異世界ファンタジー 長編 連載中

ドラグ・ロガーは嘘を斬るー不器用木こりとひきこもり姫に世界は救えるかー

作者からの一言コメント

ヒトと竜、そして“竜人”が生きる世界で。

読了目安時間:8時間31分

ドラグ・ロガーは嘘を斬るー不器用木こりとひきこもり姫に世界は救えるかーの表紙

軟禁生活をこじらせ引きこもりオタクと化した王女、フィールーン。 異形の怪物にさらわれた彼女を助けたのは――人づきあいが苦手で寡黙な木こりの青年、セイル。 青年の身体がまとう鱗と翼を見たフィールーンは、彼もまた“異形”の者――その昔、ヒトと竜によって討たれた悪の種族、『竜人』であると気づく。 しかしセイルの竜人姿を見た王女は恐れるどころか、涙を浮かべて呟いた。 「私“だけ”じゃ、なかった……!」 木こりと王女。 これは本来出会うはずもない身分のふたりが、崩れはじめた世界の危機を 「わ、私たちなんかに、世界が救えるの……でしょうか?」 「知らん。オレに訊くな」 ……救ったりするはずの物語。 * ・男女タブル主人公で進行するファンタジーです。アクション、バトル、人外生物、魔法なんかがいっぱい出てきます。シリアスもコメディもほっこりも諦めない。 ・ストックあり、毎週更新中。 ・感想や反応大歓迎です、ぜひお気軽に! ・小説家になろう様、カクヨム様にも掲載中です。 ☆作者による挿絵があるお話(おまけ部分など)もあります。

前へ

次へ

前へ

次へ

作品情報

作品名 ドラグ・ロガーは嘘を斬るー不器用木こりとひきこもり姫に世界は救えるかー
作者名 文遠ぶん
ジャンル 異世界ファンタジー
タグ ファンタジー シリアス コメディ アクション/バトル ダーク 男主人公 女主人公 人外 挿絵 竜人/竜 魔法 騎士 恋愛 変身/変化 切ない
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年11月27日 21時34分
最終投稿日 2021年6月12日 23時07分
完結日 -
文字数 255,513文字
読了目安時間 8時間31分
ブックマーク登録 17件
コメント 38件
スタンプ 159件
ビビッと 40件
応援ポイント 88,300pt
ノベラポイント 815pt
応援レビュー 0件
誤字報告 フォロワー同士のみ受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • Against 〈human〉:『想像/創造』世界の神を墜とす恋色の蝶

    神と戦いが日常に在る異世界日ノ本戦記!

    14,500

    0


    2021年4月26日更新

    「人々の想像で〈人〉が生まれ地獄ができた。貴女はこのままでは終わる救世を拒むの?」 想像したものが現実となる。その力の源である万能粒子を人々は『テイル』と呼んだ。――人々はそれを力として使い戦争を起こすに至ってしまった。 人々は地獄と化した世界を救う救世主を求め創造した。人間と同じ見た目でありながら、頭脳、身体能力、万能粒子への適合度が高い〈現神人《あらがみひと》〉、通称〈人〉。人間を強大な力で戦争の世界から救ったが、上位存在の知性体として人間を支配、管理するようになった。 日ノ本も戦乱の世。12の〈人〉の一族が島国を十二分し、思想の違いから争いあっていた。 この物語は、1人の少女の恋と旅立ち、絶望と時代の終わりまでの戦いを書く。 ※更新や最新情報はTwitterをチェック!→https://twitter.com/TT_againsthuman Ⅰ 『無知故の白き羽は、戦いと思慕で紅色に染まる』――The girl was left behind―― 13歳になった少女、四十番もまた、その争いの兵士となるように育てられ、成人式を契機にいずれかの〈人〉の下で奉仕をするために売られることになる運命だった。しかし、彼女を買収したのは16歳の旅人。彼らは行方不明となった友人を見つけるための旅をする傭兵。 彼らの弟子となり、『明奈』という名前を与えられた彼女は、主となった2人との生活の中で、自分の生きる意味と希望を見つけていく。 「私、先輩と一緒に生きて、お手伝いがしたいです」 その言葉は、彼女を、少年2人が抱えていた運命との戦いに巻き込み始める。 Ⅱ 『楽園に至る紅き蝶は、邪神の炎に包まれる』 ――The city is full of inferno―― 源家本領の戦いから、2年が経過した。 戦いの舞台は京都。倭の中で人間が唯一比較的自由に暮らすことができる人間にとっての理想郷人間の自治区。人間差別主義の家の襲撃が訪れる最中、明奈の目の前に〈影〉の神が現れ、明奈の戦いが佳境を迎える。そして史上最悪の内戦の1つと呼ばれた、京都会戦が始まる。 ※小説家になろう カクヨム ノベリズム アルファポリスでも掲載中 ※作者Twitterで活動情報等のお知らせをしてます→@TT_againsthuman

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり

    読了目安時間:7時間56分

    この作品を読む

  • なにぶんわがままなものでして(旧題:わがままでごめんあそばせ)

    わがままだって突き通せば幸福になるのです

    87,800

    230


    2021年6月12日更新

    シシリアは五歳の時にこの世界が前世で読んだ小説の物とそっくりな世界であり、自分はその中に登場する悪役令嬢出ることに気が付いた。 幼い頃から婚約させられる第二王子を異母妹に奪われた挙句に失意に飲まれたまま修道院に移され、そのまま自害するという未来を思い出し、シシリアはそんなこと許されないと決意をする。 そして幸せになるにはどうすればいいか考えた末、第二王子と婚約をしなければいいのだということに思い至り、親に強請って夜会に連れて行ってもらい、婚姻相手を探すことに。 そこで目に入ったのが大叔父であるルツァンドだった。 年の差なんてなんてその、猛烈にアタックをして思わぬ見方をつけて無事に婚約にこぎつけたシシリア。 けれども彼女の本来の目的は婚約ではなく婚姻。 そうして迎えた六歳の誕生日、シシリアはルツァンドと婚姻届けを正式に提出した。 わがまま娘として評判のシシリアは婚姻しても相変わらず自分の意志を押し通し、自分が幸せになる為の努力を惜しまない。 そしてその周囲の人々はそんなシシリアに巻き込まれて人生を変えていく。 優しく厳しく、いっそ残酷なまでに自分の道を歩いていくシシリアの愛は、未来は何処へ向かっているのだろうか。 そしてそんな彼女が選んだ最期とはどういうものなのか。 シシリアの真の願い、そして最期の結末に気が付いている者は、それが羨ましいとうっとりと囁く。 貴族として生まれたシシリアの選ぶ道は難しいものだけれども、だからこそやりがいがあるのだとシシリアは笑う。 死ぬまで永遠に終わらないいたちごっこでも、シシリアは自分の幸せの邪魔をする物を絶対に許さず、邪魔な者は徹底的に排除する。 ※わがままでごめんあそばせの改稿版(「冷たい指先に触れる唇」まではほぼ変わりませんが名前や口調、表現が多少変わります) 以降は別物になります

    読了目安時間:7時間4分

    この作品を読む

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る