エッセイ/評論/コラム 短編集 完結済

BLを引退した私が綴る「BLアナトミア」

作者からの一言コメント

必ずしもBL好きが読むエッセイではないぞ

BLを引退した私が綴る「BLアナトミア」の表紙

BL歴十年以上。 でも、もうやめました。 BLに向いていなかった私の知識と経験と、喜怒哀楽と。 ※現実のLGBT当事者や、個人の好み等を否定するものではございません。

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 BLを引退した私が綴る「BLアナトミア」
作者名 薫野みるく
ジャンル エッセイ/評論/コラム
タグ BLフェア2020 ノベプラオンリー R15
セルフレイティング 性的表現あり
初掲載日 2020年11月13日 12時07分
最終投稿日 2020年12月22日 23時59分
完結日 2020年12月23日 1時02分
文字数 82,352文字
ブックマーク登録 16件
コメント 113件
スタンプ 133件
ビビッと 29件
応援ポイント 66,799pt
ノベラポイント 164pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 異世界転生した天才チートな主人公のお話

    ♡1,038,700

    〇14,380

    異世界ファンタジー・連載中・184話・850,791字 普門院 ひかる

    2021年2月28日更新

    天才物理学者である普門院亮は、中世ヨーロッパに似た魔獣や魔法が存在するファンタジーな世界へと転生してしまった。 亮はバーデン=バーデン辺境伯の次男フリードリヒとして、懸命に学び、武技や魔法の修練を積んで冒険者としての活動を始める。 パーティーメンバーも次々と集まるが人外娘やら個性的な娘ばかり。クエストをこなすうち、更に人外も含む女性が集まってきて慕われるのだった。 やがてフリードリヒはシュバーベン学園に入学し、前世の妻の転生者であるヴィオランテと衝撃的な出会いをはたす。が彼女は高貴な家柄の姫だった。 ヴィオランテとの結婚をめざし、フリードリヒは早期に昇進を果たすため、軍人の道を選び、軍事学校を卒業するとシュバーベン公国の近衛騎士団への入隊をはたし、第6騎士団長に就任する。 そして、ホーエンシュタウフェン朝の復活や対デンマーク戦争で大活躍し、その軍功を認められホルシュタイン伯へと昇進するとともに、皇帝の命により元ホルシュタイン伯の娘と結婚する。 その後、モゼル公国が地方領主連合国軍に攻め込まれ、これを救出するが、モゼル公はなんとヘルミーネの父だった。フリードリヒは、ヘルミーネと結婚しモゼル公爵の地位を継ぐこととなった。 モゼル公となったフリードリヒは、ロートリンゲンの平定に奔走し、その実効支配に及ぶ。これを踏まえ、皇帝はフリードリヒにロートリンゲン大公位を与えるとともに懸案であったヴィオランテとの結婚を認めるのであった。 引き続きフリードリヒは自由経済圏の拡大などの政策に取り組んでいく (2021/1/14、1/22、1/27、2/18 部門別日間ランキング1位)

  • ファンタジーのガワをかぶったSFです

    ♡1,407,050

    〇7,180

    SF・連載中・387話・1,453,035字 けっき

    2021年2月28日更新

    謎の誘拐犯に拉致された翌日、王女ルディアは自分をさらった賊の一味、剣士ブルーノと入れ替わっていた。 地位も権力も失うわ、乗っ取られた身体で初夜を済まされるわ、散々なことだらけ。おまけに「ブルーノ」として所属する防衛隊は左遷で国外へ。 持ち前の愛国心と根性でルディアは肉体の奪還を目指すけれど……!? 謎が謎呼ぶ異色SFファンタジー! ■毎日更新中! ■28000PV感謝です! ■日間総合1位、年間SFジャンル5位、年間総合49位など達成!(2021/02/18時点) ■感想やレビューや応援いつもありがとうございます!! 初見の方も大歓迎です!! 序盤の情報量多めですが、流して読んでもだんだん頭に入る作りになっています~! タフな主人公の頑張りを追いかけていただければ幸いです! (イラスト/渡太一さん) 孫野ウラさんに二次創作短編「海石」をいただきました!(https://novelup.plus/story/695115744)

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 作品を応援するメリットを書いていきます

    ♡23,800

    〇50

    エッセイ/評論/コラム・連載中・7話・6,224字 神杖ケーエス

    2021年2月28日更新

    作品を応援する。 その心を形にしたのが、スタンプ、コメント、ビビっと、応援レビュー、SNSでの宣伝が入るでしょうか? でも正直、応援ってハードル高いですよね。 スタンプ、ビビっとは敷居は低いけど、わざわざアクションを起こすのは面倒。 そんな方も多いのではないかと思います。 なので本エッセイでは、応援のメリット、デメリットについて作者が思いつくものをつらつらと書かせて頂きます。 Twitterで行ったアンケート結果、今までのエッセイからもデータを引っ張ってこようと思います。 不定期更新になりますが、よかったら読んでみて下さいね!

  • 創作に関して気ままに書く!

    ♡243,550

    〇425

    エッセイ/評論/コラム・連載中・204話・110,797字 junhon

    2021年2月28日更新

    主に小説創作に関して気ままに書いていきます。 ネタが思いついた時だけの超不定期更新! 続くかどうかも分からない(^_^;) ――と言いつつ200回を超えました。最近は広く創作関係の話題を扱っております。