SF 長編 完結済

特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第五部 『カウラ・ベルガー大尉の誕生日』

作者からの一言コメント

家庭に飢えた女たちの物語

読了目安時間:6時間32分

総エピソード数:66話

特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第五部 『カウラ・ベルガー大尉の誕生日』の表紙

遼州司法局実働部隊に課せられる訓練『閉所白兵戦訓練』 いつもの閉所白兵戦訓練で同時に製造された友人の話から実はクリスマスイブが誕生日と分かったカウラ。 そんな彼女をお祝いすると言う名目でアメリアとかなめは誠の実家でのパーティーを企画することになる。 予想通り趣味に走ったプレゼントを用意するアメリア。いかにもセレブな買い物をするかなめ。そんな二人をしり目に誠は独自でのプレゼントを考える。 誠はいかにも絵師らしくカウラを描くことになった。 閑話休題的物語。

総エピソード数:66話

作品情報

作品名 特殊装甲隊 ダグフェロン 『廃帝と永遠の世紀末』 第五部 『カウラ・ベルガー大尉の誕生日』
作者名 橋本 直
ジャンル SF
タグ コメディ 未来 ロボット ミリタリー ハッピーエンド 日常
セルフレイティング なし
初掲載日 2022年4月8日 21時00分
最終投稿日 2022年6月13日 21時00分
完結日 2022年6月13日 19時51分
文字数 195,876文字
読了目安時間 6時間32分
総エピソード数 66話
ブックマーク登録 8件
コメント 0件
スタンプ 108件
ビビッと 65件
応援ポイント 66,600pt
ノベラポイント 10pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 私、リア充だからという理由でパーティを追い出されました……

    女主人公×VRMMO作品です!

    26,400

    200


    2022年7月5日更新

    どうして私が出ていかないといけないんですか!? 私、戸倉千晴《とくらちはる》はリア友3人と『Spiele der nächsten Generation』《シュピーレ デン イースン デナラツィオン》(通称:SdnG)という、今から3か月前に発売されたゲームをプレイしていた。 しかし、突然パーティーのリーダーにパーティーを追い出されてしまう。 追い出された理由を聞くと「リア充だから」と。 これは私、戸倉千晴が自分を追い出した友達と仲直りをするべく強くなるために奔走していく物語である。 ※この話は「カクヨム」の方でも連載しております。 https://kakuyomu.jp/works/1177354054901118265

    読了目安時間:7時間9分

    この作品を読む

  • それは、敵と和解できるVRMMORPG。 ◇ 動物を愛する少女「ケイカ」は、リアルでは動物アレルギーでペットを飼えないため育成ゲームを主に遊んでいた。 しかしあるとき彼女は幼馴染に動物系だからと紹介され、PVを見て気に入った「神獣郷オンライン」というVRゲームを遊んでみることに! そのゲームのコンセプトは「どんな敵とも和解できる」優しい世界であること。 悲しみや憎しみが聖獣を魔獣へと変えてしまう世界。しかし、その逆もまた然り。 負の感情で暴走した魔獣の心は言葉や行動で癒し、聖獣へと浄化し戻すこともできるという。 そんな魔獣を仲間の聖獣として「スカウト」することができる特殊システムを活かし、ケイカは聖獣達と共に暮らす「共存者」となって世界を駆け巡る! 聖獣を愛でるために「器用値」が関わる? ならとりあえず極振りで! 聖獣の進化の為には認知度も関わる? なら配信を始めて「不殺」の「魅せプレイ」を目指してみよう! これは、和装の舞姫となった「ケイカ」の情熱と動物愛を捧げる優しい物語。 ――情熱を心に灯し、不殺の勝利を貫き通せ! 【一話目に表紙付き】 小説家になろうにてブックマーク7800以上! 好評連載中! ◇ 最初の山場は【三匹目!『清らかなる絶対王蛇!』】なのでそこまでお試しで読んでいただけると幸いです! ◇ ※ 現在感想が多くなったこともあり、返信を停止しております。 ただ、感想は全て読み、いいなと思った部分は本編に反映されます。ご了承くださいませ。 *最新話に追いついている皆様には『読者参加型』の企画をして本編に反映することがございます。 また、「時雨オオカミ」の名前でTwitterをやっており、DMは解放済み。そちらに書いたり、@IDをつけてツイートしてくだされば必ず反応いたします。

    読了目安時間:60時間3分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • この世の果てで誰もが幸せになれる世界を探して

    誰かと幸せを探して

    23,000

    100


    2022年7月5日更新

    この世界は悲劇である。 誰かが救われれば、誰かは救われない。 誰かが幸せになるならば、誰かが不幸になる。 世の中はそうしてバランスをとってできている。 自分が幸せになるためには誰かが不幸になるしかない。 そういうことは学校では教えてくれない。 繰り返すがこの世界は悲劇でできている。 革命は血を流して起こっている。 平和は戦いの後で成り立つものだ。 誰かが笑っているそばで誰かが泣いている。 誰かが楽しそうにしている横で誰かが泣いている。 歴史は悲劇でできている。 現代を生きる我々が美化しているだけだ。 「ならば今を生きる私には何ができる?」

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • 足を求める幽霊の話

    B級ホラー映像作品風をイメージしました

    1,000

    0


    2022年7月4日更新

    「失った足を求める幽霊」 二十年前某国道で大型トラックによる轢き逃げがあった。その被害者はタイヤに巻き込まれて四肢が切断されバラバラになってしまったそうだ。 警察はその遺体を集めたがどうしても片足だけが見つからない。 それ以来、その事故があった場所、事故があった時刻に幽霊が現れるようになった。 そして、そこを通った人にこう聞くのだそうだ。 「足をもらえませんか」 もしそれに答えてしまうと足を取られるという噂だ。実はこの話には続きがある……。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:26分

    この作品を読む