剣士

    アカポッポ

    ♡500pt 2021年1月24日 8時46分

     蛇女とは言え、上半身は普通の女性なんですよね…… 喉に剣を突き刺す、なんてシモンに出来るかなぁ…… 自分だったらトラウマ一直線です(笑  と言うか、暗いっ怖いっ! ああセオ、遠くに行かないで〜! 余計に怖くなって来ますっ!

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    アカポッポ

    2021年1月24日 8時46分

    ひよこ剣士
  • 女魔法使い

    香菜

    2021年1月24日 19時04分

    アカポッポ様、読んでいただき、コメントをいただけてとても嬉しいです! 有難うございます。囮でぼっちになったシモンが蛇女の喉を刺せるかどうか、見守っていただけたら幸いです。刺すのは私も嫌です~(笑)

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香菜

    2021年1月24日 19時04分

    女魔法使い
  • マリア&ネロ

    美夕乃由美

    ♡400pt 2021年1月24日 8時36分

    さて、生餌のシモンさん。ぱくっと食べにきてくれますかねぇ。果たして若い少女は美味しそうに見えるのか。まあ、でも、魔力が美味しそうなら珍味として(ぉ

    ※ 注意!このコメントには
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    美夕乃由美

    2021年1月24日 8時36分

    マリア&ネロ
  • 女魔法使い

    香菜

    2021年1月24日 18時57分

    美夕乃由美様、いつも読んで下さり本当に有難うございます! 珍味は好かれるでしょうか……(どきどき)? ぱくっと食べられるかどうか。次話、お付き合いいただけたら嬉しいです。

    ※ 注意!この返信には
    ネタバレが含まれています

    タップして表示

    ▼▼

    香菜

    2021年1月24日 18時57分

    女魔法使い

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 【書籍化発売中】没落貴族の俺がハズレ(?)スキル『超器用貧乏』で大賢者と呼ばれるまで

    【書籍化決定!】彼は全てを覆す!

    898,800

    2,600


    2021年6月18日更新

    【書籍情報】 ツギクルブックスで2021年 4月10日発売予定! イラストレーターはリッター様となっております! Amazon等のサイトで予約開始しておりますので、良かったらぜひお願いします! ~あらすじ~ 両親に愛されなかった男、『三門 英雄』 事故により死亡した彼は転生先で『ラース=アーヴィング』として生を受けることになる。 すると今度はなんの運命のいたずらか、両親と兄に溺愛されることに。 ライルの家は貧乏だったが、優しい両親と兄は求めていた家庭の図式そのものであり一家四人は幸せに暮らしていた。 また、授かったスキル『超器用貧乏』は『ハズレ』であると陰口を叩かれていることを知っていたが、両親が気にしなかったのでまあいいかと気楽な毎日を過ごすラース。 ……しかしある時、元々父が領主だったことを知ることになる。 ――調査を重ね、現領主の罠で没落したのではないかと疑いをもったライルは、両親を領主へ戻すための行動を開始する。 実はとんでもないチートスキルの『超器用貧乏』を使い、様々な難問を解決していくライルがいつしか大賢者と呼ばれるようになるのはもう少し先の話――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:45時間6分

    この作品を読む

  • 玻璃色の世界のアリスベル

    お読み頂けるなら日曜日をおすすめします

    1,000

    0


    2021年6月18日更新

    貴方は異世界の存在を信じますか? 信じるとして、それは別次元? 転生後の世界? パラレルワールド? 実はもっと近くでリアルにあるかもしれません。 それは暗黒物質(ダークマター)の世界。 高校生1年の夏、種ケ島で初出場が懸かった県大会決勝で1年生ながら野球部のエースの鷹野宙人は、最後の一球を投げた。だがその時彼を肘の激痛が襲う。 マウンドへと倒れる宙人を他所に、球場は突如空へ現れた惑星スペクリムに大騒する。 肘の怪我で二度と野球ができなくなった宙人を、チームメイトたちは同情する訳でもなく、彼のせいで負け甲子園出場を逃したを責め、宙人は追われるように野球部をやめた。 以後、宙人は世間から責めるような眼差しに晒され心を壊していく。 高校2年の終業式を終えたある日、バイト先へ向かう途中、一人海岸でずぶ濡れになった女子生徒、鏡宮アリスから声を掛けられ、怖くなった宙人は逃げるように立ち去る。 その日バイトが終わったのを見計らったようにやってきた幼馴染二人、省吾と愛花に話があると言われ聞いてみると野球部へマネージャーとして戻ってきて欲しいという話だった。 そっとしておいてほしいのにも関わらず強引に説得する幼馴染たちに、嫌気が差した宙人は耐えきれずに逃げ出してしまう。 帰宅後に追い打ちをかけるように送られてきた愛花のメッセージをきっかけには自殺を決意した宙人は翌日、旧種子島空港跡の格納庫に忍び込み、宙人は首を吊る。 だがそんな彼に不運が襲う。台を踏み外し圧迫箇所がずれたことで、宙人は酷い苦しみを受けることになってしまった。 意識の途切れ際、偶然居合わせたアリスにより救助され宙人は、彼女の自宅で目覚め、死にきれなかったことへの苛立ちからか、介抱してくれたアリスに心無い言葉を浴びせてしまう。 だがそんな彼にアリスは優しい言葉を送る。それは彼女もかつて自殺未遂を犯し、宙人の事を理解できたからだった。 アリスの過去と正体を知った宙人は、アリスから誘われ、彼女と共に異世界スペクリムへと向かう。 宙人は見たことも無い絶景、そしてアリスと触れ合うにつれ、次第に生きる意欲を取り戻していく。 (注)小説家になろうで現在掲載中のもので、各投稿サイトで統一を図るためにこちらでも掲載することにしました。

    読了目安時間:2時間25分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 神様なんじゃがVtubeでお酒レビューしてみた

    狼の神様がVtuberに変身!?

    8,000

    0


    2021年6月18日更新

    自作『おおかみさまとお酒レビュー配信してみた』のスピンオフ作品になってます! こちらでは配信要素強めでお酒紹介してみようかなと思ってます。 🐺🍶読んでなくても気軽に読める、一話読み切りで進めて行く予定です! 秘境の神社から人里に降りてきた狼の土地神様がVTuberになって、ウイスキーと日本酒を紹介するお話だよ(^-^)v はじめまして色 しおりと申します。 自宅にいる機会が増えてお酒を飲む機会が増えたので趣味で書かせていただきました。 ウイスキーと日本酒をメインに紹介できたらと考えています。実在のお酒を紹介しているので問題があれば直ちに修正しますのでこちらもお手数をおかけしますが報告していただけると幸いです。 味わいの表現難しいー、伝わりにくいかもですが頑張って続けていきたいです!

    読了目安時間:11分

    この作品を読む

  • ドラばあと、みらくるスリー

    ほのぼの可愛い魔法バトルコメディ

    10,100

    30


    2021年6月18日更新

    これは、小型戦闘人形(ロボ)に転生してしまったゴッドドラゴンと、魔女っ子三つ子姉妹が、異世界の驚異から地球を守る、バトルでコメディな物語。 異世界の守護神、ゴッドドラゴンがその生涯を終え、人間への転生を試みた。 だが、それを利用しようとした悪意により転生に失敗。 なぜか地球に、小型戦闘人形(ロボ)として転生してしまった。 その地球では異世界からの侵略が始まっていた。 迎え撃つのは魔法少女みらくるスリー。 小型戦闘人形(ロボ)となったゴッドドラゴンは魔法少女と共に故郷である異世界からの驚異に立ち向かう! 魔法でロボでドラゴンなファンタジーバトルコメディ、是非、お楽しみ下さい。

    読了目安時間:16分

    この作品を読む