恋愛/ラブコメ 短編 連載中

文学少女の恋記

作者からの一言コメント

フィクションのはずです。

恋愛に興味がない乱歩が大好きな女子高校生、藤沢由華。 恋愛をしたことが無いロリコン大学生、中原裕也。 二人はひょんなきっかけで付き合う事になり…… 不器用過ぎるけれど、恋人が大好きな二人の物語。 多分、フィクションです。 誰が何と言おうとフィクションです。 読者にノンフィクションだろ、と怒られてもこの小説はフィクションです。 ※この小説はフィクションです。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 文学少女の恋記
作者名 藤宮舞美
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ 恋愛 ラブコメ 初恋 ロリコン 文学少女 フィクション 女子高校生 男子大学生 ネット恋愛 和歌 ノベプラオンリー 私小説
セルフレイティング なし
初掲載日 2019年9月23日 19時00分
最終投稿日 2020年9月24日 0時19分
完結日 -
文字数 9,736文字
ブックマーク登録 15件
コメント 7件
スタンプ 11件
ビビッと 0件
応援ポイント 43,200pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • タキオン・ソードⅡ ~恋想の華は夏の夜空に悲しく燃えて~

    八百万の神犇めく空に咲く悲恋の華

    87,800

    410


    2021年4月13日更新

    タキオン・ソード第二部開幕―― 理力文明の最盛期、二つの大国が戦争を迎える中、蒼い髪の少女は、異界への活力流出現象を止めるため、精霊王たる女神との契約をめざし、世界中を旅することに。 次の目的地は、八百万の神が犇めく神秘の島国、アスカ皇国。 彼の地にて、再び超常の剣をめぐる冒険が幕を開ける! ことの始まりに、少女を守護する騎士・ダーンは、馴れない軍人の立場にあって、初の潜水艦戦闘を経験する。未知の力《星沁》が干渉するアスカ皇国にて、新たな出会いと戦いが待っていた! 第二部も、お色気シーン満載です!

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:2時間1分

    この作品を読む

  • オートマティズモ〜社会主義国家日本で召喚獣が思想バトルする話〜

    初連載。テンションMAXでゆきます。

    4,000

    0


    2020年12月4日更新

    架空の歴史を辿る異世界日本。 第二革命は社会主義国家「共産党バレー」を生み出し、「ザ・パルタイ」による独裁が続いていた。 人民たちは様々な制約の中、退廃と繁栄をつづけている。 今、2020年。 首都トキオグラードで原因不明の怪奇事件が相次いで勃発した。 人民が怪物へと変貌し、暴れ回った末に、外傷のない精神の自殺を遂げる。 ーーいつしか「ツァイトガイスト現象」と呼ばれ始めたこれらの事件は、人民と政府を震え上がらせていた。 そんな中、ポポル、ダフ、メビウスの3人は動画配信サイトで覆面バンド「オートマティズモ」としての活動を始めるようになる。 実はその裏の顔は「ツァイトガイスト現象」を解決する悪霊ハンターであった。 禁じられた思想家たちが姿を変えた「思想獣」を召喚し、「ツァイトガイスト」と闘う。 「思想カッター!」「思想ビーム!」 オートマティズモの3人は、トキオグラードを巡礼しながら、新たな音楽、新たな思想獣を手にし、成長してゆく。

    読了目安時間:3時間31分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 百合ゲーの世界に転生したと思ったら鬱ゲーでした〜許せないので百合ゲーだと理解らせます!〜

    百合です

    1,200

    0


    2021年4月14日更新

    とある界隈で大反響を呼んだ百合ゲー「聖メモユリー女学院物語」。受験を終え、そのゲームを楽しみにしていた少女は不運にも階段から落ちて悔しみを抱いたまま死んでしまった。 しかし、死んだはずの少女は再び目を覚ました。 強い違和感を抱きながら姿見で自身の姿を確認すると、「聖メモユリー女学院物語」の主人公であるリリアム・ホワイトに転生していた! よく分からないけれど百合ゲーの世界に転生した事を喜ぶリリアムだったが、ある事がきっかけでポケットに入った一枚の紙を見て驚愕する。 百合ゲーではなく百合ゲーの皮を被った鬱ゲーだと言う事を知ったリリアムは怒り、この世界に宣戦布告する。 「この世界が百合ゲーだって事を理解らせてやるんだから!」 生と死を選択するリリアムが送る、百合だと理解らせ異世界物語。

    読了目安時間:1時間7分

    この作品を読む

  • 初恋、お弁当物語

    初恋とお弁当にまつわる話です

    2,000

    0


    2021年4月14日更新

    中川剛士は、イケメンという以外は、特に目立った取り柄もない、ごくごく普通の中学2年生。 二学期になってから自分のクラスに別のクラスの女子がお弁当を食べに来るようになった。 何で自分のクラスで食べないのかな?と少し思ったが、席が離れていたこともあり、それ以外の感情はなかった。 もう一人、剛士を好きな女子が現れる。 名前を川北ルナといい、小学校が同じで、だけど6年間一度も同じクラスになったことのない女子だ。 彼女もクラスは違うのだが、廊下で会うたび、剛士に憎まれ口を叩く。何やら、最近やけに女の子が自分の周りに増えてきたと実感した剛士だった。 しばらくして、加藤がいつもパンを食べている剛士に、お弁当を作ってくると言い出す。 好きでもないクラスメイトに何故そんなことするのか不思議だったが、お言葉に甘えることになった。 3学期も終わりに近づき、最後のお弁当の日、加藤が、実はお弁当を作っているのは一緒にお弁当を食べていた別のクラスの女子、西山由紀だと打ち明ける。 どうも、彼女が剛士のことを好きらしい。 しかし剛士は顔もよく見ていないし、性格も何も分からない子とは付き合えないと断ってしまう。 ただ、これから好きになる可能性がないわけではないし、由紀のお弁当すごくおいしかったから、出来れば3年生になっても続けたいとお願いする。 ところが、西山由紀、川北ルナ、さらには小学生の時に辺な誤解から無視されていると思っていた田中明美までが同じクラスになったのである。 ここから話はどんどん恋愛へと進んでいく。 剛士は一体誰と付き合って、どうなるのか。ハラハラドキドキのラブストーリーが始まる。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:7分

    この作品を読む