完結済 長編

女子高生ミステリークレーマーと完全犯罪アドバイザー

作者からの一言コメント

捻くれた少年少女が送る青春ミステリー

「教えてください! 自転車で人を轢いてしまって! もう、どうしようもないんです!」  隠し事を好む男子高校生・情真(じょうま)の元に、「心の相談室」の間違い電話が掛かってくる。人を死なせてしまうかもしれない。自分はどうしたら、という相談に答えようとした瞬間に、事故で電話が切れてしまう。  追い詰められた人間は、傷つけられた人間は、何をするか分からない。  そう考えた情真はクラスメイトであり、想い人である女子高生クレーマー、ナノカと共に奔走する。  そして、彼等は事故が架空のものであるという真実に辿り着く。そんな二人が推理してしまった、とんでもない野望。それを食い止めるために、すれ違った二人が手を取った。  深い悲しみ、暗い過去に捕らわれた少年少女たちが送る、甘くて切ない青春群集ミステリー。    ノベルアップに掲載する表紙は紅山 槙様に描いていただきました。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 女子高生ミステリークレーマーと完全犯罪アドバイザー
作者名 起野奇跡
ジャンル ミステリー
タグ ほのぼの 学園 現代日本 コメディ 部活動 日常 R15 謎解き
セルフレイティング 残酷描写あり
性的表現あり
初掲載日 2019年9月18日 18時02分
最終投稿日 2019年10月12日 11時38分
文字数 179,938文字
ブックマーク登録 19件
コメント/スタンプ 41件
応援ポイント 22,000pt
ノベラポイント 365pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けています

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 2020年7月11日更新

    私の兄、新藤マコトはグローバル企業の天才経営者だった。 コンビニに行くときに大型のトラックに轢かれるという、どこかのライトノベルのテンプレのような方法で短い生涯を終えた。だが、私は彼が天国で安らかに私たちを見守ってくれると信じている。 異世界転生? そんなのは飽き飽きだ。 いい加減、大人になろうよ。そんなものは存在しない。 トラックに轢かれようが、誰かに殺されようが、コンビニの帰りに突然異世界転生していたとか、あり得るわけがない。そんなのはフィクション、偽物、作り物なのである。 株主たちはカリスマ的経営者である兄を失ったことに嘆き、兄のファンたちはまるでジャ〇ーズが電撃結婚したかのように狂乱し、世界は大不況に慌てふためいていた。 それほど、兄の存在は偉大だったし、世界は兄に依存していた。 でも、それも一時だ。 私にとっては、最愛の兄を失った悲しみと、心の重荷は一生続く。 強くなるのよ、コトミ。 これから私はこの苦しみを背負いながら人生を歩んでいかなきゃ。 そう。 天使に私も道連れに殺されて、兄と一緒に異世界に転生し、異世界転生費用として膨大な借金を負うなんて展開、絶対に、絶対に、ぜっっっっっっっったいにないんだから。 ないよね? ないよね? もぐらさん?

  • 詩歌(しいか)

    ♡100,110

    〇2,291

    詩/短歌・連載中・17話 兎禾

    2020年7月7日更新

    例えば叶わぬ想いがあるとして、その時あなたは何を想いますか? その日、二人は同じ月を見上げ歌を詠む。 届かぬ想いを歌に込め。 どうか、あなたに届けと想いを馳せて。 ※【夢見月にキミ想ふ】は短歌を元にした短編小説作品となっております。 ーー以下、【詩歌(しいか)】 短歌と詩の作品群となっております。 短歌で詠んだ歌の意味を詩で表現していきます。 ※短歌と詩を合わせて一つとし、週に二作品を目安に投稿致します。 ※新作「四季織のいろは」執筆中につき、一時投稿を不定期とさせて頂きます。

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る