現代/青春ドラマ 短編 完結済

文具沼への招待

作者からの一言コメント

文具好きならきっとわかる小ネタいろいろ

父親からもらって何気なく使っていた鉛筆は伝説の品だった? 文具に詳しくなくても読める内容にしつつも、文具好き向けにいろいろ小ネタを仕込んだ、学校生活モノ短編。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 文具沼への招待
作者名 涼格朱銀
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 学園 文房具 図書委員
セルフレイティング なし
初掲載日 2020年8月22日 17時43分
最終投稿日 2020年8月22日 17時44分
完結日 2020年8月22日 17時44分
文字数 14,945文字
ブックマーク登録 1件
コメント 1件
スタンプ 1件
ビビッと 0件
応援ポイント 900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 将棋部だけど・・・将棋しようよ・・・。

    ♡600

    〇0

    現代/青春ドラマ・連載中・2話・3,698字 takemot

    2021年3月6日更新

    放課後、将棋部の部室。僕、先輩、先輩の妹、3人で活動中。将棋部なのに、将棋以外のことばっかり。だって仕方がないよね。青春は、待ってくれないんだから。 妙な関係の3人でお送りする日常、ドタバタコメディーです。

  • 2021年3月6日更新

    【自分の限界を超えていけ】 「ようこそ、明鈴高校女子野球部へ」 全てはこの一言から始まった。 ────やっぱり野球が好き。 怪我で野球を辞めた高校生、藤崎巧は監督としてグラウンドに戻っていた。 巧が高校に入学して数日、中学時代の知人、明鈴高校女子野球部の『大星夜空』と再会した。 「アドバイスだけでもお願い!」 「夜空さんがやればいいじゃないですか」 「私感覚派だし、明日の練習試合を見てアドバイスをくれるだけでいいから!」 「それくらいなら……」 夜空のお願いを巧は渋々引き受ける。 そして翌日、練習試合の途中で夜空はとんでもないことを言い始めた。 「監督やってみない?」 一試合限りの監督をすることとなった巧は見事勝利を収めることに成功した。 そして試合後も勧誘を受け続ける。 監督を引き受ける気のなかった巧だったが、女子野球部のしつこい勧誘にうんざりしていた。 「私たちが勝ったら監督をする。負けたら勧誘はもうしない。だから勝負してよ」 「嫌だ」 「もしかして自信ない?」 同じクラスで女子野球部の神崎司の策略(挑発)よって、今後のしつこい勧誘をしないことを条件に女子野球部と対決する。 ──そして、 明鈴高校女子野球部の監督として藤崎巧はチームを導いていくこととなる。 派手なプレーとは裏腹にどこか闇を抱える全国総合力ナンバーワンワンのキャプテン、大星夜空。 怪我で野球を辞めたが、マネージャーとしてチームを支える、かつての全国ナンバーワンヒッターの本田珠姫。 県内トップクラスのピッチャーで巧にライバル心を抱く、クールで負けん気の強い瀬川伊澄。 煩くチームのムードメーカーながら繊細な守備でオールラウンダーな姉崎陽依。 地味で清楚な見た目からは予想とつかない嫌らしいリードを得意とするキャッチャーの神崎司。 高身長で豪速球を投げるがプレーはまるでど素人な豊川黒絵。 美少女だらけの明鈴高校女子野球部に巧は半ば強引に入部させられることとなる。 独特な個性を持つチームメイト、美少女の中に一人の男子。 美少女に囲まれながらハーレムとはほど遠い野球漬けの毎日。 明鈴高校女子野球部は、高校野球の全国大会、甲子園を目指す。