異世界ファンタジー 長編 連載中

夢幻の道標〜神皇帝新記 第一章の下〜

作者からの一言コメント

読んでみて下さい。よろしくお願いします。

全世界を統べるバルマドリー皇国の皇子であるデルソフィア・デフィーキルは、ある悩みを抱えていた。  そこへ、未だ見ぬ世界各地を見聞して回りたいという思いや、民の暮らしを顧みない神皇帝一族への憤懣などが重なり、焦燥や怒りを募らせていた。  ある日、デルソフィアの前に初代神皇帝を名乗る亡霊が出現する。  そこから、デルソフィアを巡る物語は大きく動き始めていく。  全六章から成る物語の第一章の下。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 夢幻の道標〜神皇帝新記 第一章の下〜
作者名 れんおう
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ オリジナルファンタジ 男主人公 冒険譚 マルチ投稿
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年9月29日 9時43分
最終投稿日 2020年10月26日 14時56分
文字数 20,751文字
ブックマーク登録 0件
コメント 0件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 200pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 恋か復讐か

    ♡373,722

    〇22,052

    異世界ファンタジー・連載中・51話・139,310字 佐倉 こよみ

    2020年10月25日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、突如現れた悪魔の襲来によって幼馴染以外の全てを失う。 そこへ偶然訪れた【戦姫】アリスによって救われたシオンは、幼馴染のサンドラと共に悪魔への復讐を誓い、王国へ引き取られる事になった。 王国最強と謳われるアリスの元で四年の修行を経たシオンは、悪魔、そして魔王を倒す為の冒険へと出発する。 最初の村で会った記憶喪失の少女・レヴィが、新たな冒険仲間として行動を共にすることになった。 復讐を頼りに生きているシオンだったが、レヴィと様々な地を旅していくうちに、もう一つの生き甲斐が芽生え始める。 しかし、それを嘲笑うかのように燃え上がっていく復讐の因子。それはシオンの内側に植えつけられていた。 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 週1更新します。

  • 転生の前に広がる、狭間の世界へようこそ。

    ♡242,550

    〇1,498

    異世界ファンタジー・連載中・29話・78,636字 南方 華(みなかた はる)

    2020年10月28日更新

    少年が目を開けると、そこは、薄暗く狭い「棺」の中だった。 身体を起こすと、白髪に赤い瞳の少女「テンシ」が隣に座り、にこにこと微笑んでいた。 彼女は言う。 「ここは突然の事故や病気などで、不幸にも命を落とした方が稀に流れ着く先であり、再び転生する為の様々な準備が出来る、死と生の狭間にある世界なんです」と。 悲しい死の後に横たわる狭間の世界で、少年と少女は出会い、新たなる生へ向け、不思議な日々を過ごしていく。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る