異世界ファンタジー 長編 連載中

【第一章完結】『記憶=魔力』の世界。記憶を失った男と言葉を失った少女は、失われし過去を求めて異世界中の地へ旅に出た。~この世界には私が眠っている。~

作者からの一言コメント

記憶=魔力の世界で男が一人、目を覚ます。

【第一章完結】『記憶=魔力』の世界。記憶を失った男と言葉を失った少女は、失われし過去を求めて異世界中の地へ旅に出た。~この世界には私が眠っている。~の表紙

※第一章完結済み。一章だけでも綺麗に終わります。  第二章完成済み。毎日三話投稿予定。 【あらすじ】 「ここはどこだ? 私は、誰だ……?」 記憶喪失の男シキは、見知らぬ宿屋で目が覚めた。 助けてくれたという少女ネオンから話を聞こうとするが、何を問いかけても彼女は何一つ喋らなかった。 「…………」 シキは諦めて街へと出る。すると、ここは『エーテル』と呼ばれる魔術が盛んな異世界であった。 混乱するシキの前に、賞金稼ぎを名乗る少女アイヴィが現れ、彼女はある噂を伝えた。 「記憶を奪う通り魔って、知ってる?」 シキの記憶を奪ったのは誰か、そして彼の記憶の行方は。 これはある男の、過去を知り、世界を手に入れるまでの物語。

前へ

次へ

作品情報

作品名 【第一章完結】『記憶=魔力』の世界。記憶を失った男と言葉を失った少女は、失われし過去を求めて異世界中の地へ旅に出た。~この世界には私が眠っている。~
作者名 夜葉
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ヒューマンドラマ ギャグ コメディ シリアス アクション/バトル 男主人公 西洋風 少女 成長 冒険 剣と魔法 魔法 イラスト 勇者なし魔王なし 伏線多数
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年11月15日 0時00分
最終投稿日 2021年5月6日 8時00分
完結日 2020年11月28日 18時00分
文字数 177,001文字
ブックマーク登録 33件
コメント 2件
スタンプ 46件
ビビッと 4件
応援ポイント 45,200pt
ノベラポイント 300pt
応援レビュー 2件
誤字報告 誰でも受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • とあるイタリア人の恋人に関する愛の話

    彼と彼女の同棲生活

    16,300

    0


    2021年5月6日更新

    「愛する人と過ごす日々は、いつだって素敵で素晴らしい日である」 これは、愛しい人とともに生活する人の話。 家事はできないが仕事はできるキャリアウーマン・絢瀬は、家事も仕事もできるイタリア人の恋人・ヴィンチェンツォと同棲している。そんな彼とのゆっくりと、そして優しく甘い日常の話。 連作短編形式なので、思いついたときに増えます。 どの話も世界観は共通ですが、基本的に時系列は繋がっていないので、どこからでも読めます。 気に入ったらスタンプなど感想をいただけると大変嬉しいです。 ※要素は限りなく薄いですが、性行為を匂わせる文面がないとは限らないので、セルフレイティングをつけております。 期待させるほどのものはありませんので、ご容赦ください。 個人サイト、カクヨム、小説家になろうでも同内容のものを連載しています。

    • 性的表現あり

    読了目安時間:3時間34分

    この作品を読む

  • 逃げるしかないだろう

    絵描きの男と、キャバレーの女。

    58,516

    12


    2021年5月6日更新

    舞台は1980年頃の、大阪ミナミ。貧乏青年の譲治は、友人の紹介でキャバレーで黒服の仕事をするために面接を受けることになった。 面接に行く途中、時間に余裕があったので、道頓堀にある戎橋、通称ひっかけ橋で、趣味の似顔絵を描くことにした。大道芸のように、女の子に声を掛けて器用に似顔絵を描く譲治。その時、橋の上で男たちに言い寄られている一人の美しいお姉さんを見つけた。鋭い目つきで、男たちを罵倒するそのお姉さんの勝気な姿。譲治は、その表情に惚れてしまった。止せばいいのに、騒動の中に分け入ってその子の似顔絵を描き始める譲治。気になったものは描かずにはおれないのだ。火に油を注ぐような譲治の行為。そこに、怖いヤクザの姿も現れる。 知り合ったその美しいお姉さんは、譲治がこれから面接に行くキャバレー「ジュエリーボックス」のホステスだった。源氏名を月夜という。頼りない譲治と、勝気な月夜。黒服とホステス。職場は同じと言えども、全く立場の違う二人。支配人は黒服とホステスの恋愛は禁止だという。 交わらなかった二人が、お互いを意識した時、恋愛のドラマが加速を始める。惹かれ合う二人に、様々な障害が襲いかかる。傷つき、すれ違い、揺れる心。結ばれたいのに、結ばれない。はたして二人が行く先は、ハッピーエンドか、バットエンドか。 この作品は、前作「本読みクラブー怪人二十面相が好きだった僕らの時代ー」で登場した、譲治を主人公とした、同じ世界のお話です。 ※2021年4月20日 譲治 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十二月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 譲治 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。 ※2021年4月21日 明美 一九七九年十六月 加筆・修正を行いました。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:5時間34分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 新米探索者は今日も栄光の夢を見る。──「いつか『英雄』となる為に」

    疾く疾く駆けろ探索者。死と青春の狭間にて

    300

    0


    2021年5月7日更新

    「俺は、英雄になりたかったんだ」 ケインは他の探索者に続いて、迷宮都市の門をくぐった。革鎧と短槍、それと少しばかりの銀貨を握りしめて。 ……迷宮の奥深く潜むは、かつて『英雄』と『聖女』が封じた魔物。その首を討てとの令が下った。討伐者には『英雄』の称号と莫大な富が授けられ、その称号をこそ、ケインは欲している。 多くの探索者が無謀にも挑んで行き、その中の一人にケインは居た。 ケインは都市で出会った五人の仲間と一党を築き、迷宮へと潜っていく。 おぞましき汚泥、悪鬼の王、古戦場の亡霊達。多くの怪物や罠、次々に起こる迷宮の異変。 幾度もの死線と、そして青春。ケイン達は、迷宮を進んでいくほどに成長する事になるだろう。 擦り切れた日々の中で、探索者達は今日もいつの日かの栄光を夢見ている。 *誤字脱字、おかしな表現などを書いてしまう可能性が有ります。そういったものを見つけた場合、出来る限り訂正を感想や誤字報告に頂けるとありがたいです。

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:1時間33分

    この作品を読む

  • 小国の王太子、美人だが有能ゆえ男に嫌われる選帝公ご令嬢と結婚する。

    優秀な大貴族令嬢が小国の王太子に嫁ぐお話

    1,200

    50


    2021年5月7日更新

    第2王子アルベルトは本の虫を目指し、王立図書館の司書を狙っていたが兄が死亡し、王太子に任じられてしまった。しかも、王も病で倒れてしまった上に美人だが男に嫌われている選帝公のご令嬢が嫁いでくる事に。 そんな不本意ながらも王太子となった彼が幼馴染みの従者と嫁とともに王国を躍進させ……られられれば良いなと言うお話です カクヨム様 https://kakuyomu.jp/works/1177354055579456760 で先行公開中

    • 暴力描写あり

    読了目安時間:2時間6分

    この作品を読む