連載中 長編

原点の書と崩壊までの序曲

作者からの一言コメント

その信念だけは、決して折れない──

──俺は、結局・・・・・・何がしたかったんだ・・・・・・? レイン・クロフォード。『何事もマイペースに。やりたくない事は適当に』が座右の銘である彼は、帝国きっての極秘部隊に所属していた。時には街中で情報収集を、またある時には暗殺や、紛争の裏で暗躍したりなど。 そんな中、個性的な人達との出会いを通して、レインは少しずつだが、変わっていく。やりたくない汚れ仕事を彼が続けている理由とは? そして、レイン達に巨大な組織の影が忍び寄る・・・・・・! 彼等の人生が大きく左右される出来事の、幕開けである。 ※小説家になろうにて、同小説を公開しております。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 原点の書と崩壊までの序曲
作者名 織銀 桜音
ジャンル 現代/その他ファンタジー
タグ ギャグ シリアス 男主人公 西洋風 ダンジョン R15 アクション/バトル ハイファンタジー 軍属 魔術 剣術 犯罪捜査 陰謀
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
性的表現あり
初掲載日 2020年7月3日 17時36分
最終投稿日 2020年8月4日 12時30分
文字数 24,493文字
ブックマーク登録 14件
コメント/スタンプ 46件
応援ポイント 16,700pt
ノベラポイント 40pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • メソポタミア神話×現代

    ♡11,200

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・7話 白金真珠

    2020年8月4日更新

    高校生・白岡 陽治(しらおか ようじ)は目覚めると路地裏に倒れていた。 なぜ倒れていたのか?そもそもそんな場所にいた理由は? 記憶の抜け落ちた陽治をさらに困惑させたのは頭に響く別人の声。 「そなたはだれだ?――儂は……はて、だれであろう?」 二重人格?しかも、揃いも揃って記憶喪失? 自分たちはなぜ記憶を失ったのか。その謎を追い求めるうちに、さらなる奇妙な出来事に巻き込まれる陽治。頭のなかの同居人はその“奇妙”を追い求めていて……? メソポタミア神話×現代。記憶喪失ふたりによる、世にも奇妙な物語。

  • 2020年8月5日更新

    不慮の事故に巻き込まれた主人公の三鷹ルノは、神々から特別な力を授かり、異世界アレルガルドへ転生したが着いてそうそう魔物である鬼人に襲撃され異世界の過酷さを知ることに。 敗北を知り腕を磨き始めたルノは、ウサミミの少女セラを仲間に迎え入れ人間が統治するバスタリシア王国を目指す。 そしてバスタリシア王国で奴隷として働かされるエルフの少女と出会うのだが……その少女は、彼と同じ世界から転生して来たルノの腹違いの妹だった。 主人公が仲間とともに成長する姿、義妹の救出、奴隷制度、そしてルノとその妹を異世界アレルガルドへ転生させた神の目的とは……。 異世界転生ものですが、ステータス確認やダンジョン、チート的な要素は取り除く独自のファンタジー小説になっています。 この小説は奴隷となった妹目線の小説と同時進行しています。↓ 「奴隷日記。私はエルフに転生して奴隷成金令嬢に奴隷として仕えることになりました。」 URL : https://novelup.plus/story/551626026 Twitterはこちら : https://twitter.com/akumanidemonaru **** イラスト : 菜花りよん @KakuLyon 🍙柴た @OnigiriShibata

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • これで完結です。

    ♡0

    〇0

    現代/その他ファンタジー・完結済・1話 shota

    2020年8月5日更新

    俺たちは日本一を目指しそこで新たな仲間ができた。 喧嘩したりしていたがいいチームになった。 果たしてチームコモンズは目標の日本一のチームになれるのか!?

  • これは想い巡る少女と半妖の物語

    ♡18,300

    〇0

    現代/その他ファンタジー・連載中・234話 アワイン

    2020年8月5日更新

    大正二年。少女渡辺春花は不思議な夢を切っ掛けに、不思議な男性と出会う。また夢を見たのは春花だけでなく、友人も同級生も見ていた。 法泉紅葉は人ではなく、人である存在。半妖によって構成される組織にいる。また春花と同じ夢を見た少女達は妖怪と悪霊から狙われやすくなっていた。狙われる最中、少女と半妖は心を通わせていく。 ※簡潔なあらすじ 舞台は大正時代で、半妖の男性が妖怪から少女を守ろうとするお話。群青劇です。 ※昔小説家になろう様に投稿したものを改稿したものです。 ※ファンタジーでありフィクションです。また筆者の調査不足により、なんちゃって大正時代になっている可能性おおいにあり(捏造とも言う)。