異世界ファンタジー 長編 連載中

グリモワール♀スプレッド

作者からの一言コメント

性転換して堕天使の召喚士になるお話です

 人間と魔族の間で、何百年にも亘る戦争が続いている世界。  売れないタロット占い師であった主人公30歳は、消防車に轢かれて死んでしまい、異世界に転生する事になった。  そんな主人公には異世界で彼女を作る目標を立てるが、転生したのは伝説級の美貌を持つ、堕天使の少女でした。  っていうか、いきなり目標がデフォルトしてるじゃねーかーーーーっ!!  そんな絶望状態の主人公は召喚スキルを使う事ができたので、それを使ってなんやかんやで成長して、世界を救う美少女になって行く。   但し、目標は童貞卒業のよう。 ※過去に書いていた小説をリメイクしたものです。カクヨムにも投稿しています。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 グリモワール♀スプレッド
作者名 太一
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ 人外 西洋風 転生/転移 異能 R15 TS アクション/バトル 召喚士 堕天使 準チート 不幸体質 勘違い要素あり ギャグ シリアス 女主人公
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年7月9日 1時24分
最終投稿日 2020年10月22日 20時22分
文字数 368,325文字
ブックマーク登録 7件
コメント/スタンプ 9件
応援ポイント 4,400pt
ノベラポイント 0pt
応援レビュー 0件
誤字報告 受け付けていません

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 転移先で幼女になったので魔女を目指します

    ♡32,400

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・38話・128,809字 菅原 一朔

    2020年10月23日更新

    ★わたしは生きることを選んだ、『復讐』のために わたしはごく普通の大学生だった。 友達もたくさんいて、家族とも仲が良くて。 とても幸せな人生だった。 学業も順調で、留学も決まり、わたしが行ってしまう前に家族で旅行しようと飛行機に乗った。 行先は伯父が住んでいるウィーン。 美しい、大好きな場所。 しかし、飛行機はわたしをウィーンへは連れて行ってくれなかった。 忽然と、どのレーダーからも姿を消し、次に現れたのは上野の広場だった。 世間はこのセンセーショナルなニュースでもちきりになり、連日様々な憶測が流れた。 でも、わたしはそこにはいなかった。 目が覚めたのは、奇妙なものが立ち並ぶ閉館後の博物館のような薄暗い場所。 身体が上手く動かない。 声も出ない。 その時、一つの大きな影が近づいてきてわたしに言った。 「騒いだら、殺すわよ」と。 そいつは微笑みながらわたしに日本のニュースを見せてきた。 祖父母が棺の前で泣き崩れ、それをまるで動物園の動物でも見るかのように押し寄せてくるマスコミの姿。 家族が死んだ。 花火のように、一瞬で。 殺したのは、目の前で微笑む、大きな影だった。 やつは言う。 「あんたを立派な魔法使いにしてあげる。そしたら殺しに来なさい」と。 壊れかけた心にチリチリと灯り始めた焔。 『復讐』が、わたしを生かし始めた――

  • 銀髪美少女と、のんびり辺境開拓

    ♡3,000

    〇0

    異世界ファンタジー・連載中・24話・65,371字 東導 号

    2020年10月23日更新

    ヴァレンタイン王国在住のジャンク屋ダン・シリウス18歳は、いきなり『救世の勇者』だと祭り上げられ、王宮へ連れて行かれる。1年後、見事魔王を倒したダンだったが、不可解な追放劇の末、勇者を引退。辺境の地へ流されたダンは、元副官の悪魔から魔王の後継者にと誘われたり、様々な魔族にちょっかいだされたりしながらも、のんびりマイペースの辺境開拓。やがてダンの噂を聞きつけ、いろいろなくせ者達が集まって来て、だんだん多忙となるダンなのだが…… いつもご愛読頂きありがとうございます! ※当作品は皆様のご愛読と応援をモチベーションとして執筆しております。 宜しければ、ブックマーク及び、ポイントによる熱い応援を頂ければ励みとなります。 何卒宜しくお願い致します。 旧作『元ジャンク屋追放勇者のんびり辺境開拓記。怖い魔族と仲良くなって、いつのまにか賢者魔王と呼ばれてた?』 をタイトル変更し、大幅加筆修正した作品です。