下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

読了目安時間:5分

エピソード:82 / 132

皆川領の統治

 下野国 祇園城 小山犬王丸  結城城から祇園城へ帰還する途中では刺客に襲われることなく無事に小山領まで戻ることができた。祇園城に帰還すると叔父上らをはじめとした家臣たちが俺の無事に胸をなでおろしていた。 「ただいま戻りました叔父上。交渉の結果、結城との同盟は継続という形になりました」 「それはよかったが、生きた心地がしなかったぞ。説得のためとはいえ当主自ら死地に飛び込むのは今後は控えてくれ。もし犬王丸に何かあったらこの小山家はどうなる」 「そのときは政景叔父上に託すと出発前に話したではありませんか。軽率ではありましたが、ちゃんと根回ししておけば結城家に弁明に赴くこともなかった。己の失態を家臣に投げるわけにはいきませんでした」 政景叔父上は疲れたようにため息をつく。 「だがお前は替えが効かない小山家の当主だ。その立場をよく理解してくれ」 「叔父上の言うとおりですね。今後は同じような無茶はしないようにするつもりですよ」  叔父上は本当かと怪訝そうにこっちを見てくるが、本当に今回のようなことがない限り無茶するつもりはない。それに今回の過ちを繰り返すつもりは毛頭なかった。  今回は皆川に集中しすぎて同じ同盟相手である結城への根回しを蔑ろにしてしまったことで起きてしまった。もしかしたら結城城でそのまま斬られていた可能性もあった。実際に政朝からは斬られはしなかったが刀を振り下ろされた。あれは政朝なりの警告だったのだろう。今回同盟の継続は結城家の事情に助けられた幸運だ。この幸運を無碍にしてはいけない。 「ところで同盟の継続の理由なのですが、結城側の事情が大きかったようなのです。それに関係あるかは不明ですが、交渉の場には多賀谷の姿だけありませんでした。もしかしたら常陸か下総で何かあったのかもしれません」 「……それは調べておく必要がありそうだな。だが犬王丸も疲れたであろう。難しい話は後日にしておこうではないか」  緊張が解けたこともあって身体中に疲労がのしかかってくる。殺されかけた経験は思ったより身体に負担があったようだ。ここは叔父上の勧めに従っておくとしよう。  その日の夜はまるで死んだように意識を失っていたらしい。翌日になると疲れが完全に抜けていた。周囲はまだ安静すべきなのではと心配していたが、身体は元気であるうえに皆川領のこともあったので朝から精力的に活動を再開する。  結城との同盟は継続となったことで東の脅威は取り除くことはできた。問題は支配下に置いたばかりの皆川領である。伊予守には随時連絡するよう指示しているが現状はどうなっているのだろうか。伊予守の書状を読みながら俺が留守の間に皆川領の者とやり取りをしていた弦九郎から皆川の情報を聞き出す。 「皆川領に関しましては領内の地侍たちが小山家に忠誠を誓ったので大きな問題は生じていないようです。竹丸殿に接近する不穏分子もまだ確認されておりません。ただひとつだけ問題が」 「西方が宇都宮に従属したか」 「はっ」  西方城主西方綱朝が小山に従わず宇都宮に従属することは予想できていた。そもそも西方家は宇都宮家の一門であり、皆川が支配する前も西方城一帯は宇都宮が支配していた。  西方は河原田の戦いの際に皆川に城を落とされたことで皆川に従っていたが、その皆川が滅んだ今再び宇都宮に従属するのはごくごく自然なことだろう。小山が皆川城より北方の西方城あたりまで進出できていたのなら話は違ったのだろうが、今の小山家には西方に手を伸ばせるほど余裕はなかった。西方が素直に従属してくれれば鹿沼城の壬生綱房への牽制になっただけにそこは残念だ。  結果として西方城をはじめとした真名子城、二条城が存在する西方村一帯を手にすることはできなかったが仕方あるまい。それでも皆川領約一万石を得たのだから十分だ。  伊予守の書状を読み終えたところで弦九郎から報告があるという。それは皆川家についてらしく伊予守も書状には書けなかったとのこと。伊予守ら皆川領に留まっている者から話が挙がったようで、事の重大さゆえに俺の判断を仰ごうというのだ。 「忠宗を皆川家の後継者にだと?」 「はっ、現状皆川家は当主の成勝殿が自害したことで滅亡していることになっております。宗成殿もそのご兄弟も皆死に絶えており、生き残りは竹丸殿と忠宗殿だけです。しかし関東八屋形のひとつである皆川家を惜しむ声が大きく、皆川家の数少ない生き残りである忠宗殿を新たな当主にすべきなのではという意見が出ているのです」 「悪いがその話は却下だ。伊予守にもそう伝えろ」 「何故とお尋ねしてもよろしいでしょうか」 「簡単に言えば時期尚早だからだ。俺も皆川家がこのまま消えるのは惜しいと考えている。だが竹丸がまだ健在で小山の支配が盤石ではない今、小山に寝返った分家筋の忠宗を皆川家の後釜に座らせたら周囲は一体どう思う。皆川は小山に乗っ取られたと思うだろうよ。それに場合によっては宇都宮が竹丸を正統な後継者として利用してくるかもしれないからな。だから今の段階では皆川家復興の話はなしだ」  その他に今の段階で忠宗に皆川を継がれても扱いに困るというのもある。皆川の分家筋だからこそ伊予守への与力として働いてもらっているが、皆川の当主となれば彼らの関係も複雑なものになってしまう。皆川の当主が小山の重臣より下の扱いは皆川領では外聞が悪い。 「それで忠宗は乗り気なのか?」 「いえ、忠宗殿はそこまでではありませんでした。しかし要請があるなら引き受けるつもりだそうです」 「なら皆川にいる奴らに今話したことを伝えるように。本人が乗り気だったら面倒なことになるところだった」  皆川領のことは西方以外はなんとか順調そうではあるようだ。しかしまだ話していないことがあった。 「そうだ、皆川領の年貢についての話はどう進んでいる?」 「事前の御屋形様の指示どおり、今年は減税する方向で決まりました。現地の地侍たちに周知させるには時間を要すると思いますが収穫期までには間に合うかと」  電撃戦で皆川を落としたとはいえ、皆川領統治のためには民の心を懐柔する必要がある。中には皆川に忠誠を誓っていた者もいただろうが、減税となれば喜ばない者はおらず、多少なりとも小山に好印象を抱いてくれるだろう。もちろんそう簡単にはいかないかもしれない。だがいきなり重税を課すより効果的ではあるはずだ。

「面白かった」「続きが気になる」「更新がんばれ」と思ったら評価、感想をお願いします。

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 時空外伝 -side story-

    時空憑依と時空移動の外伝

    10,500

    10


    2022年5月28日更新

    『千葉篤胤の時空憑依』 『千葉純胤の時空移動』 の外伝となります。 基本的には登場人物の一話完結集となります。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    221,771

    3,076


    2022年5月28日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 解放詠唱アマテラス

    ホラー×バトルな霊能ファンタジー!

    30,300

    120


    2022年5月26日更新

    妖怪や幽霊の目撃談が多く、住民のほぼ全員がその存在を信じている架空の地域、鷹宮県。そんな場所を舞台に、霊的な存在を支配する王、その力の一部である霊王眼を宿す少年、白神リクは戦いの日々を送っていた。邪悪な妖怪を殺し、さ迷う霊をあるべき場所に導くために。 そんな日々の中でも平穏な時間にはごく普通の日常がある。しかし、百鬼夜行を引き起こそうとする邪悪な陰陽師の一族、赫喰家との戦いに巻き込まれることになったことでリクの日常は一変。 彼らの野望が達成されれば、妖怪や悪霊の大群が日本中に溢れかえり、下手をすれば世界の危機となる。 それを止めようとするものと、協力する者達の争いより鷹宮県は混沌を極めて行く。妖怪、霊能者、神々、果ては西洋の魔術師までをも巻き込む、壮大な霊能戦争の舞台として――

    • 残酷描写あり
    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:42分

    この作品を読む

  • 遺書と言って渡されたのはライトノベルでした。

    小説投稿サイトを舞台に繰り広げられる物語

    46,200

    4


    2022年5月28日更新

    葬儀はしめやかに行われた。 友人は余り多く無かった様で、 本人も家族もそれほど信心深い方では無かったのか 家族葬という形で静かに行われた。 私はその死をとても受け入れられずにいた。 ・・・ それから暫くして家にある男が焼香に現れた。 そして一束の小説原稿を私の前に差し出した。 その男は言った。 「これは彼女の遺書です」 それはライトノベルだった。 私は何をふざけているんだと憤った。 そして男を睨みつける。 すると男は真剣な顔で言う。 「そして彼女の生きた証です」 その真剣過ぎる姿に私は怒る気も失せた・・・。 ************** 小説投稿サイトを舞台に、とある女性の死を中心に そして一つのライトノベルによって伝えられる想いから 繰り広げられる物語。 *************** ※このお話はフィクションです。 大事な事なので2回言います。このお話はフィクションです! 追記: 私の作品リストに掲示板用の作品を作成しました。こちらにコメントし難い場合はそちらをご利用下さい。 ※ライトノベルの定義について:明確な定義はないそうですが、 本作に置いては『軽い文体でわかりやすく書いた小説』とさせてください。

    読了目安時間:3時間28分

    この作品を読む