Amazonギフトカードが当たる会員登録キャンペーン実施中!詳しくはこちら

【禍神】

読了目安時間:1分

04

濃霧(のうむ)が耳鳴りする様な静けさで(おお)っていた。 その時、呆然(ぼうぜん)とする僕のシャツが、 くぃくぃと引かれた。 視線を下げると小さな瞳が、 僕を見上げたまま服の(すそ)(つか)んで(たたず)んでいた。 6才前後の小さな女童(めわらべ)だった。 (わらべ)は僕を指差し告げる。 「御前様(ごぜんさま)」 そして自分を指差し(ささ)やいた。 「姫御前(ひめごぜん)」 彼女は無邪気(むじゃき)微笑(ほほえ)み、僕の周りを駆け出した。 「子捕(こと)ろ、子捕(こと)ろ。  ちょっとみりゃあの子 さぁ捕まって  み~しゃいな」 さんざめく(ざわざわと音をたてる)残響(ざんきょう)が、 雑木林(ぞうきばやし)に反射して僕を取り囲んでいた。 少女は笑いながら駆け出した。 「みーしゅいな みーしゃいな」 遠ざかる笑い声。 僕は呆然(ぼうぜん)とそれを(なが)め見送った後ふと我にかえり、急いで遠ざかる少女の足音を追いかけた。 夢中(むちゅう)で追いかける内にいつの間にか、 神社の裏手門の鳥居(とりい)まで来ていた。 夕霧(ゆうぎり)(かす)鈍色(にびいろ)色相(しきそう)が、幻想的な夢の中で、 鳥居の赤を(いろど)っていた。 初音(はつね)の空は深く闇に閉ざされ、 その異様(いよう)(ほこ)っていた。 (わらべ)は鳥居の前に(たたず)み一瞬振り返ると、 (いざな)うように鳥居の外に駆け出ていった。 (ただよ)濃霧(のうむ)が日食のように辺りを暗くし、 鳥居の外がまるで異次元の入口のように、 すぐに彼女の姿をかき消していた。 まるで(ぜんぱく)(肉体の魂)が溶けて無くなる様に。 (とき)しも(その時)に(かす)むその陰影(いんえい)(なが)めながら、 僕は唐突(とうとつ)()かれたような消失感(しょうしつかん)に囚われ、 夢中で彼女の後を追い始めた。 僕は彼女の残した陰影(いんえい)に誘われるようにして、 神社の鳥居をくぐっていた。 同時に、意識が遥か遠くに 飛ばされる(よう)脱力感(だつりょくかん)(おお)われ、 眠る様に意識が薄れるのを感じた。 (ゆが)む世界の(はし)で、 思考(しこう)じたいが世界に溶けて行く様な、 夢から()める瞬間の様な、 奇妙な浮遊感に包まれていた。 次に意識が浮上した時、 そこは見慣れた自分の部屋だった。

コメント

コメント投稿

スタンプ投稿


このエピソードには、
まだコメントがありません。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 世話焼き神様と社畜の恩返し。

    これからも、ずっと、一緒ですからね

    11,100

    0


    2021年7月30日更新

    修学旅行と言えば一回ぐらいは経験があると思う なぜか売ってあるドラゴンが巻き付いた短剣のストラップ 俺はそれ・・・ではなく、その隣にあった健康長寿のドラゴンの置物をじいちゃんのお土産として購入した それから数年後 当時中学生だった俺「巽夏彦」も立派な真っ黒社畜 今はだいぶ落ち着いたが・・・会社に泊まる時だって少なくはない 「もう辞めたい」と思いながら仕事をこなす中、俺に届いたのはじいちゃんこと「巽龍之介」の訃報だった 流石に慶弔関連の休暇ぐらいはきちんと取らせてくれる 俺はじいちゃんの葬式と遺品の整理をしに、田舎へと戻っていったのだ そんな中、爺ちゃんの介護をしていた寅江さんより、俺は中学時代の修学旅行で購入した健康長寿のドラゴンの置物を預かった じいちゃんが大事にしてくれていたようで、それは昨日買ってきたかと思うぐらい綺麗なまま だからだろうか 例え、百年間大事にしていなくても 例え、職人の手ではなく、機械で作られた量産品であっても 「大事にされていた」という事実だけで「この子」はこの置物についてくれたのだろうか 拝啓、じいちゃん 貴方が旅立ってから一週間が経ちました 俺は、じいちゃんが大事にしてくれていたドラゴンの置物の付喪神を名乗る「りんどう」と共に暮らしています (小説家になろうにも、同一のものを投稿しています。なろうでは一月末に完結済) (サブタイに「+」表記がある分はそれ以降に追加した回となります)

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:13時間57分

    この作品を読む

  • SSC【スペース・セキュリティ・カンパニー】-ホーリークレイドル-

    成長ありの能力バトルファンタジーです!

    700

    0


    2021年7月30日更新

    超能力の制御を目的とした学校の集まる人工島、ラグーンシティ。 そこで能力者である主人公、成神雷人(なるかみらいと)は生徒会の手伝いで不良を追い出すために立ち入り禁止の区画を訪れる。 突如として現れる巨大なロボット。突きつけられる銃口。 絶体絶命のピンチを救ったのは、魔法使いのようなローブを纏った少女だった!? SSC(宇宙に存在する何でも屋のような警備会社)の仲間達との日常や迫りくる異星人、学生との戦い。 時に様々な惑星で起きる事件に首を突っ込み、陰謀を打ち砕いて行く。 そんなバトル多めの能力バトルファンタジーです。 設定には粗があると思いますが、出来るだけ書くようにしたいと思います。 ※本作はなろう、カクヨムからの転載となります。 毎日更新ですが、最新話に追い付き次第、週二話、月曜、木陽の更新となる予定です! よろしくお願いします!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:4時間0分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界に魔神召喚された忍者、一族の復讐をここで果たします~忍者なのに魔力一億??~

    新しいジャンルに挑戦

    800

    50


    2021年7月30日更新

    特異能力を持つ一族の末裔だったカイトは、自分以外の一族を殺した兄への復讐心に燃えていたが、なぜか異世界に魔神召喚されてしまった。魔法は使えないが、特異能力によって敵を一掃。最強魔神として生きることになるが、この世界に同じ世界から来た忍者がいることを知り…… 異世界召喚×忍者×復讐劇

    読了目安時間:9分

    この作品を読む

  • 引きこもりを夢見るオタクOLですが、ヤンデレ御曹司に婚姻届を突きつけられています

    ヤンデレ御曹司×オタクOLのラブコメディ

    81,100

    100


    2021年7月30日更新

    『大野美也』は『少しだけ怠惰』で、『オタク』なOLだ。 『宝くじが五億円当たったら、好きなことだけをして引きこもってくらしたい』 そんないつもながらの妄想しをながら仕事を終わらせ、今日も変わりない一日が終わった……と思いきや。 社長令息で上司でもある『栗生透』に退勤後になぜか捕まってしまった。 栗生は御曹司で仕事もでき、見た目もよく人当たりもいいパーフェクトな人間だ。 美也との接点はふだんはまったくない。 『なにか仕事のミスでもしたのだろうか』 そんなことを考えてびくびくとする美也だったが、目の前に差し出されたのは……一通の『婚姻届』だった。 「はい、大野さん。これにサインしてね」 栗生は――いつもの人好きがする笑顔で美也にそう言った。 求婚される心当たりが一切ない。なので当然、この申し出を断る美也だったが…… 「僕と結婚したら、君が望む極上の『引きこもり』生活を提供してあげられるよ」 そんな言葉につられて、ついうっかりサインをしてしまう。 だけど栗生は……閉じ込めて甘やかしたいタイプのヤンデレだったのだ。 ヤンデレ夫に甘やかされつつの、極上の引きこもり生活がはじまりを告げる。 「オタク系イベントの時は、外に出してよ!」 「……それは、美也ちゃんの行い次第かな」 外での趣味の時間を勝ち取るためには、夫の機嫌を取らねばならない。 趣味の喜びを勝ち取るために、あれやこれやの恥ずかしいことをさせられて……。 「あれ。これってすごく『労働』してない? というかこれって監禁……?」 時々我に返りつつも、明るい『引きこもり』生活は続く。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:56分

    この作品を読む