恋愛/ラブコメ 長編 連載中

あたしのお母様は異世界転移ヒロインでした。

作者からの一言コメント

のべぷら先行。ゆっくり行きます。

読了目安時間:38分

かつて光の聖女と呼ばれた母。異世界から召喚された彼女は勇者と共にこの世界を救ったのだった。 そして。 その娘であるあたしは……。 人と違う髪色。鼻ぺちゃな顔。 決して美人な部類にはみられないそんなコンプレックスの塊。 だったので。。 あたし、ルリア・フローレンシア。 王子様を夢見る少女、な訳なくて。 あたしみたいな人とは違う普通じゃない容姿の人間にまともに恋愛なんかできっこない、そう卑下して生きてもう十五年。 学校でも隅っこで勉強だけ頑張ってるそんなひっそり目立たずがモットーで。 でも。 やっぱり泣いちゃうこともあるんだよね。 そんな時現れた王子様。 第一王子、ジルベール・ド・オルレアン。 王弟、アーサー・ユーノ・オルレアン。 二人の王子様に翻弄されながらすごすうちに少しづつ自分に自信ももててきて。 それに。 この世界にもまだ秘密があるみたい。 あたしのチカラも人とはなんだか違ってて。。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 あたしのお母様は異世界転移ヒロインでした。
作者名 友坂 悠
ジャンル 恋愛/ラブコメ
タグ ほのぼの 西洋風 魔法 異世界転移 学園 王子様
セルフレイティング なし
初掲載日 2021年5月2日 10時50分
最終投稿日 2021年5月12日 5時34分
完結日 -
文字数 18,854文字
読了目安時間 38分
ブックマーク登録 11件
コメント 1件
スタンプ 36件
ビビッと 2件
応援ポイント 21,900pt
ノベラポイント 20pt
応援レビュー 0件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 拝啓スノードロップ

    それは、二千年前に届いていた手紙だった。

    273,900

    8,310


    2021年4月18日更新

    ――これは、『邪悪なドラゴン』を救う物語。 古の堕ちたドラゴン、アルマス・ヴァルコイネン。 彼と出会い、彼を知り、そして様々な形で彼を愛した人々。紡がれた記録は、アルマスにまつわる謎を暴く。 彼は恐ろしい化け物なのか、愛すべき英雄なのか。 魔法×ドラゴン×現代の幻想群像劇、ここに開幕。 ----- 魔法やドラゴンが存在する、似て非なる地球。 この世界では強い意志を持つ人間はドラゴンに成る。 「愛する人を守るため」。 類まれな愛を神は認め、強大な力を与えるのだ。 気弱な青年・アルマスも、その愛を神に認められた一人だった。彼は命がけでドラゴンに成り、襲撃者であるドラゴンから町を救った。 しかしアルマスの姉、キエロは自身の日記にこう記す。 『アルマスは人を脅かす悪のドラゴンだ』と。 結果、アルマスはいつの世も悪者として扱われた。実姉の書いた日記『スズランの手記』は何千年も御伽噺として語り継がれ、民衆はアルマスを恐れ続ける。 そんな中、彼に助けられた一人の少女が現れた。 邪悪な黒いドラゴンの追放から二千年。長い時を超えて、物語は大きく動き始める。 ※この作品は「カクヨム」「小説家になろう」にも掲載しております。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:7時間25分

    この作品を読む

  • 初めて知る世界を選び、愛そう。

    未来から別次元へ、世界すら選んで愛す答え

    8,800

    20


    2021年5月9日更新

    星錬暦3858年。 現在の地球では、統一された国は『一つ』しか存在しない。 『星錬帝国』のみしかないのが現状でもある。 また全てから、勝ち残った唯一の帝国でもあった。 現在、それを全て纏めるのは『帝王』の『龍星』18歳。 また、『総帥』である『妖華』18歳。 二人は『二卵性の双子』であり『この世界』全ての権力者でもある。 龍星は随分前から、妖華をだった。 妹でもあるが、もう親愛と異なる事。 『愛してる事』にだった… けれど、もうお互い18歳にもなるにも関わらず… 妖華は『恋』すらしない。 更に妖華の場合、『能力』が強過ぎるのも大きく出た事もあった。 他の『異性への愛情』は全く興味すら出さないまま… 妖華が唯一、出すのは双子の龍星に対する『肉親への親愛のみ』だけ。 確かに『愛情』ではあるが『異性への愛』を知る気配すらない妖華。 そんな中で初めて妖華は出会った。 『別次元』に居た、自分より強い相手を… 初めて知った『感情』もだった。 判らない中で、別次元の世界に居た者にと、興味を初めて出す。 けれど龍星も気付いた。 そして一切、妖華を離す気もない。 でも龍星は、その相手が誰でも同じ『理由』すらある… それを妖華にと気付かせるべきでもない。 それだけは許せない。 けれど知らない妖華も初めてだった。 その相手が言う事で知る『感情』に戸惑いながらも… 何が正しいのが、何かも全てが判らず、知ろうとする。 妖華は殆どの感情が『欠落』している事でもあった。 それも気付いていない中で知り変わっていくが… 徐々にと妖華の『感情』が出始める事に、すぐに龍星も動き出した。 その妖華の出す答え… 『世界』すらも選ぶ選択を決める事になった。 それは時間や次元、世界すら変わる選択にと。 新たに、また様々な事を知っていく中でだった。 初めて知る愛も、世界も、全て知らないからこそ出す『感情』を。 妖華の『心』が知っていく事で変わる。 そんな妖華が選び出した答え。 『愛する者が居ても、笑えないなら、意味がない。』 『この世界すらも愛そう。』 未来型恋愛ファンタジーを。

    読了目安時間:8時間24分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • ヒロインさんはガチ百合でした

    悪役令嬢、うっかりヒロインを落とす

    1,200

    0


    2021年5月13日更新

    悪役令嬢もの・百合百合しくなるので注意 なろうで書いてましたがせっかくなのでこっちにも

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:44分

    この作品を読む

  • 140字のふたり

    「彼」と「私」の140字恋愛小説

    266,700

    1,692


    2021年5月13日更新

    「彼」と「私」のあいだに流れる時間は、いつもゆっくりしていて。 でも気がつくと、すっと進んでいて。 ふたりの日常を描いた、恋愛140字小説です。 (2021/03/18 ジャンルを変更しました) * * * * * * * 読者様のアンケートを元に、最もきゅんきゅんするエピソードを厳選した 「140字のふたり ベストセレクション」 を公開中。純度の高いきゅんをお求めの方はどうぞ。 * * * * * * * 表紙イラストは、アメユジさんに制作いただきました。 アメユジさんのポートフォリオはこちら→ https://ameyuji.myportfolio.com/ 大人の絵本のような素敵な世界です!

    読了目安時間:46分

    この作品を読む