キスに憧れすぎている少年のちょっと変わったラブコメ

作者からの一言コメント

キスは Lemon じゃなくて青汁の味☆

 キスに憧れすぎている少年、飾利唇也は親友から恋愛にご利益のある神社に行こうと誘われる。  恋愛には興味のない唇也だが、せっかく神社にきたのだからと「理想の女の子と最高のキスがしたい!」と願った。  するとどうしてか?  キスはできたものの、相手は唇也が好きじゃない「氷の女王・リリティア」こと氷上紅音だった。 「ファーストキスはレモンの味じゃなくて、青汁みたいな味だった……」  翌日――絶望にうなだれる唇也の前に現れてたリリティアこと紅音は、まさかのを口にする。 「キスをしたことで、私たちの恋愛感情が入れ替わったのよ――!」  キスで感情が入れ替わったのなら、もう一度キスをすれば元に戻るはず?  こうして唇也は、自身の恋愛感情を取り戻すため、嫌々ながら紅音にキスを迫り始める。  これは、最悪のキスから「想い」を取り戻す、ちょと変わった修羅場なラブコメディ――。 ※6/12 もう一作品『理想の彼女が見つからないので作ることにした少年のラブコメ』も宜しくお願いします☆

前へ

次へ

前へ

次へ

この作品をシェア

Twitterでシェア Facebookでシェア このエントリーをはてなブックマークに追加
作品情報
作品名
キスに憧れすぎている少年のちょっと変わったラブコメ
作者名
味ポン
ジャンル
恋愛/ラブコメ
セルフレイティング
性的表現あり
初掲載日
2019年6月10日 10時15分
最終投稿日
2019年6月15日 20時03分
文字数
39,434文字
ブックマーク登録
13件
コメント/スタンプ
59件
応援ポイント
9,150pt