文芸/純文学 短編 完結済

過激な私は灰色の日々

作者からの一言コメント

工場までは徒歩5分。帰るのは22時。

読了目安時間:4分

過激な私は灰色の日々の表紙

庶民の話です。不思議系、語り口は低温のですます調。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 過激な私は灰色の日々
作者名 Wkumo(湖無カー)
ジャンル 文芸/純文学
タグ 男主人公 工場 ですます調 低温 不思議系 レジスタンス
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年1月12日 18時00分
最終投稿日 2021年1月12日 18時00分
完結日 2021年1月10日 16時07分
文字数 1,770文字
読了目安時間 4分
ブックマーク登録 1件
コメント 0件
スタンプ 5件
ビビッと 0件
応援ポイント 2,900pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 愛の喜びとか、悲しみとか……

    あなたとの出逢いが私のピアノを変えたのよ

    11,400

    400


    2021年5月8日更新

    一流のピアニストとして活躍するためには何としても優勝しなければならなかったコンクール で大失敗をした真音(まお)は、ピアニストになる夢を諦め、ショッピングモール内の楽器店でピアノ講師をしていた。 鬱屈とした毎日を過ごす真音の前に現れた、3歳年上29歳の新しい生徒である瀬尾幸人(せのお ゆきと)が、同棲している彼女の誕生日にプレゼントしたいという曲は、初心者には不可能に近い難曲、ラフマニノフ 作曲の『愛の喜び』だった。 初めは、瀬尾に対して嫌悪に近い感情を抱いていた真音だが、彼のひたむきな姿に次第に心惹かれ、心の奥底に封印した感情が一斉に溢れ出し…… ♪ 美しい表紙絵は、まかろんKさんのフリーイラストをお借りしました。ありがとうございます→Twitterアカウントは @macaronk1120 です ♪

    読了目安時間:12分

    この作品を読む

  • 友人二人と即興で考えた展開を僕が文章で書く異世界転移作品

    恥ずかしげもなく書いていきます。

    300

    0


    2021年5月8日更新

    題名のとおり、二人の友人と僕と、三人で考えた話を僕が文章にて表現する作品です。 主役は三人、雪音という可愛い少年、エドという真面目な青年、ルークという元気な青年、の組み合わせとなります。 前もって考えた枠組みのないぶん、思いがけない発想による柔軟な展開が見られることもあるかと思われまして、それを頼みにして、文章を書くという役割の重圧に耐えてゆく所存です。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:21分

    この作品を読む