文芸/純文学 短編集 連載中

独白の杜

作者からの一言コメント

1つの物語にされた物語達のはけ口

こちらはこれまでの人生で書いてきた小説の中で、没にされたもの、また没にされて1つの物語にされてしまった物語達の溜まり場です。 息抜きに少しずつご賞味あれ。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 独白の杜
作者名 神秋路
ジャンル 文芸/純文学
タグ ダーク コメディ シリアス 男主人公 女主人公 和風 現代日本 人外 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年7月3日 22時39分
最終投稿日 2020年8月16日 23時58分
文字数 27,220文字
ブックマーク登録 6件
コメント/スタンプ 5件
応援ポイント 800pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • R15の限界を目指した恋愛ファンタジー

    ♡385,250

    〇1,080

    異世界ファンタジー・完結済・225話・781,463字 駿河防人

    2020年6月24日更新

    「ちょっと運命的かもとか無駄にときめいたこのあたしの感動は見事に粉砕よッ」 琥珀の瞳に涙を浮かべて言い放つ少女の声が、彼の鼓膜を打つ。 彼は剣士であり傭兵だ。名はダーンという。 アテネ王国の傭兵隊に所属し、現在は、国王陛下の勅命を受けて任務中だった。その任務の一つ、『消息を絶った同盟国要人の発見保護』を、ここで達成しようとしているのだが……。 ここに至るまで紆余曲折あって、出発時にいた仲間達と別れてダーンの単独行動となった矢先に、それは起こった。 魔物に襲われているところを咄嗟に助けたと思った対象がまさか、探していた人物とは……というよりも、女とは思わなかった。 後悔と右頬に残るヒリヒリした痛みよりも、重厚な存在感として左手に残るあり得ない程の柔らかな感覚。 目の前には、視線を向けるだけでも気恥ずかしくなる程の美しさ。 ――というか凄く柔らかかった。 女性の機微は全く通じず、いつもどこか冷めているような男、アテネ一の朴念仁と謳われた剣士、ダーン。 世界最大の王国の至宝と謳われるが、その可憐さとは裏腹にどこか素直になれない少女ステフ。 理力文明の最盛期、二人が出会ったその日から、彼らの世界は大きく変化し、あらゆる世界の思惑と絡んで時代の濁流に呑み込まれていく。 時折、ちょっとエッチな恋愛ファンタジー。

  • そして俺たちは、家族になる。

    ♡33,300

    〇0

    異世界ファンタジー・完結済・44話・192,934字 一式鍵

    2020年9月15日更新

    魔女狩りって、こんな辺境の地まで及んできたのか。 腰痛に効く温泉があると聞いて、わざわざこの田舎町にやってきた俺は――まぁ、過去のことはいいか――しがない腰痛のおっさんだ。剣は持ってるが、もうしばらく抜いてもいない。馬にも乗れないんだぜ……。なぜか? 腰痛だからさ。 ところが、だ。その温泉に入る前に、俺は「魔女狩り」に遭遇してしまう。まぁ、俺がよっこいしょっと頑張った結果、なんとかなるんだけど、いやぁ、危ない危ない(腰が) だがしかし、おかげさまで俺とその魔女とよばれた女は、真夜中に町から逃げ出す羽目に。ちなみにこの女ことタナさんは、「魔女を引退した」らしい。理由を訊けば「魔法は肩が凝る」からだそうで……。激しい腰痛持ちとしては、とても同情したいところだ。 そんなことが縁で何となく歩いていた俺は、タナさんに「カルヴィン伯爵に会いに行くよ!」とか言われてしまって驚愕とした。だって、カルヴィン伯爵領といえば、直近の「魔女狩り」発祥の地だぜ? 本当に俺たち、カルヴィン伯爵のところにいくのか? 行けるのか? 俺たちは旅も早々に、ハーフエルフ幼女や、ドラゴンの末裔の娘と旅路を共にすることになる。そしてだんだんと見えてくる真の悪の姿。暗躍する魔女たち、ちらつく教会の影、悪魔の哄笑。そんな険しい旅に、俺はついていけるのか。腰がすごく心配だ。とにかく腰だ。腰が不安だ。 ――剣を抜けない剣士(俺)と、魔法を使わない魔女(タナさん)の旅路は果たして……。 (※表紙イラストは「るいさん」) // ----version 2.0 ----

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛と憎しみは紙一重

    ♡1,300

    〇0

    文芸/純文学・連載中・4話・8,021字 晴海川 京花

    2020年9月28日更新

    交際を始めて、約一年の恋人同士。 最初は楽しい日々を送っていたが、ある時期を境に、彼氏の態度が豹変してしまう。 彼女は別れたいと相手に伝えるが、彼氏はそれを認めない。そんな二人の関係を描く物語。 小説家になろう、カクヨムにも掲載しております。

    タグ:

    日常

  • 伝わったら嬉しい

    ♡0

    〇0

    文芸/純文学・完結済・1話・1,600字 なゆん

    2020年9月28日更新

    守りたい。それだけだった。

    タグ:

    AMG夢コン