童話/絵本/その他 長編 連載中

眠れる城のおとぎばなし

作者からの一言コメント

光が創った世界を旅するファンタジー

*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*  山の上には美しい城があった  名前はミストレイズ  しかしその城は一夜にして消え去り  人々の記憶からも消えてしまった  *・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*  不思議なおとぎばなしに導かれ、謎の多い世界を主人公クルスは歩き始めます。  ここは一体どんな世界なのでしょう?  自分が誰だか分からない記憶喪失のクルスと一緒にこの世界を旅してみませんか? 毎週水曜日19時 定期更新中 ※五章より暴力描写有 

前へ

次へ

前へ

次へ

新着応援レビュー

もっと見る

作品情報

作品名 眠れる城のおとぎばなし
作者名 はりのねずみ
ジャンル 童話/絵本/その他
タグ 人外 西洋風 異能 ほのぼの有 シリアス有 謎が多い ハッピーエンド 獣耳 異世界ファンタジー 伏線が多い 水曜日更新
セルフレイティング 残酷描写あり
暴力描写あり
初掲載日 2020年2月17日 10時26分
最終投稿日 2021年1月13日 19時00分
完結日 -
文字数 191,152文字
ブックマーク登録 67件
コメント 102件
スタンプ 353件
ビビッと 45件
応援ポイント 215,800pt
ノベラポイント 2,610pt
応援レビュー 1件
誤字報告 受け付けています

ページの上部へ

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • シリアスなファンタジーが好きな方へ 

    ♡601,472

    〇31,331

    異世界ファンタジー・連載中・59話・178,316字 佐倉 こよみ

    2021年1月9日更新

    小さな村で暮らしていた少年・シオンは、ある日突如として襲ってきた【白の悪魔】により、家族や仲間を失った。 生き残ったのは自分と幼馴染みのサンドラだけ。 生きる理由を復讐に委ねたシオンは、王国最強と謳われる戦姫アリスの元で四年の修行を経て、冒険の旅に出る。 目指すは【白の悪魔】がいる魔界。 しかし!シオン達の行手を阻む、1〜10の数字をもつ凶悪な魔物達。 冒険の先で出会った新たな仲間達と共に、魔物達との決戦に挑む! 憎悪によって磨かれた力を扱い、世界の安寧を取り戻すべく戦う彼らは、表裏一体と化した思想と創造の狭間でもがき、やがてそれぞれのフィロソフィーを提示する。 誰が敵で誰が味方なのか、それは最後まで分からない。 * * * 【最高成績】 週間 異世界1位 総合1位 月間 異世界1位 総合4位 皆様のお陰です、誠に有難う御座います! 毎週日曜日に更新します。

  • 世界がどうであれ、三人はずっと、仲が良い

    ♡418,700

    〇2,380

    異世界ファンタジー・連載中・233話・395,017字 らっく

    2021年1月15日更新

    小さい頃から傭兵として生きてきた少女エリッカ。 筋力や反射神経が魔族並みになっている代わりに、人間らしさを失いつつある魔心病のフィルヴァニーナ。 魔心病を広めたとして魔女と呼ばれ、追われる身となり、旅をしながら隠れるように生きるイッリ。 魔族、機械、銃。そして人間が築き上げた社会。彼女達は、激動する世界に巻き込まれながらも、次第に世界へ影響力を持つようになっていきます。 彼女達は、悲しい過去を持ちつつも強く生きます。尊く、強く、そして可愛い三人の少女のハイファンタジー小説です。 お互いの過去が過去だけに、複雑な思いをお互いに抱きつつも、世界に関係なく、きっと彼女達はずっと友達であり、大切な人なのであろう。そんな物語でもあります。 プロローグは漫画。 彼女達の旅と成長、世界に関わっていく様子をぜひ見守ってやってください。 挿絵イラストレーター高架:https://www.pixiv.net/users/2031328

同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 描いた絵を公開していくつもりです

    ♡3,400

    〇0

    童話/絵本/その他・連載中・5話・629字 黒乃緋色

    2021年1月17日更新

    不定期ですが描いた絵を公開します。リアルに描きたい。

    タグ:

  • 声優とキャラの関係的な何かです。

    ♡51,300

    〇1,005

    童話/絵本/その他・連載中・391話・569,265字 空へ堕ちたい

    2021年1月17日更新

    自分は作家だ。いや間違えた。大人気作家だ。出す作品はヒットを飛ばし、映像化は既に前提化してるといっていい。そんな自分だが、悩みは尽きない。キャラの声優なんてその最たる例だといっていい。なにせ最近は色々な……本当に色々な事情を加味されて声優が決められる事がある。声優ビジネスも大きくなったから、キャラと声優の逆転現象がなんかが起きてる。それが自分的には……自分は理想の声優を追い求めてる。ただそれが願いなんだ。 私は声優だ。いや間違えた。売れてない声優だ。けど実力はあると勝手に思ってる。私は色んな声を出せる。声優という職業に恥じなく声を操れる。けど時代が悪いのか、私には仕事がない。けど私はしがみついてる。だって私は……声優と誰かに呼ばれたいからだ。