下野小山戦国異聞 関東八屋形の復興

読了目安時間:5分

エピソード:11 / 132

小山家の今後

 一五二三年 下野国 祇園城 「申し上げます。今年の農作物の出来ですが、大きな災害もなかったので例年並みとのこと。ですが若が種籾の選別を実施した水田では他の水田と比べて稲の病気が少なく、また収穫量が増えておりました」 「そうか。それはよかった」  大膳大夫から塩水選擬きをした水田の収穫量が無事増えたという報告にひとまず胸をなでおろした。知識はあっても実際に成功するまでは不安で一杯だったからな。  北では結城と宇都宮の間で大きな合戦が起きたが、今のところ小山領では戦は起こっておらず、他領からの刈田狼藉もなかったので今年度の収穫には特に問題は生じなかった。しかし猿山の合戦が収穫期前に行われたせいで、猿山付近をはじめとした結城領と宇都宮領では両兵による略奪の被害が生じてしまったようだ。幸いとはいえないが、猿山で宇都宮勢が敗走し、結城勢も中村城を諦めたのでそこまで深刻な事態とまではなっていないという。しかしそこに住む民はこれから収穫という時期に作物や人的な被害を受け、なおかつそこから年貢を納めなければならないのだ。  敗北して宇都宮城を追われた忠綱は宇都宮城に返り咲くために鹿沼を拠点に勢力を盛り返すための戦を仕掛けてくるはずだ。宇都宮家の大半が反忠綱派であるため、一見忠綱の復権は厳しく見えるが壬生が親忠綱派として活動してくるとなると話は違ってくる。宇都宮家中の中でも屈指の勢力と日光とも親交がある独自のコネクションをもつ壬生の力は恐らく皆川や小山と引けはとらないかそれ以上かもしれない。そこに各地に散らばった親忠綱派の武将が集まったり、高基といった他勢力の介入を許すことになれば状況が拮抗してしまう事態になってくる。前者の場合は数も少なく壬生以外は小粒なのでそれほど脅威でもないが、後者に関しては場合によっては泥沼化してしまう可能性が高い。既に高基が忠綱の支援を表明しており、それに同調する勢力が現れないとも限らない。  幸運にも、隣国常陸の佐竹家は数年前に当主が代替わりし、新当主である義篤はまだ若く家中を治めきれずにいるため、隣国の抗争に介入してくる余裕はなさそうだ。同じ下野に勢力を張る那須家も身内同士で争っているので宇都宮どころではないだろう。  だが古河公方側の佐野家や上野の関東管領山内上杉家が動き出した場合は佐竹や那須どころの騒ぎではない。特に現山内上杉家当主上杉憲寛は高基の息子で、先代の関東管領上杉憲房に養子入りして上杉家の家督を継いでいる。まだ具体的な行動は起こしていないが、下手すれば宇都宮どころか下野全体で戦が頻発してしまうかもしれない。 「なあ、大膳大夫。小山も近いうちに戦になるのか?」 「正直に申しまして、まだわからないというのが実情でございますな。水野谷殿らは忠綱殿が敗北した今こそ侵攻の好機と主張なさっておられるが、肝心の御屋形様があまり乗り気ではございませぬ」 「やはり父上は古河の動向を気にしておいでなのか」 「その通りでございます。それに宇都宮を追われたとはいえ、忠綱殿を支援する壬生の力も侮れないというのもございます」 「どちらにしろ、どう行動するのかは父上や大膳大夫にお任せするしかないか。俺にできることは大人しく勉学に励むことだけだしな」  はあ、どれだけ危惧しても幼児の俺には解決する力など微塵もないのだ。ああ、無力だな。せめて十年早く生まれていれば小山での発言権が少しでもあったかもしれないのに。  まだ元服までには十年近くはかかる。それまでに無理なく実績を積み重ねればいいと考えていたけれど、それは甘い考えだった。そんな悠長に構えていたらその前に家が滅んでしまうかもしれないのだ。それに俺は既に塩水選を考案している。今更周囲の目を気にしていても仕方がないし、小山家を強くするためにも俺は大膳大夫だけでなく他の家臣達や父上に認められるようにもっと努力しなければならないのだ。 「……大膳大夫、小山が強くなるためには何が必要だと思う? 」 「強くなるために…… それは、領地でしょう。今の小山家が支配できているのは小山荘と榎本のみです。往年の頃と比べても土地への影響力が弱まっております。それに小山領の中には公方様の御料地が各地に配されています。かつて小山義政公が足利に反抗し滅亡したときの名残とはいえ、元は小山家が支配した土地。持政様以来公方様に仕えている身としては御料地を認めないわけにはいきませぬが、同時に小山家が勢力を伸ばせない要因だと考えております」  驚いた。長老である大膳大夫が現在従っている古河公方に対し不満を示したなんて。 「ずいぶんとはっきり言ったな。小山の人間は古河公方様に好意的だと思っていたのだが」 「別に叛意があるわけではございません。今でも公方様が関東を治める将軍であることは否定しませぬが、ただ小山も関東八屋形のひとつ。土地のことで干渉されることに快く思う者はいませんぞ」  大膳大夫の語気は強くなかったが、彼の目には老練な凄みがあり、まさしく関東の武士というものを全身に感じて胸に迫るものがあった。 「そうか。無粋なことを聞いたな、許せ。俺も大膳大夫の言うものをまた重要なことで理解している。だが俺はそれと同時に効率性も重要だと考えている」 「効率というのは塩水選といったものでしょうか? 確かにあのおかげで収穫量を増やすことができたのは大きかったですな」 「だが課題もある。塩の費用とかな。今年はよかったが凶作だったときの打撃が大き過ぎる」 「むむ、あれは中々の出費でしたな。下野は内陸ゆえ状況によっては塩の値段が上下することがございます。塩水選を恒常的に実施するのは現状厳しいですな」 「ああ、だから俺は塩水選以外にもより収穫量を増やす方法を試してみたい。それに塩水選で痛感したが、何かを行うにしても銭が必要だ」  今の小山は祇園城が思川の近くあるため他の地域と比べればそこそこ栄えている方なのだろうが、市場も六斎市のような定期的にしか開かれていない。それに各地に関所があるため市場に出ている品も値段が高めに設定されているのだ。  市場は六角定頼や織田信長が行った楽市楽座が理想だが、まずは小山家自体を財政的に潤わせなければならない。 「大膳大夫、近く職人を呼ぶことはできるか?」 「職人をですか? それは可能ですが一体何をなさるつもりで」  首をかしげる大膳大夫に俺はこう告げた。 「商いさ」

コメント

もっと見る

コメント投稿

スタンプ投稿


同じジャンルの新着・更新作品

もっと見る

  • 時空外伝 -side story-

    時空憑依と時空移動の外伝

    10,500

    10


    2022年5月28日更新

    『千葉篤胤の時空憑依』 『千葉純胤の時空移動』 の外伝となります。 基本的には登場人物の一話完結集となります。

    読了目安時間:15分

    この作品を読む

  • 龍虎、東アジアを駆ける

    江戸時代、主流から追放された者達の逆襲譚

    222,271

    3,076


    2022年5月28日更新

    時は江戸時代、三代将軍家光の末期。 時代に取り残された浪人の多くが、幕府に対する不満を募らせていた。 そうした浪人を相手に軍学を教える由井正雪もまた倒幕を視野に入れた活動をしていた。 同じ時代、東アジアでは清によって明が滅亡したが、皇族の生き残りが有力者の庇護を受けて抵抗を続けていた。 国姓爺と称される鄭成功もまたそんな一人であり、日本とも縁のある彼をはじめね多くの者が江戸幕府に支援を求めていた。 こうした状況の中、幕府老中筆頭・松平信綱は一石二鳥の手を思いつき、実行に移す。

    • 残酷描写あり

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

読者のおすすめ作品

もっと見る

  • 神々にも愛された少女の優しい祈り。

    いきなり異世界へ、一人の少女の軌跡を。

    11,600

    110


    2022年2月11日更新

    大学受験に失敗した私は専門学校へ。 取り敢えず進学した。 でも私は早く一人暮らしの為にと行動する。 そんな将来すらも、もう何だか良く判らない中。 いきなり異世界へ。 そこは異世界の『ウルガ帝国』だった。 また皇帝でもある『レオルド・ザンデリス・ウルガ』と出会う。 そして『提案』を受けて私も元の世界へ。 同時に全く知らないウルガ帝国での生活も始まる。 今度は神様と? 魔法すら当たり前な異世界と? 私は何も知らないのに… まさか『私の事』を? しかも『愛されてる』と? その理由も判らないけど… あぁ、私もだよ。 初めて神様を知った。 だから神様へと祈ったけど… でも違うよ!! 初めて知った愛も、真実も、神様も… だったら私が、全てを。 本当に愛されてると言うなら祈ろう。 何も出来ない、知らない私が、愛されたのなら… この世界も、全ての世界すら祈ろう。 もう祈りと言う『願い』だけど。 私の『祈り』も決まった。 これで『最後の祈り』にしよう? もう、きっと誰も泣かない。 神様だって悲しまない筈でしょう? ************************** 全ての世界に居る神々すら愛した『少女』が、祈る。 それは誰よりも『優しい祈り』と言う『願い』へ。 誰よりも、何よりも、愛するからこその想いへ。 神々すら初めて聞いた… あぁ、愛し子の優しい祈りを、願いを。 そして私達も必ず、愛し子の為にと誓おう。 異世界でも愛されたならばと… 一人の少女、その軌跡を。

    読了目安時間:7時間26分

    この作品を読む

  • 報われない者たち ~祝2000PV感謝!毎晩更新!独特異色の哲学系学園譚!~

    第三章、武士道 vs 騎士道の体育祭!?

    29,600

    170


    2022年5月27日更新

    自殺一歩手前まで行った女の子が、高校に入学して七癖も八癖もある同好会に所属したことを転機に、先輩たちの心の闇を取り払うまでになる一年間の物語。 【あらすじ→】 高校に入学して間もなく、『報われない者たち』という謎の同好会に勧誘されてしまった水野舞湖。「なんだか面白そう」という理由でつい入会してしまうが、その活動実態は工作に筋トレに読書、小難しい議論をしているかと思えば、ボランティア活動と称した地域の七不思議の解明まで!? クラスマッチ、夏休み、体育祭に文化祭。高校生の日々を過ごす中でそれぞれの思想信条を持つクセ強な先輩部員たちに揉まれ、水野も段々と自分なりの ”ものの見方” を身に着け、人生に悩む先輩たちの心を支えていく。 そしてそれは、水野の心を救い、『報われない者たち』に水野を勧誘した張本人である、代表の杯賀にも……。 登場人物たちはみな日陰者、人生に社会にすべてを憂う "アンチ" 青春ストーリー「報われない者たち」、ぜひご一読ください。 各編予告動画↓ https://www.youtube.com/channel/UCJBNqWcDGjwyLRYqipiggIQ ※Twitterにあとがきのようなものを置いてます。 ※すべての発言、仕草、状況、展開を伏線だと思ってもらって構いません。本小説は群像劇、ないしは全体論的小説の一面を持ち合わせています。 ※本小説に登場する人物、集団、思想、発言、組織、商品、サービス、現象、地名、その他のすべてはフィクションであり、現実のそれとは何ら関係するものではなく、特定の何らかを推奨、勧誘、斡旋、揶揄、非難等をするものでもありません。

    • 暴力描写あり
    • 性的表現あり

    読了目安時間:4時間41分

    この作品を読む