現代/青春ドラマ 長編 連載中

宵の闇に日は沈む

作者からの一言コメント

他の誰かのものになんて、ならないでいてよ

宵の闇に日は沈むの表紙

▽日曜更新 宵の闇に日は沈む 【概要】 架空都市S県空の宮市に建つ中高一貫型私立女子高等学校「私立星花女子学園」を舞台とする世界観共有日常系学園百合小説企画[星花女子プロジェクト]第8期参加作品 【内容】 ヒーローに憧れる少女・塩瀬日色は同じ私立星花女子学園に通ういとこ・塩瀬晶への執着心を燻ぶらせたまま、二人部屋の桜花寮に住むルームメイトの宵闇鈴香やクラスメイトとともに穏やかな日々を送っていた。初めての文化祭も終わり、徐々に星花女子学園での生活に慣れつつある一年生の秋学期。いつの間にか『ヒーロー』と言う呼び名とともに優等生の仮面を被り続ける彼女は、穏やかで満ち足りたその人間関係に満足していた────はずだった。 *** 「……なぁ、お願いがあるんだ」  壊れた屋上の鍵と浸み込むような赤い夕焼け。そこに伸びる二人分の影が酷く安っぽい"青春ドラマ"を演出して。目の前の「彼女」は何処か泣き出しそうな顔をして、それが堪らなく羨ましいと思った。  僕は「彼女」に近づくと、その白く華奢な手を掴んで自分の喉元へ持って行く。ぴくりと跳ねた手を逃さぬよう強く手首を握れば、目の前の「彼女」はどこか泣き出しそうな顔でこちらを見ていて、そんなことに酷く満たされた自分がいた。 「いつか────いつか僕を、××してくれないか?」 夕日を背に受けて「彼女」の黒い髪が焦げ茶色に透けた。柔らかな髪は微かに花のような香りがして、嗅いだことが無いはずのその香りが酷く懐かしいと思った。 *** 主催:楠富つかさ様、星花女子プロジェクト 出演:ヒーロー/塩瀬 日色 ルームメイト兼友人/宵闇 鈴香(キャラクター原案:M・A・J・O様(みく様)) 星花女子学園生徒・教員/私立星花女子学園一同 協力:空の宮市、私立星花女子学園、私立星花女子学園生徒・教職員・外部顧問の皆様、星花女子プロジェクト参加者の皆様、塩瀬家、宵闇家ご家族の皆様、塩瀬晶様、????様 ▽温かく受け入れてくださった星花女子プロジェクトの皆様へ、そしてこれを読んでくださったあなた様へ心からの感謝を込めて ※この物語はフィクションです。実在の人物・団体名とは関係ありません。また当作品には一部暴力的な描写が含まれることがありますが、暴力行為を推奨する意図はありません。本作はガールズラブの要素が含まれます。苦手な方はご注意ください

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 宵の闇に日は沈む
作者名 ????
ジャンル 現代/青春ドラマ
タグ 星花女子プロジェクト シリアス 学園 百合増えろ下さい ヒーロー ヤンデレ 日常 女主人公 百合
セルフレイティング 暴力描写あり
初掲載日 2020年1月31日 0時34分
最終投稿日 2021年2月1日 1時18分
完結日 -
文字数 105,943文字
ブックマーク登録 12件
コメント 0件
スタンプ 51件
ビビッと 0件
応援ポイント 55,150pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 歴史の史実と全く異なる日本の未来へ。

    ♡6,100

    〇50

    現代/その他ファンタジー・連載中・28話・399,018字 蒼真空澄

    2021年3月2日更新

    ※歴史の人物名や史実も出ますが、全く異なります※ あの苦しかった頃、私は何も望んでなかった。 何も考えられなえかった。 それでも私は助けて貰えた。 あんな環境から救って貰えた。 どうにか保護して貰えた。 それでも私は一切、忘れてねぇ… だから武術の全て習得を頑張った。 今なら絶対あのクズ共程度に負けねぇ… もう我流でも充分だ!! 忘れてねぇからこそ私は、もう決めたんだ。 誰も愛さねぇ。 誰も選ばねぇ。 誰も信じねぇ。 誰も望んでねぇ。 誰も求めてねぇ。 勿論、助けてくれた事や人達へ感謝してる。 通院も含めて、まぁ… 一応、メンタルも病んでる自覚はしてっけど? もう充分、一人で生きてけんだ!! それなのに今度は… おい、おい、待てよ!? タイムスリップだぁ!? 更に、あり得ねぇだろ!? もう言われる事すら何も判らねぇ… 命の価値だぁ? 生きる意味だぁ? 皆の中に居る幸せだぁ? 今更、全て判らねぇよ!! だから… 私に触れるな。 私に近付くな。 私に踏む込むな。 私は思い出したくもねぇ!! 私が誰かを、かぁ? 信じねぇ。 愛さねぇ。 命すら関係ねぇ。 しかも歴史までなら尚更、判る訳ねぇだろうがぁ!! 最初は唯一の優しい祖母が、私にくれた『宝物』からだった。 そこで、なぜか出会う。 過ごす中でも様々を悩む中でも何も判らない。 それは『唯一の宝物』でもなかった。 本当に探すべきは『幸福』をだった。 でも、そんなん知らねぇ!! 考えた事すらねぇ!! 私の命に価値すらねぇ!! それなのに何でだぁ!? でも言われる様々な言葉。 もう全てが衝撃的だった。 現代から過去へとタイムスリップした深い闇を抱える少女。 その傷も癒す為、また誤ちへとしない為、歴史上の有名人達すら動き出す。 「もう誰からも… 傷付けない!! 痛くしない!! そして… 守る事を!! 助ける事を!! 必ず救い出すのみ!!」 だったら私は… 命の価値、本当の意味、未来に託す事を。 信じて愛する幸福を探す物語を。 そして新たに芽生える恋愛物語を。

  • "過去"を求めて荒廃世界を旅する冒険活劇

    ♡73,700

    〇550

    異世界ファンタジー・連載中・19話・64,427字 行里ゆんや

    2021年3月4日更新

    100年前の悲劇、葬送の災厄(エントゥーム)によって文明が埋葬され、途絶した世界セラスティア。 かつての文明の遺物、埋葬品(レリック)を求めるグレイブディガーの少女アマナ・フライハイトは、相棒のフェザー・バイク〈サラソージュ〉とともに、世界各地をさすらっていた。そんなある日、新たに発見された埋葬遺跡の中で、アマナたちは一人の青年と出会う。 記憶も名前も持たない彼が持っていたのは、正体不明のレリックただひとつ。 ナナシと名付けた青年の記憶と、謎のレリックの正体を求めて、運命が動き出す。 レリックという過去を通して、未来へ進むアマナ。 自身の記憶という過去を閉ざして、未来を憂うナナシ。 過去を掬い未来を救う、その果ての物語が、ここから始まる。 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 週2~3回程度の更新を予定しています。 ご意見・ご感想などいただけると嬉しいです! 作者Twitter @ikuri_yunya --------------------------------------------------------------------------------------------------------------

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る