詩/短歌 短編集 連載中

藤乃 澄乃の詩集『砂時計』

作者からの一言コメント

くびれた硝子の上から下へ想いを繋ぐ砂時計

読了目安時間:1時間13分

総エピソード数:153話

テーマは主に恋愛中心ですが、投稿時の気分によって、変わると思います。 日常のちょっとした出来事や思うこと、想像の世界などゆる~く綴っていきたいと思います。 是非、読んでみて下さい。 詩集なので、最初から読み進めていただいても、また目次から気になるタイトルをチョイスしてお読みいただくこともできます。 『澄乃の詩』の世界を楽しんで下さい♪ ☆ジャンル別日間ランキング1位いただきました。 2021年7月5日・11日・12日、8月25日・28日、9月16日・19日・28日 ☆週間4位  7月12日、8月28日  ☆月間7位 8月27日・28日  ☆週間2位、月間8位・8月31日  ありがとうございます! ☆月間7位・9月5日 月間6位・9月11日 月間4位・9月15日 月間3位・9月23日  ☆週間1位・9月6日  ありがとうございます!

総エピソード数:153話

総エピソード数:153話

作品情報

作品名 藤乃 澄乃の詩集『砂時計』
作者名 藤乃 澄乃
ジャンル 詩/短歌
タグ 詩/歌詞/恋/愛 応援/人生/希望 日常/四季/喜怒哀楽 恋愛/片想い/失恋 思うこと/感じたこと フィクション 砂時計 天気/晴れ/雨/曇り 詩集 自然/ほのぼの
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年6月25日 11時51分
最終投稿日 2022年8月6日 8時56分
完結日 -
文字数 36,653文字
読了目安時間 1時間13分
総エピソード数 153話
ブックマーク登録 4件
コメント 61件
スタンプ 139件
ビビッと 8件
応援ポイント 62,119pt
ノベラポイント 480pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 男装少女は言い出せない

    男装少女の体験する、非日常。

    929,832

    28,020


    2022年6月5日更新

    *只今改稿中です。『赤髪の青年』を見直し中。 人でないものが飛び交い彷徨う、そんな森に囲まれた小さな村で暮らしていた少女、シルヴィ。 唯一の身内である祖母の死をきっかけに村から出て仕事を探すが、村の外へ出て来てみれば人に騙され、村にはいなかった黒く気味の悪いものもそこかしこに見える。 男装して転がり込んだ廃屋のような教会で少年として雇われるが、雇った青年も普通じゃなかった。 女だってばれたら解雇かも? いやいや折角手に入れた衣食住、手放すわけにはいきません。 ※ふわっとした世界観で書いていますので、「そこはちょっと」と思われる個所も多々あるかもしれませんが、ご笑覧いただけたらと思います。 週に一、二度位更新できたらいいな、と思っています。 他のサイトにも掲載しています。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:15時間29分

    この作品を読む

  • 私の愛犬は「元」最強です!

    痴呆って残酷ですよね

    38,150

    0


    2022年8月11日更新

    ホワイトフェンリル、それは最強の魔獣である。 その牙は古代竜の喉笛を嚙みちぎり、その脚は一晩で数百キロを走破し、その頑強さはダイヤゴーレムにも引けを取らない。 そんな力の化身ともいえる伝説級の魔獣と契約を交わすことに成功した一族が存在した。 だが、その末裔ーービーストテイマーの少女であるアリシアには困りごとがあった。 「ちょっとアリシアちゃん。いい加減アレ何とかしてくれないかしら」 「すっ、すみません奥さん。しっかり言いつけますので」 「ほんと頼むわよ。毎晩アレじゃろくな睡眠もとれやしない」 「本当に、申し訳ございません。必ず、必ず何とか致しますので」 最強の魔獣に訪れた最大の敵、それは――痴呆であった。 数百年を生き延びた魔獣も、寄る年波には勝てやしない? 夜泣き、徘徊、物忘れ。 次々と襲い掛かるトラブルに、アリシアの胃は持つことが出来るのか⁉ 最強の魔獣は、今日の朝食を覚えていることが出来るのか⁉ 元最強の魔獣と初心者ビーストテイマーの少女が織りなす、涙あり、笑いありの冒険譚、いざここに開幕! 『ぬかせ小僧、年季の違いを教えてやるわ』

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間48分

    この作品を読む